2007/4/5

ノーパン健康法  心と体

先日ある記事に、ノーパン健康法が書かれていた。

私はてっきり、下着をつけないで生活する健康法かと思っていた。
だから男性はいいとしても、スカートをはく女性はどーするんだろう?ってちょっと気になった。

、どうやら違うらしい。

ノーパン健康法とは、寝る時に何も着ないで寝る健康法
つまり下着に締め付けられることなく、せめて寝ている間は身体を解放しよう、っていうことらしい。

これ、うちの主人、やっているんですよね。
っていうより、子供の頃から、寝る時は何も着ないで寝るのが習慣だったらしい。それは大人になった今でも変らず。それが当たり前だと思って育ったので、むしろパジャマとか着て寝ると寝られないらしい。

まあね、熱い夏とかは涼しくていいけど、これ、寒い冬でも同じなんです。寒い、寒いと良いながら何も着ないんですよね。何も着ないで震えている・・。何か着れば?って思うんですけどね。(笑)


それで思い出したけど、アメリカの大学寮に住んでいた時、私達日本人留学生の間でこの事が話題になった。


というのも、友達のルームメイトの一人が、寝る前に、目の前で服を全部脱いで寝るというのだ。
いくら女同士と言えど、全くの赤の他人の前で、全裸にはなれない。ましてや、寝てる時どんな格好で寝てるかわからないし・・・・。

「そんなの、恥ずかしくて寝れないよね。

って言うのが、私達全員の一致した意見だった。しかも秋、すでに涼しくなっていた時期だったし。 私達の誰もが、寝る時に全裸で寝る人の話を見たり聞いたりしたことが全くなかったので、かなりの衝撃だった。

生活習慣の違い? 考え方の相違? いやはや・・・といった感じだった。
結局そのルームメイトは、真冬もずっとその寝方を通したらしい。やっぱり子供の頃からそうだったから、それが普通なんだと。

考えてみれば、裸に対する意識の違いって、私達アジア人と欧米の人たちとは、随分違うように思う。

例えば。着替える時、私達は、例え女性同士でも後ろ向きで着替えたりするけど、外人は正々堂々と前向きで着替える。全然気にしてない。
まあね、バスとに自信があるからってこともあるかしれないけど。
・・・ いえ、多分、自然の姿なんだから別に隠さなくてもいいんじゃない?っていうことらしい。


だから、ヌーディストビーチが世界中いたるところにあって、そこで平気で全裸でビーチにいられるんですよね。

そういえば、、オージーの中には、家の中で全裸で過ごす人もいるらしんです。友人が昔、一軒の家を10人でシェアーして住んでいた時、その中の何人かの男性は全裸で家の中をよく歩いていた、と。

まだオーストラリアに1度も来たことなかった昔のことだったので、一体オーストラリアってどんな国なんだろうって思いましたよ。






このノーパン健康法、ベトナムのホーチミン市に住む女子高校生の間で、流行っているというんです。
 
 最近、ベトナムでは受験勉強が激化している影響で、ストレス性の便秘が少女たちに蔓延(まんえん)。そんなお通じの悩みを持つ女子高生の1人が「お腹への締め付けをなくせば、便秘が解消するかもしれない」と考え、せめて眠るときだけはノーパンでいようと決意した。

 すると、2カ月を過ぎたころから、信じられないほど便通が良くなり、しかも以前から悩んでいた皮膚炎や頭痛まで解消された。この事実を友人らに話すと、あっという間に口コミで広まり、学校中に「珍健康法」が浸透していった。

 やがて「睡眠時だけでなく、完全にノーパンにしたほうが、もっと健康になるのではないか」と白いアオザイの下は生まれたままの姿という大胆少女も出現し、これを知った教師らが「はしたない」と激怒。

 某名門高校の校長は「ノーパンが体にいいという医学的根拠はない。すぐにやめなさい」と女子高生らに説教したという。

 (ホーチミン在住のベトナム人高校生・ホン・トゥーさんからの報告)
0



2007/4/10  8:20

投稿者:cherry

noriさんへ
コメント有難うございました。
スウェーデンのような寒い冬でも、家の中がいつも20度なら快適ですよね。隣のノルウェーとはちょっと健康法がちがうみたいですね。 
そういえば日本の冬の方が寒いって言ってました、、そう、家の中が。

2007/4/9  17:42

投稿者:nori

私のブログにコメントありがとうございました!嬉しかったです。ここら辺では、裸で寝るというのは、あまり聞かないですけれど、沢山着込んで寝ると言う事は無いですね。冬でもいつでも、家の中の気温が20度位になっているので、しっかり着て、布団を掛けて寝ていると汗が出てきます。そんなわけで、日本に居る時にみたいにも寝具も沢山必要ないという具合です。寒い国なんですけどね。やっと春が来たようです。今日は、少し肌寒いです。

http://ameblo.jp/catupiry

2007/4/7  8:30

投稿者:cherry

Mさんへ
ノルウェーの真冬でも裸で寝るって言うのには驚きです。しかも窓を開けて寝るとは。
そういう健康法、ノルウェー人しか出来ないですよね。

そういえば、以前にテレビで見たのですけど、ノルウェーでは保育園でのお昼寝時間に、赤ちゃんを全員外の雪の中に連れ出し、そこで寝させるんですってね。
それクイズ形式だったのですけど、まさかこの答えだけはあり得ないと思った答えがそれだったので、本当にびっくりしました。

そうやって生まれた時から、そういう健康法で育てられているから、零下20度とかの真冬でも窓を開けて寝れるんですよね。私だちがしたら、即風邪を引くこと間違いなしです。
窓を置けて寝るかどうかでひと悶着どころか、それ、日本人にとって死活問題ですよね。

2007/4/7  8:20

投稿者:cherry

bebeさんへ
やっぱりそうなんですか。外人の人って多いですよね、裸で寝るの。私も初めはびっくりしたけど、慣れたらそんなものかと・・・。

ヨーロッパのビーチってヌーディストが多いですか?私も何度かニースのビーチに行ったことあるけど、一度も見たことないです。きっともう少し人があまりいない所にいるんでしょうか、ね。

そういえばモンテカルロに住んでいる人が、やっぱリそう言ってました。ちょっと奥の方のビーチに行くと、みんなそうだって。その話にえ〜っ?! って言ったのですけど、bebeさんの話を聞いて、やっぱりそうなんだなって思いました。



2007/4/7  4:25

投稿者:M

ウチのノルウェー人相方はパンツ一丁で
寝ています。
もちろん真冬も!
そして寝る時は窓を開けて寝るのが
ノル人の健康法らしいです。
ええ、こちらも真冬も!です。
ノルの家庭では
よく、お母さんが寝る前に子供に
「歯は磨いた?」とか聞きますよね?
それと同じ感覚で「窓開けた?」と
聞くそうです。
私達が一緒に暮らし始めた時は
寝る時に窓を開けるか閉めるかで
ひと悶着ありました。
だって真冬に窓を開けるなんて自殺行為です
よ!しかもマイナス気温のノルウェーです
よ!
その件では彼が折れてくれて冬の間は
窓を閉めて寝てくれる、という事に落ち着き
ましたが・・。
色んな健康法がありますね〜

http://blog.goo.ne.jp/cannondale66

2007/4/6  14:05

投稿者:bebe

私の夫も70%は裸で寝ています^^;日本の寒い冬はさすがにパジャマをきますがそれ以外はヌードです^^;
ヨーロッパのビーチはヌードビーチがほとんど?ってくらい普通ですよね。ニースでもバルセロナでも普通に皆さんヌードで、ちゃんと水着を着ている私が「変?」なんて錯覚におちいりました(笑)

2007/4/6  9:19

投稿者:cherry

PEKOちゃんへ
ジャマイカではホテル内にヌーディストビーチどころか、ヌーディストホテルもあったなんて・・。
世界にはいろんな知らないことがいっぱい。
日本の常識では絶対考えられないことですよね。
例え日本にそういうホテルが出来ても、日本人は宿泊しないよね。

2007/4/6  9:15

投稿者:cherry

あちこさんへ
アメリカでも家の中、裸で生活している人いるんですね。
そういえば、日本でもそんな家族いるらしいです。玄関に脱衣かごが置いてあって、みんな外からから帰ったら、そこで全部服を脱いで家に入るらしい。そういうのもひとつの健康法なのかな〜。

それにしても、ドイツにヌード公園があったって?初耳。普通の公園に?
ヤッパリ外人ってヌードになることに対して、あんまり抵抗ないのかもね。


2007/4/6  9:08

投稿者:cherry

siorinさんへ
やっぱりヌーディストビーチ、行っている人いるんですね。そういえば日頃お尻は太陽に全く当たらないから、直ぐ焼けそうよね。
わたしもパジャマだけ。その方がよく眠れるもの。

ヌーディストビーチで望遠鏡?お〜〜〜〜い!

2007/4/6  1:36

投稿者:PEKO

確かに、締め付けられるのはいやだなー。さすがにノーパンではないけど、寝るときはまったく抵抗のないものを、着用してます。そうそう、昔、ジャマイカで、ホテルににもヌーディストビーチがあって知らずにそこで、何でみんな裸?って思っていました。それと、ヌーディストホテルもあったよー!ヌーディストビーチで、くつろいでいる人にきいたところ、開放されるとのことでしたー。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ