創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぶんぶん
ひでじぃさま、こんばんは♪

児童小説の作家という生業は、ポジションを何処に置いて生きているのでしょうか?
その辺を聞いてみたい気がします。

大人の視線で子供を見る
子供の立場で子供を見る
社会にどう送り込むのか、社会はともかく自分の(子供の)視線を大切にするのか・・・

売れなくても良い話を書きたい、売れねば思いは広がらない
尚且つ、発表の場も無くなってしまう。
それでは作家としての意味すらなくなってしまう。

少子化時代、趣味も遊びも習い事も多様化しています、その中で「本」を手に取ってもらう。
大変な事かと思います。

本好きの子が少ないと嘆かれています、尚且つその一部のジャンルの児童書、原価が嵩みます。
果たして、子供たちは所謂「児童書」をほんとに求めているのでしょうか?

昔の子供と今の子供、子供は子供でしょうか?
時代に合った児童書が求められているのでは?と思います。
子供に受けても、親御さんに阿っても、今の子供には通じない世界なのではと、酔眼で思っています。

書き手の技量を試される時代ですね。
一般の人にも手に取って欲しい「児童書」を待ち望んでおります。

ガンバって下さい!

http://iroribata.cocolog-nifty.com/blog/
エロティック・ナンセンスと名づけられた本人「ありがたいよう」どすえ。「うんこ友だち?」面白かったです。小学生のとき、学校でうんこするのは恥ずかしかったな〜。“うんうん”こんな感じだったなぁ……。こんなに大っぴらに「うんこ」の話できるなんて、うんこ友だちになれたみたい。
投稿者:yesnid
お疲れ様でした。絵本とサイン☆ありがとうございました。

http://sky.ap.teacup.com/yesnid/
投稿者:江上くん@宇宙服
大会お疲れ様でした。素晴らしかったです! やってみたいお土産もどっさりいただきました(幸♪)何から試そうかわくわくしします。34年間、大会を守り続けて下さってありがとうございます。今後もどうぞよろしくお願いいたします。〆の餃子屋さんはびっくりしましたが面白かったです!
投稿者:風馬
ひでじぃさま、久しぶりにひでじぃさまにお会いできて良かったです。本当に元気をいただきました。げんこつの三発くらい覚悟していたのですが……。(笑) ぼくはやっぱり、大会に行かないと元気がでません。季節風の皆様のあたたかさに家族や親戚と出会えたような気持ちになれます。ほんと、ありがとうございました!
投稿者:内田麟太郎
う〜ん、ナンセンス全盛。信じられないなあ。もし、そうなら、わたしはナンセンスをやめたい。いや、やめるでしょう。
 そして、ねん寝しましょう。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/rintaro/home.htm
投稿者:おおぎ
大会、大盛況でしたね。ひでじぃ様をはじめ、ご参加の皆さまに感謝です。今になって、あの方とかあの方とか、何もお話しなかったなあという方の名前が思い浮かんでいます。でもとにかく濃密でした。ありがとうございました。
 http://blog.goo.ne.jp/magoyasiki
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ