2007/6/8

日本では考えられない、今オーストラリアで流行のダイエット  

オーストラリアで今、話題の本
The CSIRO Total Wellbeing Diet」によれば、
一日に肉、特に赤身の肉を300グラム摂取することで、健康的なダイエットができるのだという。

1日、肉300g
それ聞いただけで、これ本当にダイエットにいいのかどうか疑ってしまった私。大体普通日本人だと1日肉300gも食べないよね。 日本人からすれば考えられない発想。

ところが、これがオーストラリアのダイエットとなると妙に納得できるのが不思議。
つまり、肉を300グラム取ることで、チップス(フライドポテトやポテトチップス)、その他の甘いお菓子の摂取を減らそうと言うのがねらい。

オーストラリアのスイーツって本当に半端ではないくらい甘い。ケーキなんて砂糖の塊を食べているようなもの。本当にオーストラリアでは何でも砂糖を入れて甘くするんですよね。

例えばマヨネーズにケチャップ。
これがすごく甘〜〜〜い
ケチャップはまだ我慢できる。でもマヨネーズだけは甘過ぎてマヨネーズの味がしない。だから日本人の殆どは、日本から輸入された日本製の高いマヨネーズを泣く泣く買っている。(泣く泣く買っているのはうちだけかも?)

以前に我が家にホームステイした、日本の大学からきた朝鮮族の留学生が、アイスクりームを買ってきた。でも一口食べて、それを捨てようとしたので、
「食べ物を粗末にしちゃあだめ! って叫んだ私。、
「でも、このアイスクリーム甘すぎてこれ以上食べられないです。
って言う言葉に納得! そしてそれ以上何も言えなかった。(本当にそうだよね〜)って。

それから、お店でチップス(フレンチポテト)を注文すると、山ほど出てくる。一人分と言われても、これ3人くらいで食べれる量。でもオージーは難なく食べちゃう。しかも何かあるとこのチップを食べる。これ凄いカロリー

肉をしっかり食べて、そういうジャンクフードを減らせば、カロリーも減る。

ということで、1日300gの肉を食べてダイエットは、ここオーストラリアでは画期的なダイエットになったと言うわけ。 まあ頷けます。

日本では肉が高すぎて1日300gも毎日肉を食べてたら、食費が予算オーバーしそうですけど。


さて今日の英語 【後で後悔するよ
 例えば、ダイエット中の人がケーキに手を出そうとした瞬間に、このせりふを!
・ You'll be sorry.
・ You'll be in trouble.
・ You'll regret it (later).
  (反対に言われたりして・・。)


  人気blogランキング参加しています。

ついに【オセアニア情報】5位にかえり咲きました。昨日応援のクリックしてくださった方、有難うございました。今日は風邪気味でしんどかったけど、記事UPする元気が出ました。(あ〜、なんと単純!)
又、今日も記事を読まれましたら、ランキングが下がってないかチェックの応援クリックお願いしま〜〜す。
    <fontcolor="800080">オーストラリア情報</font> も、今は一位ですが、今日はどうかな〜???

1



2007/6/11  9:49

投稿者:cherry / 管理人

Pekoちゃんへ
>野菜スープダイエット、メニューの、何日目かに、牛肉もしくは脂のない肉を1日400gぐらい食べる日があるのですぅ。

1日400gって、凄い。何日目か、ってことは大体1週間に1度くらいなのかな〜?
普段は全く肉をとらないで、まとめてとるって言うのも案外ダイエットにいいのかも?


2007/6/11  9:44

投稿者:cherry / 管理人

bebeさんへ
>メキシコのマヨはチレ(チリ)入りがほとんどです(笑)他にもライム入りとかあるんですよ

まあ、お国が違えば、マヨの味もバラエティ豊かですね〜。どちらもどんな味か想像つかないけど・・・。

2007/6/11  2:17

投稿者:PEKO

野菜スープダイエットってのがあって、それは、野菜スープはいつも飲むのですが、決まったメニューの、何日目かに、牛肉もしくは脂のない肉を1日400gぐらい食べる日があるのですぅ。ダイエット中はたんぱく質が不足するからだって。利にかなってるのでは

2007/6/10  20:04

投稿者:bebe

こんばんは☆
マヨネーズの話で・・・
メキシコのマヨはチレ(チリ)入りがほとんどです(笑)他にもライム入りとかあるんですよ。私は日本の某○ピーが好きですが、メキシコのライム入りもなかなかでした^^

2007/6/10  9:05

投稿者:cherry / 管理人

トモミさんへ
手作りマヨネーズの作り方を紹介して下ってありがとうございました。
そうそう・・私も挑戦しました。確か小学校か中学校の家庭科で習いましたよね。

でも・・自分で作ったマヨネーズはいまいち味がピンとこなかったんです、そう、クリープの入っていないコーヒーみたい(古いCM)。
多分、作り方がまずかったのでしょう。紹介してくださったサイト、いいですね。再度挑戦します。丁度今、マヨネーズを切らしているところだったので、グッドタイミング!

オーストラリア在住のみなさ〜〜〜ん、この手作りマヨネーズに挑戦してみませんか?
保存料とかが入っていないので、安心して食べられるし。ちょっと混ぜるのに根気が要りますけど。トモミさんは私達の救世主で〜す。(笑)

2007/6/10  8:54

投稿者:cherry / 管理人

yashuさんへ
やっぱりこっちに住んでみてびっくりすることの1つですよね、マヨネーズの味。アメリカのマヨネーズは反対に酸っぱいそうで、オーストラリアのが甘いと聞いてびっくりしてました。やっぱりアメリカ在住の日本人も、日本製の高いマヨネーズを買っているって言ってました。
こうなると、キューピーマヨネーズの味はキッコーマン醤油同様、海外に住む日本人になくてはならない日本の味になっちゃってるみたいですね。

>以前うちの主人も肉と野菜だけを食べるダイエットでずいぶんやせました。
効果あるんですね。って、ご主人カナダ人ですよね。ご主人の体質にあってるんですね、そのダイエット。

2007/6/10  1:07

投稿者:トモミ

こんばんは^^
オーストラリアの食環境はアメリカに似ているのですね、それでは肥満になってしまいそうで心配ですね。
ずっと昔、私は学校の調理実習でマヨネーズを作ったことがありますよ。
材料は、卵黄1コ、サラダ油、ワインビネガー、塩コショウだけだったと思います。
わりと簡単に出来たのですが、ちょっとしたコツがいります。
ここで念のため調べたら、サラダ油以外をよくよく混ぜてから、ゆっくり少しづつサラダ油を入れるのでした。
↓ここに行ってみてくださいね。
http://oisiso.com/mayonnaise.html

お忙しいと思いますが、経済的だし安全だし、一度お試しになってみてはいかがでしょう?

2007/6/9  22:48

投稿者:yashu

うちも引越ししてきてマヨネーズの甘さにビックリ仰天しました。もちろんキューピーを泣く泣く買ってます。
しかも私の体重も5Kg増。間違いなく砂糖のせいですね。
以前うちの主人も肉と野菜だけを食べるダイエットでずいぶんやせました。体質が違うんですね。



http://blogs.yahoo.co.jp/ymoote

2007/6/9  20:32

投稿者:cherry / 管理人

CHIGUSAさんへ
>うちも泣く泣くキューピーです。
よかった、うちだけだったらどうしようか、って思ってましたもん。日本からの輸入キューピー、大きいのって10ドルするでしょ、買う時考えて買います。(マヨネーズに1000円は高い)

そう、こっちの人は、肉、本当に好きですよね。しかも食べる量が凄い。よくBBQしてますよね。そばを通ったらいい匂いがして、その匂いだけでお腹がいっぱいになることがあります。(どんなお腹だって?)

2007/6/9  20:24

投稿者:cherry / 管理人

まめきちさんへ
>日本人には向かないダイエット方だけど、欧米人には向いてるんでしょうね。

そうなんです、日本人向きのダイエットではないと思います。いえ、今回もダイエット法として紹介したのではなく、オーストラリアではこんなびっくりのダイエット法が人気だということを知ってもらいたくてお知らせしただけ。お国が違えば・・・っていう。

そうなんですよね、日本人は農耕民族だから、肉食は体質に合わないそうですね。最近欧米の食事を多く食べるようになってやっぱり病気も増えたみたいで。
腸の長さ、よく言われますよね。やっぱり本来の健康的な日本食が、日本人の体には一番合っているのでしょうね。

>エコの時代に肉の大量摂取は環境破壊へまっしぐら・・・「鯨を食え」ってOGには言いたい!←嫌味?
この嫌味、オージーには届かなさそうです。(涙)

日本人は肉80g、この辺がいいんでしょうね。こっちのレストらrんでステーキ頼んだらびっくりしますよ、そのボリュウムに。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ