2007/11/9

信じられないような奇跡が次々に起きて・・・  

ただいま〜!
帰って来ました、2週間の一時帰国から。

先月約2か月滞在した一時帰国から帰ってきた時の場合と比べたら、今回は気分も全然違います。
前回一睡もできなかったフライトも、今回はぐっすり。目が覚めたら、すでに翌朝…よく眠れました。

私が日本にいた2週間の間に、父はみるみる回復し、信じられないほど元気になったんです。
前の記事にも書いたけど、まさに奇跡

3か月前に突然、頚動脈閉塞で倒れた時は、医師に普通は助かっていない命で、こうして生きていることは奇跡です、って言われた。

その奇跡にとても感謝したのに・・・、
     人間(私)って欲張り ですよね。

生死をさまよっている時って、(寝たっきりになろうと何だろうと、とにかく命だけは助けてください)って必死で祈った。

そして今度命が助かると、
(どうぞ、ご飯が食べれるようになり!)
(話ができるようになりますように)
(目が見えるようになりますように!)
・・・ETC ってどんどん願いが増えていって・・・。(笑)

でもね、ウソみたいにどんどん願いがかなえられていったんです。
この2週間で、父は信じられないほど 回復しました。

まず、前回こっちに帰ってくるときは、流動食しか食べれらないばかりか、水も一切飲めなかったんですね。

今回水も飲めるようになったし、ご飯も普通に全部食べられ、まだ足りないくらい。
あんなにも食欲がある父を見たのは生まれて初めて。父も自分でびっくりしていました。
ご飯がしっかり食べれるようになれば、元気になりますよね。

コメントにも書いたけど、ほとんど見えなかった視力が回復し、すっかり見えるようになったんです。医師に 失明も覚悟をするように言われていたので、こればかりは奇跡だと思っています。

前回、「暗くなったから電気をつけてくれないか?」って言われた時のショックを思い出します。真夏のカンカン照りのお昼の出来事だったから。一生うす暗い中で人生の最期を迎えなんて・・って憂いていました。

よかった! 本当に!
一人でさみしい時はテレビを見ることもできるし・・。

それとね、入院する前は耳が遠くて、よく聞こえなかったんです。補聴器もしていたのに、今でよく聞こえるようになり、補聴器どころか、

   地獄耳

ベットの足元で小さな声で話していた声も聞こえ、
 「おい、全部聞こえているぞ!」だって。

こういうことってあるんですね。

その上、これは家族のだれも信じられないことなんだけど、酒とたばこ はどんなに言おうとやめなかった父が、この3か月全く口にしないばかりか、ついに、

酒とたばこはやめる!」と宣言までしてしまったんです。

こんもせりふは父の人生にはありえないとだれもが思っていたので、やっぱり奇跡です。
たばこと酒をやめるくらいなら死んだほうがましだ と常日頃言っていたし、私たちもそれ以上何もいわないことにしていたんです。(言っても無駄なので)

まさに人生の転機
いい奇跡です。

きっと以前より健康な生活が送れ、長生きしそうです。
半身不随はまだ続いていますが、きっとリハビリも頑張って車いすで自由にどこへでも行ける日が来ると確信しています。

こんな日が来るなんて、この前の一時帰国からは想像していなかっただけに、とても嬉しくて、たった2週間でも帰ってあげてよかったなって思っています。

ウェインさんをはじめ、皆さんが一生懸命祈って下さったおかげだと思って感謝しています。
ありがとうございました。

今回、私も新しPC買ったんです。
勿論、東芝のDYNABOOK
今まで「 」の 」が表示されなくて困っていたので、よかった〜。

ケアンズは暑いです。
プールの水もお風呂みたいに暖かいし。
 
祈り は通じる。
本当にそう思いました。

皆さんのブログにもお邪魔させていただきますね〜。

しばらくブログをお休みしていたら、30位出ちゃいました。
25以内にいたので、ぽちっとお願い★


■ランキングの応援よろしくお願い・・・・・します■
人気blogランキング   &   ブログ村ランキング

0



2007/11/11  12:55

投稿者:cherry / 管理人

★ ピコさんへ
ピコさんのこの言葉、凄く気に入っています。

>お父様は三途の川を渡ろうとして
 向こうから誰かに
 きっとまだ来るのは早いって
 言われたんだと思うわ。
 その時にお酒とたばこを取り上げられちゃ ったんじゃないのかしら。

私もそう思います。(あはは・・)
ピコさん、ありがとう。


2007/11/11  12:52

投稿者:cherry / 管理人

★ PEKOちゃんへ
脳を手術すると人間性が変わるってことあるんですって?
あるかもね・・。

父は脳の手術ではなく、頚動脈だけど、でも脳に影響があったから、人間性も変わったかも?(笑)
いい方に変わってくれてよかったです。
恐怖で凶暴になるケースも多いそうなので。

2007/11/11  12:48

投稿者:cherry / 管理人

★ phrayさんへ
病気になった時って、やっぱり家族の愛って一番なんだろうなって今回凄く思いました。
phrayさんも、日本に行っている息子さんのこと気になりますよね。
遠く離れていても、家族の愛は伝わると信じています。

2007/11/11  12:44

投稿者:cherry / 管理人

★ NAOさんへ
わ〜、身内のごとく回復を喜んでくれて、さんきゅーです。
NAOさん、来月帰省されるんですって?しかも4年ぶり。
ご家族の方、凄く楽しみにされているでしょうね。
しっかり親孝行してきてくださいね〜!


2007/11/11  12:39

投稿者:cherry / 管理人

★ りんださんへ
おかげさまで、今はほっとできるようになりました。
前回帰ってきてからの1ヶ月は心配でよく眠れなかったから。

それがね〜、新しいPCより前のPCの方が断然性能がいいんですよ〜。WINDOWS VISTAよりXPの方がずっと使い易いんです。
性能がいいPCに私の頭がついていかないのかも? (ドキッ!)

2007/11/11  11:51

投稿者:ピコ

cherryさん、おかえりなさ〜い。

お父様は三途の川を渡ろうとして
向こうから誰かに
きっとまだ来るのは早いって
言われたんだと思うわ。
その時にお酒とたばこを取り上げられちゃったんじゃないのかしら。

cherryパワーはまさに親孝行パワーで、
私も見習わなくてはと思います。


2007/11/11  1:23

投稿者:PEKO

おかえりなさい!って、私は日本だから遠くなったんだけど。。。いい方向に向いてホント良かったよ!よく聞く話だけど、脳の手術をすると、突然人間性が変わる事良くあるんだってね。怒りっぽかった人が、すごく穏やかになったり、その逆も。お父さんの場合はいい方に変わったので、これからの人生又楽しめるね。

2007/11/11  1:15

投稿者:phary

cherryさんおかえりなさい。
お父様回復なさって本当によかったですね。
今回cherryさんがご帰国なさったことも。お父様の奇跡的な回復の一要因だったと思いますよ。
「病は気から。」ということは本当だと思います。
「cherryが帰ってきた。そばにいてくれる。」といううれしい気持ちが、回復力に拍車をかけたのだと思います。

http://blog41.fc2.com/phary

2007/11/10  23:50

投稿者:NAO

お疲れ様でしたね、でも奇跡的な回復で他人事ながら身内のごとく嬉しく思ってます。
しばらくはまたケアンズから日本に願いを念にこめて送ることでしょうが、私も一日も早い完全復活を願ってます。

私の両親も高齢なので心配です。嬉しいことがあったので来月帰省の予定、4年ぶりかな。

2007/11/10  18:18

投稿者:りんだ

お疲れさまでした。
お父様の奇跡的な回復本当によかったですね。これからもどんどんよくなって心配が少しでもなくなるといいですね。
パソコン新しくされたんですね。嬉しいことがいっぱいでよかったですね♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ