創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:しなおか
お久しぶりです。お元気ですか?
季節風107号、ありがとうございました。
いつも送っていただいているのに、筆無精で失礼な人間で、本当に申し訳ありません。
出版のことはよくわからないけど、小さい頃、たった一度図書館から借りて読んだ本でも、本当に大好きな物語は、どんなに自分が大きくなっても、こころのなかにずっと刻まれて残っている気がします。
絵本だったり、童話だったり、もっと長い物語だったり。本の表紙や題名も色褪せて、出てきた地名や登場人物の名前もはっきり思い出せなくなってしまっても、本当に好きだった作品は、その印象や物語が、どこかに強烈に染み付いて、大きくなった自分の一部に残り続けているような気が、今でもずっとしています。
どんなに有名だったよ、と言われても、読んで面白くなかったものは、心の中に残らないし、周りがあまり知らないようなものでも、本当に好きだったものは、なくならないで覚えています。
子供の頃に読んだ本でも、大人になって読んだ本でも、たぶん変わらない気がします。
7月26日の日記の、たくさんの子どもたちの感想文。あんなふうに一生懸命、感想を書いてくれる子供達がいる方は、決してやくざでも、やくざ以下でもない、立派な児童文学作家だと思います。
自分みたいな礼儀知らずの未熟者が、決して言えることではないと思いますが。
ひでじぃ様は、胸を張って、堂々と誇って生きてください。
次にお会いする時に、「やぶ坂からの出発」と、「白いガーベラ」の感想をお伝えさせて頂くことを、楽しみにして待っています。
投稿者:うるうる
 午前中今人舎に行ってサイン。急いで帰宅しました。われらが母校、宇都宮商業高校VS強豪作新学院。高校野球栃木県大会決勝戦。もし、甲子園代表に決まれば何年振りでしょうか? 「なでしこ二世」を期待して応援します。
 今日は「白いガーベラ」の売り場写真を掲載いただき有難うございました。
 陽北中学時代同じクラスに神田がいました。彼は宇工→甲子園ベスと4→大洋ホエールス(小西監督時代)へ。遠い昔の話です。

http://www.t-net.ne.jp/~urutomo/
投稿者:菜の花
おはようございます。久しぶりです。「おれは昭和の枯れススキ♪」かっこいいなあ。
「白いガーベラ」のひでじぃさまの童話を読みました。いいですねえ。楽しかったし、せつなさも…きっと子どもたち大好きです。ひでじぃさまに親近感を抱いた子どもたちもたくさんでしょう。本当に子どもたちの応援歌でしたね。根底を流れている優しさ。ありがとうございました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ