2007/3/23

ヒルトンホテルでのインターンシップ・プログラム  オーストラリアの学校生活

先週の火曜日のことである。
夕方私の携帯に11回ものmisssed callがあった。
何事? 全て娘からの電話だった。

その日、娘は朝からヒルトンホテルに行っていた。
今学期、ヒルトンホテルでのインターンが決まっていたのである。
2名づつ受け入れてもらえるらしい。去年、大学で学内選考があり、だめもとで受けた。社会経験がある2年生以上の学生が対象だったから、新入生の娘は対象外だった。

だが、選ばれた。
多分、娘が日本語と英語両方話せるということで高得点を得たのだろう。ケアンズでは日本人観光客が経済を支えているみたいなものだから、日本語を話せるスタッフは貴重なのである。
勿論英語は当然話せなくてはいけない。スタッフのほぼ全員は外人だから。

大学で選ばれた後は、更にヒルトンホテルで面接がある。
他の学校や職場からの応募者もいるので。
その日、私は娘を車で送っていった後、また迎えに来るのも面倒なので、ロビーで面接が終わるのを待つことにした。

そこに面接する女性がやって来た。

「お母さんも、どうぞ!

「え?

親が子供の面接に立ち会うなんて聞いたことないので、あせった。

「いえ・・、私はここで待っていますから

「どうぞ、どうぞ・・・

「はあ〜

何度かの押し問答の末、私はすたすたついて行くしかなかった。

出来たらそんな面接とか緊張する場面は避けたかったのだが。なにぶん、もし落ちたりしたら、わたしのせいにされそうだもの。 くわばら、くわばら。

ところが、オーストラリアの面接なんて、リラックスそのもの。
面接する人も日本のように威張ってないし、上からの目線で話したりもしない。
世間話の延長のようなリラックスした感じ。当然笑い声もよく聞こえ・・・。日本と全然違うなってしみじみ思った。

「合格すると思う?   と、娘。

「さ〜。

後日合格の電話をもらった時は、二人で跳び上がって喜んだ。
ヒルトンホテルでインターンができるということは、いいキャリアになるし、どんな授業より勉強になるはずだから。
さて、私が見逃した娘からの電話は、実は凄く重大だったのである。

なんと、その日のTVの6時からのニュースに娘が出た のである。
ヒルトンのインターンシップ・プログラムの特集が組まれていたらしい。それを知らせる為に何度も電話をしてくれたらしい。

が、その日に限って携帯を持っていなかった。そういうものである。
TVのニュース見たかったな〜。 残念・・・。
結局うちは、娘も夫も誰も見ていない。

翌日、大学の教授からTVを見たと言われたらしい。
結構いっぱい出てたらしく、よかったよと言われたらしいけど、緊張してた娘はさっぱり覚えてないとか。
でしょうね。前もってTV取材があると言ってくれてたら、言いたいこととか考えてたでしょうけど、いきなりではね〜。
まして英語。わたしなんて緊張して英語出てこないはず。

ケアンズポストという新聞にも載るらしい、というので、次の日、早速その新聞を買った。
ーーーーない。 なんで?
次の日? 次の日もなかった。
3日目は買うのをやめた。ひょっとして3日目に載ってたりして・・・。だったら涙。

というわけで、我が家ではだれもそのニュースも新聞記事も見てないのです。
誰か見た人いる?
ーーーーいないよね。

日本の父に電話してそのこと伝えたら、父曰く、
「お〜、こっちで映っとらんかったぞ。

あの〜、お父ちゃん、オーストラリアのテレビ番組、日本では見えないから。


0



2007/3/26  6:58

投稿者:cherry

siorinさんへ
ヒューマン・リソースは面白そうですよね。いい勉強になるみたいです。
マネージメントって結構グループワークがあるでしょ。それって日本の大学ではないですよね。

ところで、アルコールって妊娠には障害なんですか?適度はむしろいいと思ってたけど。

2007/3/25  22:37

投稿者:siorin

そうなんですか。それはちょっと恐怖です。
確かに人事とかでしっかり科目があって、これええわ〜。とか感心したことが。
私もマネジメントとかちょっとやったけど、具体的ですよね、勉強が。
課題も具体的。
これをいかに実際に活かすか? が難しいんですけど。でもあるていどはマニュアルかなあ。

2007/3/24  10:15

投稿者:cherry

CHIGUSAさんへ
そうなんです、前もって言ってくれてれば・・・って思ったけど、もう済んでしまったので仕方ないです。
誰かが録画してくれてたら嬉しいんですが、わざわざニュースを録画する人、いませんものね。

そうなんです、ホテルに勤めるつもりは全くないらしいけど、いい社会勉強になるから、と。実際1日行ってみて、さすがヒルトンだって驚くことばかりだったらしいです。だから世界のヒルトンとして認められているんだというのも納得できる、と。

2007/3/24  10:07

投稿者:cherry

siorinさんへ
もともとオーストラリアってそんな感じでしょ。フレンドリーで。私もびっくりしちゃいました。
でも、会社によるんでしょうね。
娘が今バイトしている所の面接は大変だったみたいですよ。まず、書類専攻、そして次に電話インタビュー。これが凄い。いろんな質問され、その対応を見る。(処理能力)
例えば、「今までに友達に悩み事を相談されたことありますか?それはどんな内容で、どう助言したか、とか、いろいろ1時間近く電話インタビューされたんだって。それでOKなったら、グループインタビュー。更に個人インタビュー・・・長い道のりで、凄くストレスだったと。
だからヒルトンの面接も相当覚悟していたので、余計びっくり。

でもこっちんも人事の人は、大学でその勉強をしてきているので、すごくプロって感じがしました。日本の大学にはそんな専攻ないですよね。

2007/3/24  9:56

投稿者:cherry

あちこさんへ
そのうち世界中のテレビ番組が自由に見れるようになるといいのにな〜って思います。
アメリカでは日本のTV番組をテレビで見えるんでしょ。
我が家、先日アメリカでwatch TV買ったんですよ。日本の番組をPCで見えるというやつ。それ、TVに接続するとTVの大画面でも見えると喜んでいたら、アメリカのみだって。アメリカは海外と言えど、なにかと便利でいいな〜て改めて思いました。
オーストラリアでそれが可能になるのって、何年後なんだろう・・?

ケアンズ、日本人多いです。と言うか、シティなんて日本語の看板がいたるところにあって、日本のどこかの町みたいなんです。だから年配の人も安心してこれるんでしょうね。

2007/3/23  21:13

投稿者:CHIGUSA

とてもいい経験をされているんですね。以前私達もケアンズへ行った時、日本人の観光客わさわいたような気がします。しかも相当年配の方も多かった。だとしたら日本語も絶対に必要ですよね。ホテルって今後その道に進まなかったとしても全ての面で社会勉強になると思います。そしてヒルトン。最高の環境で色々な事を身につけられる。幸せですね。6時のTVニュース、あぁ〜残念。そんな重大なこと前もって知らせといてよね。じゃぁないですか?

2007/3/23  20:27

投稿者:siorin

オーストラリアの面接って和やかなんですねえ。
それはよかった。
私、まだ面接なんてしたことないケド、それ聞いて安心しました。

しかし、娘さん、見れなくて残念でしたね。
誰か録画してないのかなあ。
新聞は図書館に前の分置いてないのかなあ。

ヒルトンか。
デカいところですね!!

2007/3/23  12:40

投稿者:あちこ

Cherryさーん、カルフォルニアでも映ってませんでしたー(笑)
しかし、おねーちゃんよかったですねえ、ヒルトンでインターンは本当にいい社会勉強になると思います。ケアンズはそんなに日本人多いのかア・・・


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ