創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:こちらのまです
いるんですよね。上から目線のかた。どこにでも。
私の場合は、読み聞かせ担当の先生に、こそっと、お願いしちゃいましたけどね。(意外と、ワル)
投稿者:内田麟太郎
「みさき」を読んでいただきありがとうございました。なんで、まとめたがるんでしょうねぇ。わたしも20代後半から「ようするに」「結論としては」「つまり」「大局的には」などと一段高いところ(?)からまとめたがる御仁をむかしからアホと思ってきました。正解のようですね。お元気で。
投稿者:絵本の河
どこにでもいらっしゃる教えたがりの先生ですが、笑顔を作られ黙っておられた秀雄さんは、『エライ!!!』ののたん・ののたん素敵なおまじないですね!私が読み聞かせを終えると必ず「○○さんの想いを受け取るんですよ」と小学1年生にお説教をなさる先生がいらっしゃいました。私の『想い』など皆目、分かっていない先生でした。喧嘩が苦手な私の堪忍袋を何度も切った先生でした。喧嘩をすれば「読み語り」に入れなくなる「子供達と絵本・児童書」を手渡し出来なくなる。随分、その先生に対しては、我慢しましたよ。その先生の話をしたら読み聞かせの友人が激怒し、「もう読み聞かせ止めなさいよ!そこまで言われてやるもんじゃない!」と、止めなかったのは・・・「子供達に本を届ける」これが心の真ん中にあったからです。大丸美術館は、『イタリア美術とナポレオン』ですね。ご感想をまたお聞かせ下さいね!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ