2007/12/3

いきなりドイツに行こうと言われても・・・。  ひとりごと

12月に入り、クリスマスも目の前。2週間のクリスマス休暇、殆どの人は予定は立てているのでしょうね。
うちは今年もケアンズ周辺でのんびり過ごす…つもりだったんだけど、主人がいきなり、

「クリスマスを ドイツで過ごそう!」と言い出した。

「あのね、クリスマスまであと3週間よ。今頃飛行機の予約なんて取れないよ。」

なんとすでにその辺は調査済み。まだOKらしい。

ところが大問題。
なんと私は冬服を1枚も持っていない のである。

年中暖かいケアンズに冬服は必要ない、そう思ってつい先日日本に一時帰国した時に、全ての冬服を持って帰ってしまった。いずれ近いうちにドイツに行くことになるだろうとは思っていたけど、当然夏の話だと思ってたし。
長袖のブラウスさえ持っていない。
当然コートだって要るでしょうし。零下何度の世界でしょ。(ぶるぶる・・)

・・・・・ってことで、この話は、おじゃんに!


ところがである。
昨日ドイツに住んでいる主人のお義母さんから電話があり、なんと冬服を持っていないのなら、全部お義母さんが貸してくれるというのだ。

毎年クリスマスを家族で過ごしていたのに、去年初めてオーストラリアに来れなくなって寂しいクリスマスを過ごしたから、今年こそはなんとしてでも、ってことらしい。

いくらなんでもお義母さんの服はね・・・。
って思うでしょ。
ところがどっこい、主人の義母さんは若くて服のセンスも私と似てる。以前に一緒に買い物行った時も同じスカートを気に入り、サイズ違いのお揃いのを買ったことがある。

「でもさ、サイズが違うし・・。お義母さんのはいくらなんでも大き過ぎるよ。(私はサイズ8だけど、お義母さんはサイズ14。)ちょっとね・・・、」

「いや〜。お袋も以前は痩せてたから、その頃のなら着れるよ。」と、旦那。

……突然の降って沸いたような話に、どう対処していいかわからない私。

冬にドイツに行くことは、今まで一度も頭の中をかすめたことなかったもの。

「やっぱりヨーロッパに行くんだったら夏にしようよ! 冬は寒いから行きたくないな〜」 ましてや人様に洋服を借りてまで行くなんてねぇ〜。

いや〜、こういう場合、普通、みんなどうするんだろう?

「ね〜、貴方だけ里帰りしたら?」と主人一人帰ることを勧めた。でも一緒に行かなければ意味がないという。
う〜〜〜〜ん、どうしよう・・。


じゃ〜ん! ついに塀の外に植えたプルメリアの木にも花が咲きました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで3本目。プルメリアの花の種類って沢山あるのだそうで、3本とも花が違うんですよね。

1本目が黄色の花で、↓
クリックすると元のサイズで表示します

2本目が白。↓
クリックすると元のサイズで表示します

あと7本の木にはどんな花が咲くんだろうって、今からわくわく。


実は昨日また違うコーヒープランテーションに行ってきたんだけど、その途中で凄い家発見!
別名,プルメリア館
何しろ家の四方にプルメリアの木を植えている。その数ざっと5〜60本。いろんな花が咲いていて、おそらくオーストラリアでもこれだけの種類のプルメリアの木を植えている家は多分ここだけだと思う。
写真を撮ってきたので、またUPします。
0



2007/12/7  18:50

投稿者:cherry

★ あちこさんへ
冬のミュンヘンに? 寒そう。
主人の両親が住んでいる街はシュトゥットガルトで、南ドイツみたいです。

あちこちゃん、メール送りましたね。
あちこちゃんも住所教えてね。ケアンズからクリスマスカードを送りますね。

2007/12/5  6:55

投稿者:あちこ

ドイツのどこなのですか!ミュンヘンなら行ったことあります。寒いっす。
プルメリアの花もきれいだわー、あちこもこのお花の香りも好きなのですよ。

ところで、あちこはCherryさんにクリスマスカードを送りたいのですが、差し支えなければご連絡くださいませ。メルアドを載せました。でもそのままでも気にしませんからー♪お気軽に。

2007/12/4  19:51

投稿者:cherry / 管理人

★ cherryより
ふゆさくらさん、はじけ猫さん、bebeさん、Mさん、ピコさん、ハイジさん、みーあさん、odlmoonさん、pharyさん、のらちさん、皆さんメッセージ有難うございま〜す。
暖かいメッセージにじ〜〜ん。

・・・ですよね、こんないい機会ですもん、行かなきゃね。
みなさんのメッセージにすっかり気分はドイツに。そしてすでに今年のホワイトクリスマスを祝っている自分の姿が…。(笑)

でもよく考えたら今年は桜子(娘)がオーストラリアに残って夏期講習を受けるんだとか。
毎年日本でクリスマスと正月を過ごしていたけど、ご存じのように父が入院していて実家には誰もいないので、今年はやむなくこちらに残ることに。
で、大学の夏期講習を受けるんだとか。
桜子一人オーストラリアに置いてクリスマスを楽しむのも・・・。

それよりこの3週間で私がどこまでドイツ語を話せるようになるか・・・・、それ大問題なんです。
英語がわかるのはお義母さんだけ。お義父さんも親戚の人も全然・・・、だから、せめて簡単なコミュニケーションくらいは取れるだけのドイツ語は話せるようになりたいと思ってたんですよね、初めて彼の親戚の人に会う時には。

何年もドイツ人と結婚してて、全然喋れないんじゃあね〜。(だったら日頃から勉強しておけって? …う〜ん、それ耳が痛い!)

でも皆さんのメッセージのおかげではっきり決心できたことは、もし今年行けなかったとしても、来年は絶対にクリスマスをドイツで主人の家族と過ごそうって。

でもひょっとしたら今年行っちゃうかもしれないですけど・・ね。フランクフルト空港で凍えている少女がいたら、それは私です。(笑)

2007/12/4  19:04

投稿者:のらち

冬のドイツいいじゃないですか。
私は、夏もいいですが、冬の幻想的なドイツってすごくいいと思います。
オーストラリアでは味わえないホワイトクリスマスですよ。
旦那様のお母様もクリスマスを家族で過ごすのを楽しみにしてるのではないですか。
日本と違って西欧の人(オージーもですけど)ってクリスマスを家族で過ごす事をすごく大切にするんですよね。
日本のお正月みたいな感じですかね。
クリスマスはドイツで。
お正月は日本でなんてというのもありじゃないですか(笑)

2007/12/4  8:41

投稿者:phary

キャー、cherryさん、ドイツ来て来てっ!
大丈夫、空港まで毛皮のコートかなんか持ってきてもらえば、半袖の上に羽織って、あとは車に乗っちゃえば寒くない寒くない!
家の中では冬でも半袖の人、たくさんいますよ。(うちの義理母たちもそうでした。ぐー家ではエネルギー節約のために長袖着てますけど。)
問題はどちらかというと靴かな。ブーツか、短靴でもあったかいのが必要です。
ご主人のご実家がどこかにもよりますけど、アルプスの近くは雪が降りますからブーツは必需品です。

http://blog41.fc2.com/phary

2007/12/4  6:14

投稿者:oldmoon

お久しぶりです! きっと覚えてないと思いますが一度イースターの時に私のブログの方にコメントいただいたことがありました。
そして、今回遅ればせなんですけど、ふゆさくらさんの所で拝見したNeoCounterの奇麗な絵に魅せられて私も搭載してみました♪
素敵な情報の提供、ありがとうございます。

ざっと読ませて頂いたら他にも気になる情報が盛りだくさん♪
日本を紹介する本は子供の学校で活躍しそうだし、バナナの生長は子供達に見せたら大絶賛でした(^^)
これからも寄らせていただきますね!

冬のドイツ魅力的ですね☆
でも突然寒い所に行かれると体調が心配です。
と〜っても乾燥しているので、くれぐれもお気をつけください!

http://diary.jp.aol.com/9qmca6uz

2007/12/4  4:29

投稿者:みーあ。

ドイツ行っちゃえ派です!

お義母さんも絶対喜ばれるし!

冬服ね〜・・・。う〜ん・・・。

でもでも絶対行って欲しいなぁ・・・。



http://yaplog.jp/elletomia/

2007/12/3  23:24

投稿者:ハイジ

アハハ…。
えらいことになっていますね。
ヨーロッパではクリスマスに家族揃ってというのが幸せの象徴になっていますからね。
服を理由に来なかったとなると、何年先までも、毎年12月になると、その事を言われるかもしれませんね。言わないにしても思い出されることでしょう。
オーストラリアを出る時は寒くない訳だから、ドイツの空港に義母さんが暖かいコートを持って迎えに来てくれれば問題ないですよ。旦那さんには少し余分に服を持って来て貰って、飛行機を降りる時には、彼のセーターやジャケットをがぼっと着ていればいいし。私は毎年、グラスゴー、ドバイ、日本を行き来しているので、飛行機を降りた瞬間に「わー真夏!」とか「わー真冬!」です。
確かにこちらは寒いですが、外でクリスマスを迎える訳ではないし、通りや家々のクリスマス・ライツを楽しんだら、暖かいお部屋の巨大ツリーの前でぽかぽかのクリスマス・ディナーですよ。
冬のドイツも綺麗だし、ちょっとパリまで足をのばしてシャンゼリゼ通りにも行かれてはどうでしょう♪
そして、寒いのを口実に、クリスマス後のバーゲン・セールで欲しい服を沢山買ってもらいましょう。
でも、皆からのクリスマス・プレゼントが冬服ばかりだったらちょっとショックかも(笑)。
是非、楽しんで来て下さい。
因みに私は夏服を着る時期がありません。
腕とか白くなってきています(爆)。

http://blogs.yahoo.co.jp/w6_6vlovec6_6y

2007/12/3  21:03

投稿者:ピコ

cherryさん、
長袖が一枚もないなんて
本当に常夏の国なんですね。
そこへ冬のドイツですって?
そりゃあ躊躇っしますよね。
でもお義母様との関係が良ければ
きっと行ったほうがいいと思うよ。
もうドイツでご主人に
素敵なお洋服を買ってもらいましょう!


2007/12/3  19:30

投稿者:M

わー!cherryさん!ドイツに行かれたらいいんじゃないですかー!
ただ、私も↑上の方と同じく、
空港からお家までの間はどうしようか・・?と思いました。
もしかしたらお義母様、ジャケットだけでも
予め送って下さるとか?

オーストラリアに何とか冬物、売ってませんかねぇ・・。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ