創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saffi
ひでじぃさま

昨日は飛び入りの私をあたたかく入れていただきありがとうございました。
奥様のお人柄に、感服しました。作家の方の創作のすごさ、感じて帰りました。

童話の会のTさん、Sさんのすがすがしさ。私もこんなふうになりたい!と目標にしました。

ぽんたさまのお話、これもすごかった。ぽんたさまとあくつでござるですさまの季節風を思うお気持ちに、10月はふらふらとうかがってしまいそうです。ぽんたさま、あくつでござるですさま、ありがとうございました。

こちらのまですさま、メールしますね。ほんとうにありがとう!

次はひでじぃさまのご講演ですね。(みなさま、7月5日鹿沼市立図書館です。10月11日今市市立図書館もあります、お見逃しなく)


http://saffibarinkay.blogspot.com
投稿者:こちらのまです
クドジュンさま
(この場をお借りします)
先日の「宇都宮こども賞」は、なかなかおもしろい作者さんがいらっしゃいました。以前、各地を放浪なされていたとか。ほほう、どんな話か楽しみだと思ったのに、気付いた時には終わってました。寝てしまったんですね、わたし。作者さん、ごめんなさい。なにしに行ったんだか(涙)そういえば、2年前のクドジュン様の講演も聞き逃したんだっけ。通院で。悲しい。「ピンポン……」読ませていただきま〜す。

ぽんた様
お疲れ様でした。
今日もよい夜でした。

ひでじぃ様
おしかり、ごもっとも。
まわりの皆々様を見習います。
明日、やはり、おでかけですか? お気を付けて。
投稿者:クドジュン
早速ご紹介いただきありがとうございます!

ピンポンシリーズ完結ということで、今回は気合はいってます(^^)
若菜、シーラとつきあってきて、すごく楽しかったです・・・そして、取材した方々やこの本でお知り合いになった人も多いので、最後と思うと寂しいのですが・・・。
精一杯書いたので、後悔はないです。
宇都宮では、子どもたちが好きな児童書を毎月選ぶって試みをしているんですね。「ピンポンはねる」がその中にあって、すっごく嬉しかったです。栃木県、えらい!
そんな試みが、全国に広がればいいのになぁと思います!
投稿者:絵本の河
わたくしも卓球部でした。あの頃「ピンポンではなく卓球だ!」と先輩が拘っていた事を思い出します。秀雄さんも真っ赤なハリマオ様も電気に詳しく(理系なのに)文学もなさり尊敬します。
660ボルトは、電信柱の上を流れる6.6KV三相交流送電線のことですか?
 東電の下請けのガードマンをしているとき、現場工事の人が言いました。『防御服を着ていても、電気が通ってくるんだぜ。雨の日は、いやだ』とこぼしてました。
 恐ろしい電圧ではありませんか?!

 もっとも『人や動物が感電して火傷したり、死に至るかの要素は、電圧ではなく電流です。
 確か、人間が死に至る電流値は20mAといわれています。
 つまりどんなに電圧が高くてもこの電流が流れなければ死なず、たとえ100Vでも汗をかいて指先の抵抗が減っていれば、それだけの電流が流れて感電死』するそうです。

 電気は見えないから怖いですね。
 みなが便利だと期待している、電気自動車が出ると、ガソリンエンジン車では想像できない事故が出るのではないかと、知り合いの整備士が心配しておりました。

 それにしても、『電圧は12ボルトは舌先のチリチリで分かり、24ボルトは指先に心地よい。100ボルトは肩の下までしびれて、200ボルトは全身を揺らす。6600ボルトは電路を炭にして残し心臓を止める。』
は名言ですね! 
 中学校で、電池を舐めさせられたこと。百ボルトの電流を体験させるために、理科の先生がクラス全員に手をつながせたことを思い出しました。

 ひでじぃさまの話は、聞く人の心に響くのですね。素晴らしいと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ