2007/3/13

きみに読む物語 泣けた(TOT)  映画

クリックすると元のサイズで表示します あちこオススメじっさま★ばっさま感動ストーリー

たまたま、このようなチックフリック映画(英語・男がグースカ寝ている横で女は片手ハンカチで涙してる、男にとっては退屈で女にとってはすごく感動する映画のこと)をどこかのHPでおすすめしてるのがあって観てみました。

邦題が"きみに読む物語"。The Notebookがタイトルで2005年に日本で封切されたそうですがどうでしたか?(あちこはアメリカに行っちゃってたので知らなかったです)

ダンキチさんは最初から、この手のストーリーが苦手なのであちこ一人で見ましたが・・・ええ、
これじっさま★ばっさまのための永遠に切れることのないラブストーリーだったのですよ。

老人ホームである話を読み聞かせているじっさまがいる。相手は窓辺で自分の人生を見つめ直そうとしているかのように遠くを観ているばっさま。その話は50年以上前の若い二人の恋愛物語。ある夏の日の純粋で情熱的な愛を描いたもの。でも,純粋であるが故に,その生まれ育った環境の違いに押し潰されそうになる。やがて夏が過ぎ,大富豪の娘の方が去って行き,愛は終わったように思えたが...が簡単なあらすじ。
ベストセラーの小説から映画化されたそうです。


映像は昔のアメリカの田舎が舞台でとてもきれい(あちこ好み)、若いカップルがデートしたアヒルがいっぱいの湖はいいシーンだったし、ヒロインの女の子がかわいくってねえ、見とれてしまいましたよ。

物語が終わった後、ひとホロリ・・と涙が・・・・で終わると思ったのに! 
ReadMoreはネタバレ少しあり。

<追記>
"マディソン郡の橋"もまたここで観たのだけど、またボロボロになっちゃって・・・・あちこ、もう年になると(というか結婚すると、夫婦の将来と重なっちゃって(バカ))この手の映画はちょっと観ただけでポロッと泣けてくるのよねえ。困ったもんだ。

余計にダラダラ話しが続くものだから、最後ボロボロ・・・・・・翌朝の目は腫れてました。

中盤すぐに鑑賞者はこのじっさま★ばっさまはその物語のカップルなんだってわかっちゃうのだけど、できればばっさまが気づいたところでストーリーが終わればよかったのに・・・と思ったあちこでした。最後の終わり方はダメ。

アメリカのレンタルリストのベスト100にも載ってるのよねえ。
久しぶりにお涙頂戴いかかでしょうか。あ、昔の熱い恋愛も思い出すのもいいかも?ね!(笑)
0



2007/3/16  14:51

投稿者:Sonny

ヤギ……ヤギか……そう、ヤギだね。主役男子、何かに似てるとは思ってたけど、まさかヤギだったとは。もやもやが晴れました。ありがと〜〜(←やけくそ)
Cherryさん、励まし(?)のお言葉、ありがとうございました。
って、ヤギネタでひっぱっちゃって、失礼しました〜〜!

2007/3/15  6:06

投稿者:あちこ

Cherryさん、
この映画、英語もきれいで勉強にもいい手本になると思いました。ちゃんとDVDでとっといてるのはいいですね。あちこはまだ3本しかありません。

マミーさん、
復帰おめでとう!
あちこは妊娠前でも涙もろく、20代後半からかな・・・だって、ああタイトル忘れた、ハワイが舞台の青いかわいい宇宙人のディズニー映画、あれでもほろりときちゃいました(笑)

ふちみみさん、
妊娠中は非常に涙もろいそうだけど、ダンキチさんになおひどくなったと言われました。でも自分は20代後半から泣きやすくなったと思うんだけどなあ・・・・でも笑いにくい。

2007/3/15  1:46

投稿者:ふちみみ

おひさです。
妊婦時期くらいからワタシも涙もろくなったよ〜
年齢のせいではなく妊娠のせいで泣くんじゃないのかな?母になったらより一層しょうもないことでビビビと感じてしまって号泣なんてのもアリだよ。

2007/3/14  17:02

投稿者:lagoon mommy

すみません、追加でちょっと・・・
映画でもドラマでも私、ちょっと思い出したのですが・・「妊婦さん」だった頃って普段の百万倍くらい「涙もろく」なってました。(←わたし)だって・・・「ファインディング・ニモ」のオープニングの卵とお母さんが食べられたシーンで、既に「ぼろぼろ」してましたもの。でも感動の涙はきっと胎教には良いはずですよ!

2007/3/14  16:59

投稿者:lagoon mommy

お久し振りです!
私もこの映画大好きです!初めて見たのは日本に帰る飛行機の中で去年だったかな〜?もうボロボロ一人で泣いて、泣いて・・・とってもおセンチ(死語ですか?)になってスクリーンに釘付けでした。なんか、胸の奥が「きゅん」となるモノがこの映画はありますよね。

2007/3/14  14:49

投稿者:cherry

その映画、見たよ、ダイブ前だよね、公開されたの。
「Notebook」っていう題名だから、全然期待しないで見たら、凄く感動した、感動した。
だからDVD買いました。
私は見た映画で、もう1度見たいと思った映画は全てDVD買ってストックしています。何度見てもいいよね、この映画。
それにしても、日本語のタイトルが・・・・なの、
ちょっとね〜〜。
Sonnyさん、泣けても、でも寂しくなるような感動ではないから大丈夫だと思いますけど。
やだ、ばっさま世代だなんて。Sonnyさんもそうなら、私もだよ。
(ごめん、横レスしちゃいました)

2007/3/14  13:41

投稿者:あちこ

Sonnyさん、
そうそう、うっかりノミネートされたヤギ君のことを言うの忘れてたわ。
なぜか、アメリカにいる日本人女性に人気があるようです。他に泣ける映画ないかなあ・・・・

Yutoriさん、
けっこう人気なんですねえ。知らなかったわ、この映画。Yutoriダーリンははたして一緒に観てくれるのかが気になります!

2007/3/14  9:56

投稿者:yutori

あぁ!これ!!
見ようと思って忘れてたやつだわ〜。
NETFLIXのリストに入れとかなきゃ!
泣ける映画好きなんだけど最近何故か泣ける映画に当たらないんだよね…。

http://fromyutori.exblog.jp/

2007/3/14  8:05

投稿者:Sonny

これ、見たいと思いつつ、まだ見てないの……。主役の男子が好き。カッコいい(今年のオスカーの「主演男優賞」にノミネートされてましたよね)。
泣ける、と聞くので、それだけで哀しくなっちゃうの。でも、あちこさんがここまでお勧めなら、見ちゃおうかな……。わたしも、どっちかというとばっさま世代になりつつあることだし。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ