創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひでちゃん
絵本の河さま
御意!
投稿者:絵本の河
「ひとにむかって」麟太郎さん、大いに期待しております!!!!!
投稿者:ひでちゃん
絵本の河さま
お偉い方々は最前線に行きませんねえ。長野の松代大本営は沖縄を犠牲にして、自分たちだけの防空壕を造らせたのですものねえ。

内田麟太郎さま
期待しています。「ひとにむかって」を早く出してください。銃弾は「敵」という人に向かって飛んで行って、私たちと同じ人間を殺すんですよね。
投稿者:内田麟太郎
侵略者を殺したとしても辛いものでしょうね。
人を殺すというのは。いま「ひとにむかって」という絵本をこしらえています。銃弾は「敵」という人に向かって飛んでいくものだと。
投稿者:絵本の河
祖父は、戦争に行けず?父は、大学生で志願しましたが、終戦を迎えました。ネルソンさんは、きっと優しい人ですね。いつも思うのは、お偉い方々は、最前線には行きません。「戦争」には、どんな言い訳をしても正当な意味など見付けられません。一度の人生なのに戦争による心の傷を負う人たちの苦しみを多くの人に知って欲しいですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ