2006/10/28

マイケル・J・フォックスとパーキンソン病  ☆ニュース・エンタメ情報

最近、ケーブルテレビでも懐かしいバック・トュー・ザ・フューチャーがよく流れてますが、その映画に主演しているマイケル・J・フォックスが昨日たまたま観ていたCBSのニュースの中でインタビューされているのを観ました。

クリックすると元のサイズで表示します ←全然変わってない!

日本にいたら情報があまり流れないけど、アメリカではたまにゴシップ雑誌に彼とその家族(双子の女の子)の記事が掲載されているのを読んだことがありました。いつも映画のマーティンそのままだなぁと思ってたのですが、昨日のニュースでは声も表情も映画のままだったので(内心うらやましいと思いながら)彼の様子を観察してました。

ほとんどの人は彼がパーキンソン病にかかっていて映画界からしばらく離れていることも知っていると思います。
しかし驚いたのが、その病気を持った本人が病状を見せながらメディアに登場していて、こんなにこの病気は深刻なものなのだ・・・とちょっとショックを受けました。

ソファに足を組んで座ったマイケルの体はとにかくすごい振るえでした。貧乏ゆすりとも違い、まるでトイレを我慢してる、おしりがかゆいといってムズムズする様をオーバーに表現した感じでした。

英語をよく訊いてなかったのだけど(笑)、ダンキチさんによると、難病治療につながるとして注目されているES細胞研究支持のミズーリー州の民主党候補への支持を訴える内容だそうで・・・・(11月は選挙のシーズン)

CBSの記事はここ 

・・・と書いてるうちに上の記事の中でも放送されたビデオが出てますが、なんとYouTubeにも載ってるのですね。
0



2006/10/29  13:34

投稿者:あちこ

ふちみみさん、
クスリで止めてるなんて怖い病気だねえ。振るえがなければマイケルも普通の人に見えるけど原因不明の病気なんだねえ。

トムコや、
そう、マイケルは35歳くれいで発病したのだよ。こんな病気が若い人にもかかるなんて怖いねえ。日本でも身近にいるものなんだねえ。

Sonnyさん、
マイケルってギターが好きで、あの映画以来、ギターひきがらみの映画にも主演してたらしいけど歌手デビューもしてたかなあ・・・・・おぼえてない。
でも生放送でCBSをみたときはちょっとショックでした。

2006/10/29  9:56

投稿者:Sonny

映像で見ていて、つらかったです。以前に見たときより、あきらかに病状が進行しているように感じました。自分の姿を見せることで、世間に広く認知してもらおうというのも勇気があるなー。頭が下がります。
バック・トゥ・ザ・フューチャーでは、マーティのギターを聴いたチャック・ベリーが「ジョニー・B・グッド」をつくった……というエピソードがいちばん好きです。ゴー!ジョニー、ゴー! ゴー!マイケル、ゴー!

2006/10/28  20:18

投稿者:トムコ

私もパーキンソン病の人との出会いがあったよ。
もう高齢の女性だったから、マイケル・J・フォックスが
発病したと聞いた時は耳を疑ったね。
こんな若年患者がいるだろうか・・
若いだけに、色んな苦労があるだろうね。
負けずにメディアに出て活動する彼を尊敬するわ。

2006/10/28  13:33

投稿者:ふちみみ

おひさです。
パーキンソン病は私の歯医者の患者でもいましたよ。
薬が効いてる間だけ動けるそうで、薬の持続時間内に来院・治療してました。まだまだ不治といわれてるよね。新しい治療が見つかることを祈ります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ