2008/1/4

急転直下: 「僕、インドに帰ることに決めました!」  ひとりごと

おととい我が家にホームステイにやって来たばかりのインド人留学生、早くもカルチャーショックにホームシックだってことは、昨日の記事に書いた。

(帰っちゃったりしないですよねー(^_^;))
と書かれたりりさんのコメントに、(まさかね)なんてね、笑ってたけど・・。
そのまさか、になりそう。

昨日大学に手続きに行ったインド君(みーあさんが名づけた)、帰ってくるなり、
「僕、メルボルンの大学に行くことにしました。」

「はあ〜? まだ大学は始まってもいないのに。第一アナタ、昨日オーストラリアに来たばかりでしょ。」

なんでも、ケアンズはあまりにも人がいなくて耐えられない、と。こんな状況は自分の人生で初めてだから、適応しきれないらしい。
大学までのバスも乗客は自分ひとりだったし、バスを待っている道路も人が歩いていないって。

そして今日、ついに、
「やっぱり、僕インドに帰ることにしました。もう決めたんです!」
(あっちゃ〜。もう決めたの?まだ2日目だよ。大学も始まっていないというのに・・)

私と主人は一生懸命思いとどまるよう説得した。
だって、エージェントに支払ったお金もキャンセル料とかとられるだろうし、支払った授業料も半額戻ればいい方らしい。すでにインド君、大学に1万ドル近く払っているらしい。100万円だよ〜。その半分が水の泡。その上キャンセル料・・・。

日本人なら50万円くらい、人生の授業料だと思えば思えなくもない。でもインド人にとっての50万円は何百万円にも相当するはず。

「本当にいいの?それで。」
どれだけ話をしただろう・・・。彼が我が家に来た日からずっと。

「・・・そうね、今のあなたならインドに帰った方がいいかもしれないね。」
最後は私達もそういう結論に至った。

何よりも本人がHAPPYじゃなきゃ・。大学が始まる前からそんな弱気じゃあ、あの大学の授業の大変さを乗り越えられないもの。

勿論彼もよ〜〜く考えてのこと。聡明な人だからね。でも考えすぎてもだめなんですよね。

本格的なインド茶の入れ方とかインド料理、いろいろ教えてもらったんですよ。でもカメラがなくて写真に撮れなかったんですよね。
(年末ワインセミナーに参加して、飲みすぎたみたいで、カメラを忘れてきてしまったおばかな私。)

インドから山ほどのインド食品とキッチン用品まで持ってきているインド君。
折角オーストラリアに来たんだから、もっとこっちの生活にトライしたら?って言ってはいるんだけど、インド世界にどっぷり。

以前ホームステイした韓国人留学生のヨン君といい、男性の方が適応能力がないような気がますますしてきました。
    ヨン君の記事はこちら・・・あ〜どうしよう・・言葉が通じない

今迄にホームステイしたのは圧倒的に女性が多いんだけど、皆とても楽しく過ごして、帰りたくないって言ったのに、男性は・・・。
順応性でいえば、間違いなく女性の方がありますよね。

あ〜、明日はどんなことを言い出すんだろう・・・。
0



2008/1/7  20:46

投稿者:hisacchi

私的にはこの手の男はむかつくなぁ。
いくら新婚と言っても自分で決めて来たんでしょうが!
男なら決めたことはやり通して帰れっ!
と言いたい。
お嫁さんも「帰らずにがんばれ!」って言う人ならいいのに。
さみしい・・・とかいってんのかねぇ。


2008/1/6  18:27

投稿者:YOKO

こんばんわ〜cherryさん♪
インド君(お名前が分からないので)
何の研究でケアンズにきたのかしら?
インドでは出来ない研究だったのかしら?
ケアンズにホームステイするのなら 文化その他色々お調べになって来ていると思いますが・・
何が彼をインドに帰りたいと思わせているか?読んでいる限りではよく理解できません。
研究がしたいなら 私だったら留まりますけれど?

2008/1/6  10:22

投稿者:Cecile

はじめまして〜。インド人妻@バンクーバーです。
インド君はどこの地方の出身だったのでしょうか?インドといえども一からげに語ることは不可能で、各地方によりカルチャー、料理、言語も異なるわけですから。
確かにインド料理以外は食したことがない人が圧倒的に多いと思います。各国料理を満喫している柔軟性は日本人の良いところなんでしょうね。

http://diary.jp.aol.com/zffkzjn3p/

2008/1/5  21:50

投稿者:yappy

昨年は いろいろとお世話になりました。悲しい事がありましたがcherryさんのおかげで、頑張れました。今年も楽しく読ませていただきますね。
年末年始はメルボルンに行っていました。メルは都会で人も多くてブリスベンに帰って来た時何故かホッとしました。えっ?これって田舎暮らしに慣れたって事? 
インド君も31才で子供じゃないんだから、もう少し頑張れないのかしらねぇ〜。
と言う私もそろそろ日本に帰りたい病が・・。

2008/1/5  19:53

投稿者:みーあ。

コメントを確認しに戻ってきました、みーあ。です。投稿者?はそう、私です。

決してワザとではないのですが、

チェリーさん、何でわかったの????

スゴーイ!

という訳でお邪魔しました〜。

http://yaplog.jp/elletomia/

2008/1/5  18:58

投稿者:はじけ猫

ありゃりゃ〜。
隊長、新春から大変なことにぃ〜!
ううむ。インド君、妻が恋しいのかねえ(笑)。
そげな大枚払ってまでして、豪まで来たのに、
もうすこぉ〜し辛抱してみたら事態が展開するんでねぇのかぁ?
(どこの言葉ぢぁぁっ!)
留学するのってさ、一念発起の大イベントだと思うんだわぁ。
確かに異国の地に一人、は心細いだろうけど
そんな人たちをケアする、
隊長みたいなホストマザーがいるんだろうにねえ。
あたしだったら、せっかく体験できる貴重な留学、
石にかじりついてでも、残るけどなぁ。
お金ももったいないしぃ(笑)。
まあ、個人の事情がいろいろあるがろうから
外野は黙ってますがね・・・。
思い留まってくれるといいわね〜☆

http://diary.jp.aol.com/8cmpynp78

2008/1/5  15:39

投稿者:のらち

cherryさん、遅らせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

インド人の留学生、もう帰ってしまうのですか。。。
人が少ないとかどうかよりも、きっと彼は奥さんの事が気になってしょうがないのでしょうね。
でも、たぶん一週間もすれば環境には馴れてくると思うのでインドに帰るような事も言わなくなると思いますが(笑)
31歳にもなって何を甘えた事を言ってるんだ?なんて思ってるは私だけでしょうか?

2008/1/5  15:27

投稿者:かたこ

cherryさん、こんにちは。
昨年はお世話になりました。 今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、スタンリーの件では、大変お世話になりました。番外編をアップしました。 cherryさんの写真を使わせていただきリンクをさせていただきましたが、よろしかったでしょうか? 

ホームステイ受け入れには、いろいろなことが起きるのですね、、、、。 


http://hanchan2.blog89.fc2.com/blog-entry-296.html

2008/1/5  14:22

投稿者:Chigusa

(´∀`;)。。。アリャ?大変な事になってきましたねぇ。
インド君日記も楽しみにしていたのですが^^;

ちょっとそのインド君ヾ(’ー’)をいっ! というところもありそうですよね。
奥さんをおいてまで、勉強しにくる意気込みがあったようなのに。。。

なんか二人の間であったのかもしれませんね。でも十分話し合いも持って引きとめてもみて、後は本人自身が決めるしかないのでしょうね。

cherryさんもご主人様も年始早々、お疲れ様です。

http://diary.jp.aol.com/tbdh45f/

2008/1/5  13:43

投稿者:ピコ

あらあら帰っちゃうんですか〜。
うちの長女なんて1週間程度のホームスティでしたが
帰るのがイヤだった!逆ホームシックだ〜なんて
言っているほどだったんですけどね。
やっぱり女の子の方がたくましいのかな。
カナダへ行ったときはフィリピン人の家庭に
お世話になったのだけれど
これって3カ国交流だよね〜って
喜んでいたのだけれど。
それにしてもそもそも海外へ行くというのは
カルチャーショックを受けるためだと思うのですけどね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ