2007/5/4

この国では日本語を喋るな!!  オーストラリアの生活

今年も4月25日のANZAC DAY(オーストラリアの祝日)は過ぎたが、この日が近づく度に思い出すことがある。この日は日本人は外出を控えるように! オーストラリアに住んでいる日本人の間では知られている事である。

が、7年前の4月に日本から引っ越してきたばかりの私達は、その日の事は全く知らなかった。(ちなみに、ニュージーランド・クック諸島・ニウエ・サモア・トンガ でも祝日との事。)

それでも、その少し前から毎日のようにテレビ番組で、戦争映画や戦争ドキュメンタリーが放送されていて、嫌な雰囲気は感じ取っていた。日本軍の行った残虐なシーンがこれでもかっていうほどクローズアップされ、私が日本人でなければ、日本人ってなんて野蛮なんだろう、って思ったであろう。

実際、その戦争で家族、親戚をなくした人はオーストラリアにも大勢いる。私はそれまで、日本がオーストラリアに戦争しかけた事実さえ知らなかった。

そうとは知らない私と娘は、その日バスで出かけた。そして、事件はその帰りのバスの中で起こった。

私達は楽しくお喋りしていた。すると、後頭部から口論が聞こえてきた。でも自分達には関係ないと、話しを続けていた。

ふと聞こえてきた日本語という言葉に私の耳は反応した。どうやら私達のことを話しているらしかった。で、私は振り返った。 と、多端に、

  おまえら、日本語を喋るんじゃねぇ〜! 
  この国では英語を喋れ!!


いかついおっさんが、私達に向かって怒鳴ってきた。でも、その状況が把握できない私は黙っていたら、更に大声で続けた。

  俺の家族はみんな日本軍に殺されたんだ!
  日本人は野蛮だ。日本語なんて聞きたくもねぇ〜。


どれだけうらみ続けてきたのだろうか、っていうほど延々に喋り続けた。
気持ちはわからないではない。でも、それを私達にぶつけるのはちょっと違うでしょうが・・・・。(怒)しかも公共のバスの中で。他の人だって沢山乗っているんだし。

(え、何だって? この国では英語を喋れ、って?何言ってるの、それを言うのなら、この国ではアボリジニー語を喋れ!でしょうがぁ〜!)

私は彼の理不尽な言葉に、一瞬切れそうになった。

(大体ね、この国はもともとアボリジニが住んでいて、そこにあんた達がやってきて、 武力で乗っ取ったんでしょう! 自分がアボリジニ語で喋ってから、私達に日本語  を喋るな、って言ってよね。)

私は彼の一方的な言い方に、その時思ったことを言い返してやりたかった。私は昔から自分が正しいと思ったこと(時にはそうでない事も)は、はっきり言う方だったから。
でも、娘が泣いていたのでやめた。それと、どうやらその男が酒を飲んでいるか、精神状態が正常じゃないみたいだったので、返って逆撫でして危害でも加えられたら危ないいと思い、ひたすら黙っていた。でもその場に娘がいなかったら、絶対そう言い返していた。

でも、有難い事に、バスの中の他の乗客は、そんな彼にみんなでいろいろ言ってくれた。そう、黙っているしかない私の代わりに。前方の乗客はドライバーに何とかするように言ってくれたり、見ず知らずのみんなに本当に助けられた。その事は凄く有難かった。

娘は当時まだ小学生、英語もあまりわからなかったが、それでも状況は飲み込めたみたいで、途中で泣き出した。そしたら親切な男性がハンカチを貸してくれたり、そばにいた方が娘を慰めてくれたり、みんなが親切にしてくれた。

・・・・暫くして、その男性はバスから降りた行った。
そして、なんと彼がバスから降りた瞬間、バスの乗客全員で、
やった〜!!、って、大拍手をしてくれた。もう割れんばかりの拍手だった。

なんて暖かい人たちなんだろう、って胸がいっぱいになった。オーストラリアに引っ越して来てよかった! って改めて思った瞬間でもあった。

先日、日本の電車の中でレイプ事件があったというニュースを読んだ。しかも、その電車には40人位乗客がいたという。誰もその女性を助けなかった、と。そのニュースを読んで、びっくりした。何故誰も助けなかったのか。
そんな事件、ここオーストラリアでは絶対起こらないだろうと思った。


  人気ブログランキングへ 
オセアニア部門、10位以内は入れたような・・??

海外生活ブログ オーストラリア情報へ  
ついに、ついに第1位!!  やった〜〜。皆様のおかげです。有難うございました。信じられないです。、でもあとは下るだけ・・? 寂し〜い。もう暫く1位でいさせて下さい。 ぺこり。





ANZAC DAYとは、年4月25日、第一次世界大戦時ガリポリの戦いで勇敢に戦った ANZAC 兵達・当時国の為に尽力した人々の為に追悼の日。でも今では第2次世界大戦で日本軍と戦った兵士達の追悼も意味する。
0



2007/12/24  16:37

投稿者:cherry

★ naoさんへ
初めまして!
そして初コメント有難うございました。
日本での英語の先生ってオーストラリア人もたくさんいるみたいですね。きっと優しい先生だと思います。

日本とオーストラリアが戦争したこと、知らなくて当然ですよね。学校で習わないもの。
オージーの先生、やはり日本人に戦争のこと聞けなかったんですって? 知らないということは誤解を生みかねないので、知りたいことがあったらぜひ教えてあげてください。

将来、オーストラリアに遊びに来られるようになるかもしれませんね。

2007/12/24  11:47

投稿者:nao

はじめまして!
このサイトを見つけて初めて来てみました。

ANZAC DAY 初めて聞く話です。オーストラリアと日本と何かあったことすら知りませんでした。
オーストラリアでもこんな怖いことがあるんですね!

私の英語の先生がオーストラリア人ですが、先日初めて第二次世界大戦のことを聞かれたことを思い出します。日本はアメリカと親しくしてはしているけれど、原爆を投下されたことは絶対に許してはいない!と話そうと思ったけど、私の語学力ではまだまだ余すことなく説明するのが難しいです。彼も、いままで日本人に戦争のことを聞くのは遠慮していて誰にも聞いたことがないというし、いろいろな感情があるんでしょうね。ただし私は戦争を体験していないので、当時のことは詳しく説明できませんでした。日本人として、いろいろなことを説明したり意見を述べたりするために、語学力の大切さを実感するこのごろです。

この記事は読んでおいてよかったです。
ありがとうございました。

nao

2007/12/12  9:13

投稿者:cherry

★ diana64さんへ
いらっしゃいませ〜♪
って、いつもいらして下さっていたんですってね。しかもご主人まで読んで下さっていたとは・・。

このブログの書き込みは殆どが女性なので、きっと読者の95%は女性なのでは? って思っているんです。なので男性が読まれているとなると、ドキッとします。(笑)結構日本人男性に辛口の記事を書いていますので。(汗)

私もアメリカに住んでいた時、よく先住民(アメリカインディアン)のことをいろいろ考えさせられる場面に出くわしました。
それはオーストラリアに来ても同じですけど。(アボリジニのこと)

>海外に住むことによって初めて分かる、感じる、考えることはホント、多いです。
そうですよね。
そういう日本人がもっともっと増えれば、日本に住んでいる外国人に対して、もっと理解してあげられるようになるのでは?と思います。
外国の人が日本に住むというのは、きっともっと大変なことなんだろうと察します。

2007/12/12  7:51

投稿者:cherry

★ Chikaさんへ
遊びに来て下さって、しかもコメントまで…ありがとうございます。

>イスラエルでもまわりのみんながあーでもないこーでもない状態で、有り難くもあり、ときどきお節介すぎて疲れたりも。(笑)
なんとなくわかります。みんないい方がなりなんだろうな〜って。今の日本には必要かなとも思います。

拍手喝采の瞬間は感動しました。こういう場面、日本にもあってほしいなって思いますけど、でもますます遠ざかっていっているような気がします。
Chikaさんの自然の壮大な写真を見て感動して欲しいなって思います。

2007/12/12  0:03

投稿者:diana64

cherryさん!

こんにちは!はじめて書き込みしています。こちらのブログに書き込み、ありがとうございました!そして。。。同時にしまった(汗)と(笑)。

明日、こちらのブログの記事のどこかに書き込みさせて頂いて、リンクのOK頂こう〜っ(正しくは、リンク事後承諾頂こう〜)、と思っていたら(ずぼらです)、先に見つかってしまいました。(^^;)

この記事に関する内容、やはり日常で感じたことあります。まずは、自分たちはどこにいても「日本」の歴史と背景を含めて日本人と捉えられること。いろいろな雑感はありますが、とにかく、自分は「日本人」であることを客観的に自覚します。

んで、長い、世界的な戦の歴史を見たとき、勝者の影に隠れる当時の敗者の痛みや苦痛。。。(勝った方も当然痛みがあるのですが。。)先月、サンクスギビングデーなる祝日があったのですが、やはりネイティヴアメリカンのことを考えると、胸が痛んでしまったり。。。

いずれにしても、海外に住むことによって初めて分かる、感じる、考えることはホント、多いです。良くも悪くも、勉強させてもらってます。ハイ。

http://plaza.rakuten.co.jp/higotsubaki/

2007/10/22  21:22

投稿者:chika

cherryさん、こんにちはー。さっそくわたしも初コメント(笑)をと思い、まずはこちらの記事からはじめてみました。

いやー、拍手喝采でじーんっときました。オーストラリアでも日本に対してそういうことがあるんですね。娘さんにもうれしくない経験だったことと思いますが、その反面、よい部分にも触れられたことでしょうね。イスラエルでもまわりのみんながあーでもないこーでもない状態で、有り難くもあり、ときどきお節介すぎて疲れたりも。(笑)

日本は・・・うーん、どうなっちゃうんでしょうね。ますますとんでもない事件ばかりで歯止めが利かない状態のような・・・。

またおじゃましに来ます。



http://ckphoto.exblog.jp

2007/9/20  17:00

投稿者:cherry / 管理人

★ハイジさんへ
ご訪問&コメント有難うございました。
日本がオーストラリアと戦争した歴史を知らない人って多いですよね。少なくても学校の教科書には出ていなかったと思います。歴史も受験科目なので、教科書に出ている以外の事ををあえて勉強することもなかったし。

オーストラリアに住んではじめて知った人も多いし、その事はオーストラリア人には納得のいかないことだと思います。

だからといって60年以上もたった今でも、直接戦争にかかわっていない私たちに生卵を投げたり、水をかけたりするのはどうかと思います。

日本人はアメリカに原爆を落とされたり、相当ひどいことされているにもかかわらず、アメリカ人を見て、その人がアメリカ人だという理由だけで乱暴はしないですよね。日本人はそういう意味ではすごいと改めて思いました。
スコットランドではどうなんでしょうか?

2007/9/19  23:05

投稿者:ハイジ

こんにちは!
ブログ訪問 有難うございました。
私もオーストラリアにいた時に、友達のご両親と戦争の話題になり、「日本とオーストラリアとの事は学校で習わなかったの?」と問い詰められて恥ずかしい思いをした事があります。戦争の事で日本の教科書に出てきた国々を挙げていくうち、その家族は呆れてため息をついていました。
オーストラリアには、日本が大好きな方々も大勢いらっしゃいますが、どこの国にも、歴史上の理由から、或いは何の根拠もない人種差別があるのですよね。
どなたの話も、車内で母と娘に絡んでくる男。情けない奴らですよね。言いたい事があるなら、言うべき相手に堂々と抗議しろって怒鳴ってやりたくなりますね。
そういう人間は酒に逃げて、自分より腕力のなさそうな人や小さな動物を虐待したりしているのだと思います。
「人種」や「戦争」というカードを使えば、どんな悪態も正当に響くだろうという卑怯な知恵が無意識的に働いていたのでしょう。皆で通報して、反省する機会を与えるべきだと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/w6_6vlovec6_6y

2007/9/9  12:42

投稿者:cherry / 管理人

★yukun588
ブラジルは来年移民100年祭なんですってね。日系140万人・・・凄いですね。

南米でもやはり白人主義なんですね。
オーストラリアは少し前まで白豪主義というか、徹底的な白人主義だったけど、その後随分変わりました。
ゴールドk-ストやケアンズなんて、きっと世界一移民が仲良く暮らしている都市ではないかと思います。
たまにそうでない人もいますが、そういう人は世界どこに住もうと居ますもんね。

奴隷の代わりに働かされていたんですね。過酷な労働だったって言う話は聞いていましたが。
それを日本の政府は知っていて移民として送り出したのだったのでしょうか。

ブラジルは連合軍に・・?
南米のことはあまり知らないので、教えて下さって有難うございます。
またブラジルのこといろいろ教えてくださいね。

2007/9/9  7:21

投稿者:yukun588

ブラジルは来年日本人の移民百年祭で、今や140万人の日系人が住んでいるそうです。
ヨーロッパなどから素行の悪い移民者が多かった中で、日本移民は礼儀正しく、その点は尊敬されたようですが、奴隷制度が廃止されコーヒー園などで奴隷の代わりに労働力として受け入れられた様です。
基本的にはラテン系の白人主体の国家であり、有色人種に対する差別意識は他国ほどではありませんが、皆無では無いと思います。
前の大戦ではブラジルは連合国側に付いたので、日本は敵国側だったようです。

http://yukun588.exblog.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ