2007/4/18

ゼロから1年で大学レベルの英語を身につけたルーマニアの学生  英語

ゴールドコーストのTAFE Collegeの先生から聞いた話。
今までで1番熱心に英語の勉強をした生徒の話として、ルーマニアの女の子の話をしてくれた。

家族でオーストラリアに移住してきたその子は、オーストラリアに来た時、全く英語が話せなかったそう。ルーマニアの田舎で学校にもろくに行けなかったから。14歳からは全く学校に行かせて貰えず、ひたすら家で農作業の手伝いをさされたらしい。
彼女は勉強をしたくてたまらなかった。

で、オーストラリアに移住して、英語を勉強をし始めた。移住者は日常生活に困らないだけのレベルまでの英語の授業を、TAFEで無料で受けられる。
勉強したくても学校に行けなかった彼女は、必死で勉強した。いつ見ても勉強してた、と。そして、なんと1年後には大学に入学できる英語のレベルに達して、今大学で勉強しているそう。

オーストラリアの大学入学の英語のレベルというのは、結構大変で、アメリカのTOEFLのように文法がわかり、リスニング&リーディングが出来ればいいというわけではない。ライティングとその上、スピーキングテストもある、トータルな英語能力を求められる試験である。
それを見事1年でパスするとは・・・。

概して、社会主義だった国の人たちは、勉強する意気込みというか、態度、熱心さが私達とは格段に違うように思う。中国人もそう。娘の親友は東ドイツからの留学生なのだが、頭のよさのレベルが違うらしい。1度習ったことは全て頭に入っているそう。だから大学の全てのクラスで断トツトップらしい。ネイティブのオーストラリア人もみんな彼女にわからない事を聞きに来るらしい。

小さい頃から勉強をいやいやさされてきたと思っている私達(少なくても私は)と、本気で勉強したいと思っている彼女達とは、きっと脳の切り替えスイッチが違うんだろう。脳がフル回転するスイッチを持っているんだろうな、そういう人たちは。

私もいい加減この辺で、脳がフル回転するスイッチを入れたいものである。
(え、そんなものが私の脳にあるかって? ウ〜〜ン、それが問題だ。)

0



2007/4/26  8:31

投稿者:cherry

りおんさんへ
ハンブルグの女性、3ヶ月で日本語マスターってすごいですね。
そういえば、日本に来ている若いアメリカ人の宣教師達、みんな短期間で日本語上手になってます。全員そうだってところを見ると、ヤッパリ脳の構造が違うんでしょう。

脳には語学の切り替えスイッチっていうのがあるみたいです。その切り替えがうまく働くかどうかが、語学上達のキーワードらしい。
となると、日本人はそれが苦手な国民なんでしょう。私なんて特に。

2007/4/25  19:47

投稿者:りおん

私昔日本でドイツ系の会社で仕事をしていたのですが、そこにインターンに来たドイツ人の方々はみんな優秀で、特にハンブルグから来た若い女性は3ヶ月で日本語を習得していて、電話なども応対が出来ていてビックリしたのを覚えてます!日本語難しくなかった?って聞いたら、生活するのに必要だから必死に勉強しました。。って言ってました。
でもきっと脳のつくりが違うのよね、生活に必要なのにいまだに電話でさえドキドキする私。
明日から心を入れ替えて勉強に励むわ!(って今日からしろよ、って話ですよね・汗)

2007/4/19  10:26

投稿者:cherry

PEKOちゃんへ
世界には勉強したくても出来ない人の方が、キット多いんでしょう。そういうことがわかって勉強するのとしないのとでは違うと思う。
日本人は本当に恵まれていると思う。

2007/4/19  3:01

投稿者:PEKO

そうですね。海外で勉強すればわかるよね。他の国の人たちは学校にいく限りは本当に一生懸命勉強する。勉強するために学校行くのだから当たり前だけど、日本人は無理やりやらされるって感覚があるからか?勉強する人としない人の差があるね。もったいないよね。って今だから言えるかな?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ