2007/9/3

天国に行くお手伝いをする猫  ペット

死を察知する猫がいるらしい。
ロードアイランドのプロヴィデンスにある介護施設で飼われているネコのオスカーがその猫。

クリックすると元のサイズで表示します

このオスカーがここの入居者のもとを訪れると、施設スタッフの間には緊張が走る。何故ならオスカーは、あと数時間で亡くなりそうな人が誰かを感じ取ることができるからだだって。そんな猫が実際にいるのね。

 オスカーが、認知症の末期段階にある人々が入居しているこの施設建物で飼われるようになって2年。プロヴィデンスにあるブラウン大学のデイヴィッド・ドーサ博士によると、この2年間に施設で亡くなった入居者のうち25人について、その少し前にはベッドサイドにオスカーの姿があったという。

 ドーサ博士は、医学専門誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンでオスカーについての記事を発表した。

 ブラウン大学で地域医療の教授をつとめ、この介護施設の患者を診ているジョーン・テノ博士は、「このネコが常に、もうすぐ亡くなる人の横にいた、という訳ではありません」と語った。「でもオスカーは必ず、死期が間近に迫った人のもとに姿を見せ、そしてそれは常に、最後の2時間以内であるようなのです」。

 子猫の頃から介護施設で育てられたオスカーは、よく入居者のもとを訪ねてまわる。だが、入居者のもとを訪れて丸くうずくまると、医師や介護施設スタッフは“家族を呼ぶときが来た”と察知するという。

厳密に調べるのは難しいが、イヌやネコは私たち人間には感じ取れないものを感じ取る力があるのではないか、っていわれている。

 ドーサ博士によると、ある日、オスカーは313号室の入居者のベッド横にうずくまった。それを見たスタッフは、すぐに家族に連絡し、“そのとき”に備えた。

駆けつけた孫が、なぜベッドの横にネコがいるのかと尋ねたところ、その母親がこう説明したという。
あのネコは、おばあちゃんが天国に行くお手伝いをするためにいるのよ」。
313号室の女性は、その30分後に息を引き取ったとのこと。

なんとも不思議な猫ですよね。  (一部ニュース引用)

 人気blogランキングへ この猫にポチッと一票を!
オーストラリア情報 は○位です。

0



2007/9/6  10:03

投稿者:cherry / 管理人

★Lunaさんへ
いらっしゃいませ♪コメント有難うございました。
動物って人間が失ったいろんな能力をたくさん持っていると私も思います。
確かに癒されるけど、お世話も日々大変ですよね。

2007/9/5  23:48

投稿者:Luna

先日は、私のブログにコメントいただき、ありがとうございました☆
動物好きなので、この話題、とても興味深く読ませていただきました。
動物って、人間が失くしてしまった何かを持っているんだと思います。

私はペット達に日々癒されていますが、困ったこともたくさんあります。。
うちの子にもそんな秘めた能力があるといいな…。



http://letsgotoaus.blog.shinobi.jp/

2007/9/5  10:10

投稿者:cherry / 管理人

★ふゆさくらさんへ
オスカーのことがふゆさくら家で話題に?ひょっとしたら犬三(オスだった?)不思議な能力がありそうですよね。癒し効果は抜群!

死の間際ってどうなんでしょう?私は全然怖くはないんです、昔から。 きっとみんなその瞬間は怖くないと思います。
(・・って誰にもわからないよね。そのうちわかる時が来ますけどね、誰にでも。それまでは今の人生精一杯楽しまなくちゃ・・・ね。)

2007/9/5  3:36

投稿者:ふゆさくら

この猫ちゃんの話は我が家でも話題になりました。普段はこういう話にあまり興味を示さない主人も、世の中には解明できないことって実際あるんだよなぁとしみじみと言っていました。
死の瞬間・・・やっぱり恐怖なのかしら?一人で逝かなくてはいけない寂しさもいっぱいなのかしら?後悔や恐怖、不安に心を占領されないように、安らかな心で旅立てるように、オスカーが家族との時間をプレゼントしてくれているのかもしれないですね。


http://diary.jp.aol.com/gpaamff/

2007/9/4  18:20

投稿者:cherry / 管理人

★Kaorinさんへ
オスカーはきっと天国からの使者なのかもしれませんね。

自分の死期は、その間際になるとわかると言われていますよね。そう言う話はたくさん聞きます。だから私も多分そうじゃないのかなって思っています。

きっとおじい様、わかっていらっしゃって、心の準備とお別れの準備をされてたんだと思います。
そう言う風にこの世の人たちとお別れできたらいいですよね。きっとおじい様は心残りなく逝かれたのだと思います。その方が家族としても安心できますよね。


2007/9/4  18:12

投稿者:cherry / 管理人

★ピコさんへ
人間にもそうゆう不思議な力があったと私も思います。そう、文明の発達とともに失ったのでは・・って。

2007/9/4  18:09

投稿者:cherry / 管理人

★はじけ猫さんへ
動物には癒し効果がいっぱいあるみたいですね。そうそう、動物を撫でていると心拍数が落ち着くっていうの、私も聞いたことがある、ある。

まだまだ科学で証明できない不思議なことっていっぱいあるよね。
証明できないから、あり得ない、と否定するのは了見が狭いというものだって事、私も同感です。

2007/9/4  3:35

投稿者:Kaorin

亡くなる方も、オスカーが側に居てくれるので、一人じゃないと心強く感じるのかもしれないですね。友人のお母さん、私の父方の祖父は、共に、亡くなる時期が自分で分かっていたようです。

友人のお母さんは、家族宛、そしてお葬式に参列してくれるであろう友人達に向けて、お別れの手紙を残していました。「さよならは悲しいけど、その時が来ました。今までありがとう。さようなら」最後はそんなような内容だったと思います。
父方の祖父は、亡くなる4日前、私の母にお礼を言いました。お世話になった他の方の名前もあげ、お礼を伝えるよう、母にお願いしました。その上で、私をカナダから呼び寄せました、「早くしないと、間に合わない」という言葉で。週に3回、11年間続けていた透析。「今週で透析は終わりだ」とも。本当に、その週の最後の透析を終えて、危篤状態になり天国へ旅立ちました。

不思議ですよね。私は呼び寄せてくれた祖父に感謝しています。最期に会えたから。きっと、オスカーに感謝している人がいるはずです。

2007/9/3  23:27

投稿者:ピコ

人間も昔はそういう能力があったのかもしれない。
文明は発達したけれど、人間が失ったものはかなり多いのではないでのでしょうか。

2007/9/3  22:26

投稿者:はじけ猫

アニマルセラピーの話はよく聞きます。
犬やオウム、イルカなどを使って自閉症の子供達や、施設のお年寄りを癒す方法ですね。
動物を撫でていると、不思議と心拍数が落ち着くそうですよ〜。
もしかしたら、オスカーにもそんな能力があるのでは?
誰でも避けて通れない「死」。
そんな問題を、彼が側についているということで、いくらか恐怖が緩和するのでは、と
思いました。
この世には科学では解明できない事が山ほどまだある。
証明できないから、あり得ない、と否定するのは了見が狭いというものだと思うのです。


http://diary.jp.aol.com/8cmpynp78


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ