創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:絵本の河
釣の時にも「尋」使うのは、知りませんでした。昔の人は、手を広げた長さで計った何て大変でしたでしょうね。手の長さも一人一人違うし・・・・・知事に言われて郷土愛が育つ???有り得ないと思います。麟太郎さんの「大牟田愛」は、本物です。
投稿者:ひでちゃん
内田麟太郎さま
益子町、世界から人が集まってくるんですものねえ。「いいもの」ですねえ……。先が見えません。民芸の「運動」ですか、調べてみます。遅ればせながら。
投稿者:内田麟太郎
作家が名前を覚えてもらうのと同じだろうけど、益子町の町長は「覚えてもらわなくても、いいものを書いてればいい」と達観なんだろうね。でも、益子町は日本中が知っているんだなぁ。民芸「運動」で。(^0^)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ