創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エリザベート
今日の予定に書いてあった
島に送る米の「島」って
どこなんですか?
とても気になります。
投稿者:内田麟太郎
高橋さんへ
 わがHPに転載させていただきました。ご寛容を。
絵本の河さんへ
 ありがとうございました。クレヨンハウスの落合恵子さんが「絵本には限界がない」(朝日新聞)とおっしゃってましたが同感ですね。でも、これもまた希望の書であってほしいと願っています。わたしは絶望を語ったのではなく、これからを語ったのですから。この子に「うそつきのつき」を読んで笑ってほしいものです。これからもナンセンス絵本を書きましょう。では。
こちらのまさんへ
 ちょっと値の高い本ですが、思いはいっぱい詰まっています。お読みいただければうれしいです。


http://www.max.hi-ho.ne.jp/rintaro/home.htm
投稿者:絵本の河
息が止まりそして時間も止まってしまいました。「うまれてきたんだよ」まだ哀しみが止まりません。10年以上前絵本を学んでいる頃(今も絵本ingですが)講習の時「絵本は楽しい希望を持たせるもの楽しく完結されているものを選んで読み聞かせしなさい」と言われていました。「そうかな?」の疑問を持
ち現在まで続いていました。その視点から見れば「うまれてきたんだよ」は[絵本]を超
えた絵本・・・温かさと寂しさ哀しさ内田麟太郎さんでなければ書けなかった絵本です。
「ありがとう。ただ、このひとことだけを。」読み手の私達も麟太郎さんに送ります。
投稿者:こちらのまです
「うまれてきたんだよ」
私も早く読みたい。でも、こわい。
購入しても、一週間くらい、封印してしまうかも。
でも、見たい、この、矛盾する気持ち。
投稿者:内田麟太郎
ありがとう。ただ、このひとことだけを。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/rintaro/home.htm
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ