創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:絵本の河
確かに文庫に通う子の中には、父親がそれぞれ違う兄弟がいて、兄に辛くあたるお母さんだったらしくて、早朝から文庫に来て、朝ご飯を文庫の方が食べさせていました。父親が違う再再婚の子どもたちも多くいます。複雑な家庭も多いですね。
投稿者:もと生徒
今年もやるんだー、なんて思ってしまいました。昨年とても興味深く拝聴しました。そして不甲斐無いことに一年経った今もまだ何のアクションもできていません。
投稿者:ひでちゃん
しいこさま
引き受け過ぎず、その通りなんですけど、返事をする瞬間、何も考えないバカなんですね。好奇心優先、自分でも信じられません、へへへ。
健康第一、まずは醤油からです。

絵本の河さま
本当は貧困ばかりじゃないみたいですよ。いろんな社会事情が絡んでくるのが「子ども食堂」のようです。ハイ。
投稿者:しいこ
たぶん、麟太郎さんの「うーん」は色々引きうけすぎず、娘さんの注意にも耳を傾けご自身を大切にということなんじゃないかと。

美味しいビールも美味しい食べ物も健康であってこそです!

https://ms222kominka.blog.fc2.com/
投稿者:絵本の河
都会の「子ども食堂」は、田舎とは、違うのでしょうね。何年も前、隣の市の「子ども食堂」に関わった事がありましたが、文庫に遊びに来る子どもたちだけが、来ていました。貧困とは、言えない子たちでした。
投稿者:ひでちゃん
内田麟太郎さま
あれ、違ったかな?
投稿者:内田麟太郎
はぁ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ