創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:木枯らしモンジャロウ
ユース勉強会、ありがとうございました
今日は、舎人公園で孫ダヌキに遊んでもらいました。
投稿者:ひでちゃん
木枯らしモンジャロウさま
サラリーマン時代は、毎度のことのように、天の声で右往左往させられました。今はねえ、一昨日のおじさんだけです。初めてですね。2時から、よろしくです。
投稿者:木枯らしモンジャロウ
ボクも、ときどき天の声を聴くときがあります。
ユース勉強会おせわになります。
投稿者:ひでちゃん
絵本の河さま
少年詩でしょうね。昔、悲しい詩を載せて、女医さんを泣かせたことがありました。
子どものころの家の前に、丸太二本の橋がありました。渡れなかったみたいですよ。右に同じ。
投稿者:絵本の河
ひでりんは、少年詩?現代詩?どんな詩を書かれるのか?楽しみにしています。
こんな橋ありましたね!子どもの頃、母の実家近くに10メートル位の川に(下は、岩だらけ)鉄の幅が狭い橋で、伯父が怒鳴るのですが、怖くて渡れませんでした。
投稿者:ひでちゃん
内田麟太郎さま
「生きている者は書くしかないね」そのとおりですね。ありがとうございました。今からリハビリ、ビリビリ、3万ボルトです。
投稿者:ひでちゃん
内田麟太郎さま
お心遣い、ありがとうございます。長いのはこれが最後で、徐々に短くさせてもらいます。喜寿になったら、詩ですね。お待ちください。
投稿者:内田麟太郎
ひでちゃんさま
 詩だと10行でも1篇というのもあるけどね。ぐわんばれ〜。

gannbaltutemasunele
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ