2006/9/14

リベート使って賢い買い物?  ニャ〜ミ〜のなるほどアメリカ

クリックすると元のサイズで表示します ドラッグストアーやパソコンショップで買い物してると、よく見かける商品に付いてるこのシール。ミ〜もよくわからないよ〜!

REBATE <リベートシステム> というのですが、これはアメリカに住んでから知るようになったアメリカ事情の一つで、日本にはまだこのシステムは導入されてないと思います。
だから、こんな面倒なことをなんでやるのかしらと短気なあちこさんには理解できないのですが、簡単にいうとその商品を買ってから消費者が期限内にリベート分(払いすぎた分、つまりディスカウント代)を請求できるもの。

先日、あちこさんのパソコン用にウィルススキャンのソフトを購入したので、それを見て説明します。販売価格が$69.99で水色のリベートシールを見ると$30と書いてあります。69.99−30.00で$39.99で買えると錯覚しそうだけど、それはちゃんと郵送で送る手続きをしてからゲットできるもの。。
だから、あちこさんは店頭では$69.99で購入しなければならず、後で$30リベート分を請求しなければいけないのです。
 
なんで、メーカーは最初からディスカウントしないのかしら?
必要書類レシート類などを入れて切手貼ってポストに入れるまでの面倒な作業をすべてのアメリカ人が行うはずは絶対ないので、請求がなければメーカーがお得って感じかな?とミ〜は思うのです。
ちょっとしたメーカーサイドの罠みたいなものだけど、請求したって何ヵ月後か、忘れた頃に小切手で送られるそうなので、なんかよくわからんシステムです。

まあ、勉強のためにダンキチさんに聞いてやってみようなかな?と、ちらっと思ったあちこさんでした。
0



2006/9/16  12:00

投稿者:あちこ

Yutoriさん、
ちょっとでも書類に不備があると、リベートってもどってこないそうです。で、そのまま。でもけっこう利用してるようなのでえらいっす!

トムコさん、
ミ〜です。あちこさんの語りが多くなって出番が減ってしまいました。そんなはずじゃなかったのに・・・・・

2006/9/15  14:53

投稿者:yutori

リベートシステムってお得感があるけど、絶対お金が戻ってくるとは限らないんだよねぇ…。
携帯を買った時は「えっ、もうチェックが届いてる!!」と感心したんだけど、フライパンのセットを買った時のリベートは戻ってこなかった(>_<)
こういうこともあるので、レシートのコピーかなんかを取っておいたほうがいいよ〜。

http://fromyutori.exblog.jp/

2006/9/14  21:21

投稿者:トムコ

へ〜、いいような悪いようなシステムだね。
几帳面な人なら、得するし?そうでないならメーカーの作戦勝ちって感じ?
それにしても、ミ〜は賢いね〜。
時々しか登場しないけど、お利口振りに感心するよ♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ