2007/10/17

Love Is Me and You. (ラブメッセージ)  恋愛

ちょっと素敵なラブメッセージでも書きたいなって思った時、日本語だったら恥ずかしくて書けない様な事も、英語だったらストレートに自分の気持ちを書けたりしないですか?

英語ってストレートに言う言語だからかもしれないけど。
日本語で愛の言葉って、ホント恥ずかしい。

好き!って言えても、
  愛してる! なんてね・・・。
       ・・どうも口から出てこない。

ちょっとしたラブメッセージの本を見つけたんです。それがこれ↓
  
クリックすると元のサイズで表示します

シンプルな、中学英語 だけのラブメッセージ。
でもこのシンプルさがいいのよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
 
    (クリックすると大きくなり読みやすくなります)
   クリックすると元のサイズで表示します

こういう表現って、英語ではよく使わないですか?
日本語だったら、ちょっとキザって思っちゃうけど。(笑)
尤も英語でも、何もココまで言わなくても・・なんて思うこともあるんですけどね。
  
    クリックすると元のサイズで表示します

最後のはイラストがとっても可愛いので。
このイラストを参考に、自分の言葉でちょっとしたラブメッセージを書いてみるのはどうでしょう・・?

こういう場合、メールではなく、手書きの手紙がいいですよね。

ぽちっとお願いね で、又おいでくださいまし〜!
       ↓            ↓
人気blogランキング   &   ブログ村ランキング
0



2007/10/18  1:16

投稿者:りり

愛情表現するときには、日本語と英語、かなり気分が変わりますよね。
アメリカ人は、同性に対しても、日本人では恥ずかしくて言えないようなこと平気で言えてしまうのに驚きます。
身体での表現もすごいので、言葉にしろ、ジェスチャーにしろ、日本人は表現が下手な人種なんだなぁーとしみじみと感じてしまいました。


http://noriko-ca.tea-nifty.com

2007/10/17  17:16

投稿者:Kaorin

こんばんは。可愛らしい本ですね。心がポッと暖かくなる感じがします。確かに、日本語だと遠まわしな言い方が多くて、ストレートな気持ちを文章にすると恥ずかしくなりますね(笑)。そういう時は、英語の方が便利かもしれないです。さらっと言えますからね。

元彼は日本人でしたが、カナダ生活が長く、私が始めての日本人GFでした。なので、そういう言葉はいつも英語でしたよ。日本語じゃ言えなかったのかな〜(笑)。

今の彼はこちらの人ですが、やはりかなりストレートに表現します。でも、それを素直に受け取れる。これが日本語だったら、恥ずかしくなって、誤魔化しちゃいそうですけどね。

Without you...のところ、確かに英語では色んな例えしますよね。この前、私は日本語でしたが、彼と会えないVan旅行を、”天ぷらうどんの天ぷらが無い”と表現してみました(笑)。私の落胆振り、伝わったかな?

2007/10/17  17:00

投稿者:はじけ猫

うわ〜♪いいわ、こういうのって♪
どうも日本人は感情をストレートに表すのって苦手よねえ。
毎日ちゃんと奥さんに「愛してるよ」って
言やぁ、どこの家庭も円満なのにぃ。
照れくさい、なんて日本人らしいわあ。
でも、文化の違いか土壌の違いか
「好き」は言えてもなかなか「愛してる」って
言えないのが悲しいね(笑)。
I am forever blue...without you.
この言葉にTKOだ〜〜!!
それにしても恐るべし、
ふゆさくらず坊ちゃまのクラスメート!
将来が楽しみだわね〜♪
どんな情熱的な女性になるのかしら?

http://diary.jp.aol.com/8cmpynp78

2007/10/17  15:04

投稿者:ふゆさくら

本当にイラストがかわいいですね〜(^^)
ほのぼのしました。。。
ラブレターと聞いて、ふと頭によぎったのが最近の息子T(小3)の話。。。
スレンダーな金髪のかわいらしい女の子が、Tの友達の日本人の男の子を毎日「好き好き♪だーいすき♪」と追い回していているんですって。そして、彼を振り向かせようとTに「日本語でLOVEってなんていうの?」と聞き、「好き」という言葉を教えるやいなや、連日使いまくっているそうです(笑)「JUST FRIEND!」とか「NEVER!」とか言って断っても、全くめげず「その言葉は私に対してのものじゃないわ!」と一蹴。。。
すばらしいファイティング魂!!!
きっと彼女にラブレターを書かせたら、ものすごく熱烈なラブレターを書くんだろうなぁと想像して笑ってしまいました(^^)


http://diary.jp.aol.com/gpaamff/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ