2007/4/18

自分の身を盾に、銃乱射事件から学生を救った教授  ニュース

六十数年前、ユダヤ人大量殺害を生き延びた老教授が、無分別な銃火の前に身を投げ、教え子たちを救った。

連日世界中のテレビで報道されている、バージニア工科大学での銃乱射事件。オーストラリアでも例外なく、トップニュースとして報道されている。
その中で、asahi.com に書かれてあったこの記事に心打たれたので、引用させてもらい、紹介したいと思います。


バージニア工科大学での銃乱射事件で16日亡くなった犠牲者の一人、イスラエル人のリビウ・リブレスク教授(76)は、第2次大戦中のホロコーストの生き残りだった。

 AP通信によると、リブレスク教授は、教室の中に容疑者が入ろうとした時に、撃たれながらも手でドアを押さえ続け、学生たちを避難させた。

同通信の電話インタビューに応じたテルアビブ在住の同教授の息子、ジョーさんによると、助かった複数の学生たちが、教授の妻マルレナさんあてに、その状況を電子メールで伝えてきたという。

 報道を総合すると、リブレスク教授はルーマニア生まれ
ナチスドイツの占領下で、ユダヤ人迫害を逃れた。ブカレストで流体力学の博士号を取った後、78年にイスラエルに移住。

航空工学の権威で、85年に研究休暇を過ごしたバージニアが気に入り、工科大の教授に就任した。

16日はくしくも、ワルシャワ・ゲットー蜂起を記念してイスラエルが定めた「ホロコースト追憶の日」だった。


この記事を読んだ後、私は涙が止まりませんでした。
その時の状況が想像でき、教授の気持ちも、そこにいた生徒の気持ちも伝わってきて・・。

犯人の韓国学生に関しては、報道ですでにいろいろ言われているので、私はここでは敢えて触れません。

教授が自分の身を持って学生を救ったこと、そのことで、生徒達が学んだことは、どんな授業で学んだどんなことより尊いと思います。

そうやって救われた自分の命を、いつか今度は誰かのために役に立ちたいと思える日がきっと来ることでしょう。 犠牲になった教授の為にも。


0



2007/4/24  10:39

投稿者:cherry

siorinさんへ
>自分から心を開けないで、逆恨みの挙句、罪もない人を殺すなんてありえない。

本当にそうですよね。
そして、犯人の思惑通りになるのも、シャクに障りますよね。

2007/4/22  15:04

投稿者:siorin

いえ。私の趣味みたいなモンですか、コレって。
(泣ける)
犯罪者の心理って不思議で、ついつい。
新聞にもありましたが、憎しみや、被害妄想が強くても、みんなが皆、殺人に走ることはないので。ただ、こういうふうに病んでる人は多そうな気がします。ストレス社会ですから。
ただ、自分から心を開けないで、逆恨みの挙句、罪もない人を殺すなんてありえない。
全世界で、犯人の思惑通り、何度も何度も詩や、写真、ビデオが流れると、なんか不愉快!! って思ってしまいました。
しかし、事前にどうにかできなかったものなのかな。
銃も正式に買ったらしいし。

http://adelaide.blog36.fc2.com/

2007/4/22  9:25

投稿者:cherry

siorinさんへ
犯人の事を新聞で詳しく調べてくれてありがとう。事前に自分でビデオを作り、マスコミに送りつけて、事件後世間をあっと言わせたかったって、これ極悪犯に共通する心理の1つでもあるんでしょうね。

そういうものって、生まれながらない持っているのか、育った環境で生まれたのか・・・精神が病んでいるという事には違いないと思います。真似する人が続かなければいいのですが・・。

2007/4/20  17:18

投稿者:siorin

最近、違うことやってて新聞見てなかったのですが、この事件で久し振りに読んでしまった。
(旦那と新聞読んでるとキリがなくて)

犯人は8歳で移民してきた韓国人てことですが。
それはどうでもいいんです。
この事件を見ると、なんて自己中心的な、被害妄想の強い、文句ばっかりで自分で努力はしない、ナルシストなのかと思います。
相当な引っ込み思案だった、と云いますが、23に区切ったビデオと写真をマスコミに送り付けて、自分の死後に世界で放映されることを狙っていたところなんて、突然の主張ですね。
で、見事に狙い通りになってるのがまた腹が立つ。

先日読んだ「冷血」の犯人と共通する部分もあって、自分でも記事に書こうかなとちらっとだけ思っていたところでした。

2007/4/20  10:32

投稿者:cherry

ほたるさんへ
ほたるさんって、ひょっとしてAOLブログランキングでいつも1位の<ほたるのひとりごと>のほたるさんなのでは?
そう思ってサイトにお邪魔したら、ヤッパリそうだったんですね。コメント有難うございました。時々お邪魔させていただいています。

ボストンによく行かれるそうで・・。私は寒いところは苦手なので、アメリカはカリフォルニアに住んでました。東は冬寒いでしょ。

オーストラリアもシドニーとかメルボルンは冬寒いので、暖かいゴールドコーストに移住したんです。尤も今では更に暖かいケアンズに住んでますが。(笑)

2007/4/20  10:24

投稿者:cherry

PEKOさんへ
昨日はオーストラリアのテレビでも、犯人のビデオテープの映像が公開されていました。警察は最初別の学生を誤認逮捕したんですって?

銃規制が未だに出来ないアメリカで起きた事件で、犯人が韓国人とか、そういう国籍にはあまり関係ないと思うんです。だって銃が簡単に手に入るアメリカに住んでいなかったら、キットその学際もそんな事件起こさなかったと思うもの。
例えば一家でオーストラリアに移住していたとしたら、まず起こらなかった、と。
問題は銃が簡単に手に入るという、アメリカの銃社会だと思うんです。

そうですね、リアルタイムで世界の報道も知ることが出来、面白いですね。その国によって報道する内容も、姿勢も違うから。

そういえば、最初、犯人の国籍を伏せるようにと韓国側から要請があったそうです。で、日本のテレビ朝日だったか、ある報道番組では終始アジア学生と報道していたとか・・。

2007/4/20  3:24

投稿者:ほたる

初めまして。
悲しい事件の中で、教授のお話、
大変詳しく書いて下さっていて、
興味深く拝見しました。
ありがとうございます。

オーストラリアにお住まいなのですね。

アメリカにも、お住まいだったとか。。
私はボストンへよく行くのですが、
どちらにいらっしゃったのでしょうか?

また、伺わせて頂きます。お邪魔致しました。


http://diary.jp.aol.com/tspysjc/

2007/4/20  0:52

投稿者:Peko

今日のニュース、最初の銃撃のあと、犯人がビデオメッセージを送ってたその映像が何度もながされてました。こうやっていろんな国の人の話をオンタイムで聞くと、国によって、報道の角度随分ちがうんですねー。

2007/4/19  18:42

投稿者:cherry

しげ美さんへ
そういう方こそ、もっと長く生きていて欲しいですよね。

にしても、犯人がprisonで豪華にステーキを食べてた、ってどういうことなんですか?
こっちではそこまでの報道はないから知らなかったですけど、そういうことまでイギリスでは報道されるんですか?
もし事実だとしたら、え〜〜〜!?、です。
遺族に追い討ちをかけるような報道ですよね。

ホントね、どうせ死ぬなら人のためになって死にたいですよね。 って、もしその場になったもそれだけの勇気があるかどうは???ですけど。


2007/4/19  18:31

投稿者:cherry

PEKOちゃんへ
この教授のこと、日本では報道されなかったんですか?
そういえば、事件が報道された1時間後でも、日本ではまだ長崎の事件を延々に報道していた、とか。

そういえば、少し前にニュースですが、オーストラリアと日本が軍事協定を結び、日本の自衛隊がオーストラリアの軍隊と共同演習しているニュース、こっちではトップニュースとして毎日のように報道されていたにもかかわらず、日本では全く報道されていなかったどころか、話題にもなっていないことにびっくりしました。オーストラリア在住のh所課の日本人も同じこといっていました。

これって、日本政府が報道しないように規制したとしか思えないです。
日本の報道はそういう意味でも、少し偏っていると思います。必ずしも真実だけを報道していないと。いろいろな思惑や意図が絡んでいる場合が多々ある、と・・・。

日本にずっと住んでいると気づかないですが、海外に住んでいると、日本の報道にいろいろ疑問を抱くことが多いです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ