2007/5/24

東大のオファーを蹴った、娘のオーストラリア人の友人  オーストラリアの学校生活

ヒルトンのインターンシップ・プログラムに参加している娘が、そこで知り合った友人の話に、(え〜〜!? うそ〜〜)と絶句の私。

彼女はオーストラリアの全高校の中でトップ何%かの、凄く成績優秀な学生だったらしい。当然どの大学からもオファーがあった。

彼女は高校で日本語を勉強していたので、日本の大学で勉強するのも悪くないなーと、日本の大学にも申請した。すると、なんと東大からもオファーが来たらしい。凄いよね。

ところが、彼女はその東大のオファーを蹴ったと言うのである。
蹴ると言うのはよくない・・・・行かなかったのである。

どうしたというと、結局彼女はどの大学にも行かなかった。
高校を卒業して、社会で働く事を選択した。 そう、ヒルトンに就職したのである。

そんな優秀な人、日本だったら絶対大学行く以外考えないよね。ましてや東大だなんてー。何年浪人しても、東大に入りたい人なんて山ほどいるもの。

彼女はあっけらかんとして言ったそうな。
「だって勉強なんて、面倒じゃない。 働いた方がお金ももらえるし・・・、と。

う〜〜〜ん、確かに。

オーストラリアの高校生は、みんながみんな、卒業して直ぐに大学行きを選ぶとは限らない。一旦社会に出て、自分がやりたいことががはっきり見つかってから、大学に入って勉強する。そういう人も多い。
叉は一度は大学に入って勉強していても、途中でやめて社会に出て、改めて大学に入り直す人もかなりいる。

そういう選択の仕方が出来るオーストラリアは、日本より勉強するにはいい環境だと思う。
だから大学には私達の年齢の大学生も多い。アメリカもそうだった。
日本も大学は若者だけよね。最近は少しは変わったのかな〜。社会人学生も受け入れているって聞いたけど。でも、まだまだアメリカやオーストラリアのような事はないでしょうね。


   人気blogランキング参加しています。
         オーストラリア情報 もよろしくお願いします。
0



2007/5/27  6:36

投稿者:cherry / 管理人

yashuさんへ
>主人が通っている大学も同級生は40代50代の方が多いようですよ。20代の方はあまりいないとか。

そうなんですよね。ご主人が通われている大学は娘と同じ大学なので、その事娘もいつも嘆いています。大学に若さがない、と。(笑)同年齢の友達がいないんですよ、みんな年上。
時々私も図書館とかに行くのですが、確かに私が勉強しても全く違和感ないです。

2007/5/27  6:28

投稿者:cherry / 管理人

ピコさんへ
通信制で勉強され、しかも卒業された方、本乙に尊敬します。しかも働きながらだそうで。
実は私もいろんな分野の勉強をしたくて、通信制も試みましたが、見事撃沈。
まず日本語教師養成講座。(撃沈)
アメリカンの大学(日本とアメリカの大学の単位を認めてくれたので、あと少しの単位を取るだけだったのですが、それでもだめ)
つくづく自分が根性なしだと分かりました。だからやり遂げた方、尊敬します。

>やっぱり何だかんだ言っても学歴社会だし、就職するのに年齢というハードルが高いから。
ですね。就職に年齢制限だけはなくして欲しいですよね、

2007/5/27  6:19

投稿者:cherry / 管理人

リリさんへ
>ある程度働いて金銭的に余裕ができてから安い大学に行きます。
そうですね、アメリカ人の私の友達とかもそうでした。大学選ぶ時、奨学金がもらえるかどうかが一番のポイントだったみたいです。日本のように親が授業料や生活費を出してくれない場合の方が多いので。

私の親友はUCLAからも奨学金付きのオファーを貰ったんですけど、ロスは生活費が高く、いくら授業料が無料でも生活できないからと、あのUCLAを諦め、地元の大学(奨学金と生活費の両方付きのおファーを貰った)に行きました。

日本ではどこの大学に入るかが大事だったので、凄く驚いたのを覚えています。どこの大学で勉強するかというより、何を勉強するかの方が重要だと考えている人が多いと思います。

アメリカも日本も学歴社会だと思います。オーストラリアはちょっと違うかも?勿論大卒しかつけない職業もあります。でもそうでない職業では高卒でもいいポジションにつけたりします。経験とかもかなり重要視されるみたいです。
(と言っても私は働いた事がなく、あくまでも人から聞いた話ばかりですけど)

オーストラリアの大学は、私立の大学が1つだけで、あとは28大学全て国立大学なんです。だから授業料は全て同じだと思います。(多少の違いはあるのかもしれませんが)
オーストラリア全土で30大学もないというのは、つい最近まで知らなかったです。だから大学に入るのも卒業するのも難しいです。


2007/5/26  21:20

投稿者:yashu

確かにオーストラリアはいつになっても勉強がしやすい環境なのでしょうね。
主人が通っている大学も同級生は40代50代の方が多いようですよ。20代の方はあまりいないとか。

社会に出てからやりたいことが見つかって、それから大学に入る。そういうのも自然な流れなのでしょうね。

2007/5/26  15:08

投稿者:ピコ

私自身は高校を出て就職して、働きながら通信制で大学を出ました。
でも子どもには大学まで出てから、就職してほしいなあと思っています。
やっぱり何だかんだ言っても学歴社会だし、就職するのに年齢というハードルが高いから。



2007/5/26  11:26

投稿者:cherry / 管理人

ひちんさんへ
>いったん社会に出てから、大学へ行くっていいですね。
本当ですよね。

実はアメリカに住んでいた時、家具職人を長年してた人が、ある日コンピュタープログラマーになりたいと、仕事をやめて大学に通い、実際転職を果たしたんですね。全く畑違いの仕事につけるアメリカにびっくりしたと同時に羨ましかったです。(20年も以上の話ですけど。その頃の日本ではそんな事全く考えられない状況でしたから。)

それにしても、日本でも80歳で大学で勉強されるバイタリティ溢れる方がいらっしゃるんですね。これからもそういう方がもっともっといって増えて欲しいですけど。(確かに日本だと大ニュースでしょうね)

2007/5/26  10:55

投稿者:cherry / 管理人

りんださんへ
コメント有難うございます。
>原産地からの書き込みですかぁ〜〜〜なんかとっても感激です(。^p〇q^。)プッ
なんて言っていただけて嬉しいなぁ〜。ブラシの木っていう名前、面白いですよね。なんかその花でコップ洗いたくなりますもん。
面白い木なので、いつかこのブログでも紹介したいと思います。有難うござざいました。

2007/5/26  9:57

投稿者:りり

アメリカでも、同じような人はいます。でも、普通はやはり高校を出たら大学ですね。
というのも、学歴によってつけない(収入のいい)職業があるからです。そのため、経済的な事情で大学にすぐに行かれない&奨学金がもらえない人は、ある程度働いて金銭的に余裕ができてから安い大学に行きます。

大学に行かずにヒルトンというのは、そんなにヒルトンが高給なのでしょうか。う〜ん。びっくりなお話でした。

日本もアメリカも、やはり大学は重視しますね。
日本にいた時に、アメリカ人が高卒の友人に「あなた、高卒なのにエンジニアなの? 他の大卒の人たちと一緒なんて信じられないわ。大変な思いはしないの?」などと微妙な質問を投げかけて、固まった覚えがあります。

http://noriko-ca.tea-nifty.com/

2007/5/26  0:34

投稿者:ひちん

こんばんは^^
いったん社会に出てから、大学へ行くっていいですね。
日本では考えられない…
私の大学には80歳くらいのおじいちゃんがいたことがあって、
何回かテレビの取材が来てました〜
珍しいんでしょうね☆

http://blog.goo.ne.jp/kimumisuzu55

2007/5/25  22:04

投稿者:りんだ

初めまして・・・先ほどはコメントありがとうございました。
オーストラリアと日本てやっぱり考え方に違いがありそうですね。これからこちらでオーストラリアのことを沢山教えていただいて世界を広げられるかと楽しみができました。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ