創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:絵本の河
しなおか様
いろいろご心配ありがとうございます。やはり私の文章の稚拙さで、私の思いとは、違う方向の捉え方をされているようです。大人が出来ない事でもそれは、子供達に言い続けねばなりません。願わなければなりません。机上の空論や理想論の話では、なく・・・根底にあるのは、しなおか様がおっしゃっている子供達の未来や幸せなのです。
投稿者:しなおか
季節風大会用の原稿読み、頑張ってください。でも、くれぐれも無理はしすぎないでくださいね。(くどいとか心配性だとかよく言われますが、それでもやっぱり心配になるのです)「よくこんなに長く書けるねえ」は、作文が苦手な人の褒め言葉なのだと思います。本当は長さより、文の中身を読んでほしいと思うこともありますけど・・・これからも頑張ってください。応援しています!

絵本の河様
お疲れさまです。ご病気とのこと、大丈夫でしょうか?明日はどうかお身体ゆっくり休めてください。
「大人が実践出来ていない事を、子供達にだけ要求している」こと。個人的に、親を持つ一人の子供として言わせて頂ければ、わたしは大人(親や同年代・年配の方々)が自分達にできないことを子供達に願うこと、全て嫌だと思ったことはありません。(時々は、人に言う前に自分のことは?と思うような相手も中にはいますけど)
自分ができないから、できなかったから、子供にはこうしてほしい。こうなってほしい。
それを全部大人のエゴや押し付けと片付けてしまうことは簡単で、楽なことかもしれないけれど、そうした我侭には、それだけ自分のことを想ってくれていたり、その未来や幸せを願ってくれていたりすることも、きっと、たくさんあると思うから。
自分以外の人間に対する想いや感情は、それがどんなものであっても、どこかに独りよがりな側面が含まれていて、それをわかっていても、そう思うことをやめられないことが、相手が誰であれ、本当に誰かを想うことなのではないかと思います。
少なくとも、わたしは、それがどんな形であれ、本当に自分のことを想ってくれている人を、喧嘩や反発することや、その望みを受け入れられないことはあっても、心の底から嫌いになったり、疎んだりするようなことは嫌だし、したくないと思います。
独りよがりでも誰かを想ってくれる大人の方が、口当たりのいい理想だけや、誰にでもできることだけを教えて裏切る大人より、ずっと素直に好きだと思えるから。
だから絵本・児童書・子供達への抱えきれない程の「思い」、これからもどうか大切にしながら、お身体ご自愛くださいませ。
長文失礼致しました。

塀様
初めまして。よろしくお願いします。
投稿者:塀
「やぶ坂」の始まりから、ツネに心を取られました。どうして、私はツネが大好きだろう!ひでじぃさまの「そのまま」の書き方はいいです。これこそ「うまい」という「技」でしょうか。早く全部読み終えて、ツネをもっと知りたいです。
投稿者:絵本の河
「やぶ坂に吹く風」早く読みたいです。日付が変わった頃、信州から帰宅しました。黒姫山を見ながら「この山を越えたら敦子様にお会い出来るのかな?」などとボーッと黒姫高原に立ちました。読み聞かせをする時、「大人が実践出来ていない事を、子供達にだけ要求している」その他私の中に澱のように溜まったモヤモヤしたもの、大人の在り方について、10年以上悩んでいた事の全てが、払拭される程の講演のお話の深さ広さでした。具体的に紹介された本は、残念ながら絶版です。まだ興奮状態でここに書き込みとして書くのも躊躇われます。日本を愛し子供達の未来を危惧し、大人に警鐘を鳴らし続けていた「ミヒャエル・エンデ」ご存命中にお話をうかがえなかった事が残念でなりません。今日は、離れて住む末娘の誕生日!明日は、病院3時間ベット上安静の治療「医学は、科学だ!」と医師に以前、怒鳴られた事もありましたけれど・・・それだけでは、説明出来ないほど心は、元気です。絵本・児童書・子供達への抱えきれない程の「思い」今日は、この辺りで、でも今、一番の楽しみは、「やぶ坂に吹く風」です。玄関のチャイムが鳴ったらその瞬間から、一気に読みます!今日は、晴れそうです。お体ご自愛下さい!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ