2006/10/31

飲酒運転  (drunken driving ・drunk driving) 時事英語  英語

私は時々このサイト出時事英語を勉強してる。
わかりやすくまとめてあって参考になるから。

時事英語のサイトはこちら  http://rnnnews.jp
で、今日はdrunken driving (飲酒運転)について。(米語では drunk driving というらしい。英語と米語って時々違うからややこしい)
都内で70人が飲酒運転で捕まったらしい。ここ最近この飲酒運転が凄く問題になっているにもかかわらず・・・。70人の検挙とは驚き!

そういえば、おとといの夜中、凄い衝突音がして目が覚めた。




車同士が衝突した音。
かなりの猛スピードを出していたと思われる。が、どうもその車はそのまま猛スピードで逃げ去ったみたい。近所のみんなが外に出た時には一体何が起ったのか誰にもわからなかった。暗くて。
で、次の朝、うちの前の家の車にぶつけられた跡が。しかも塀はぶち壊されていた。
drunk driverによるものは明白。

オーストラリアで運転免許を取り上げられたら生活に困る。運転手は誰もいない真夜中の道路で、逃げるが勝ち!とでも思ったのだろうか?
今頃キッと胸が痛んでいるはず。(だといいんだけど・・)

日本は違反をすると点数が減っていくシステム。
ところがオーストラリアは0からだんだん増えていく。
確か3年間で12点とかになったら免許を取り上げられるみたい
スピードオーバー10キロでも3点加算。と言うことは3回違反をすると免許取り消し?日本より厳しくない?

ちなみに免許取立ての最初の1年は4点になった時点で取り消しみたい。1,2回の違反で。日本もそれくらい厳しくてもいいのかも?若者の事故が多いから。

そうそう、日本人は日本の免許を持っていると、ペーパー試験だけでオーストラリアの運転免許をもらえる。同じ右ハンドルだから。
で、しかもその免許、日本でそのまま書き換えるだけで有効らしいから、若い人はこっちに免許取る為に来てる人もいる。
日本で取るより断然安いもの。

ちなみに私はアメリカでも運転免許を取った。当時たった10ドルで取れた記憶がある。ありえない値段。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ