2008/1/6

まるでジェットコースターにでも乗っているかのような日々  生活

インド君の突然の帰国宣言に、沢山のコメント有難うございました。

インド君が我が家にやって来てからというもの、毎日がアップ&ダウン。
私と主人はテンテコ舞でございます。
まるでね、ジェットコースターにでも乗っているような心境よ〜。

そもそも皆さんがおっしゃる通り、オーストラリアのことやケアンズのことを下調べをしてなさ過ぎますよね。
「今やネットで調べようと思ったら、いくらでも調べられる時代なんだからさ〜、もうちょっと調べてこようよ。」と言いたい。

自分で決めたことなんだから、最後まで貫けば? って言う意見も多かったのですが、
この辺がどうやら違うみたいなんです。

ってことは・・・・?
そう、留学を自分で決めてはない、ってこと。
親とか周りの人がオーストラリアへ行けと言ったから来たらしいんですよね、よく聞くと。

おいおい・・でしょ。 
でも彼を責めるのもかわいそうなんです、何故なら、

インドの社会(彼の環境)では親の権限は絶対で、親を尊敬しているし、親の言うことは絶対らしい。親の意見というのはとても貴重なんだって。
場合によっては逆らってはいけないんだそう。(この辺、ある種中国にも似てる)

だからね、こっちに着くなり、まず親に電話し、もうその日はず〜と電話で何回も何回も話してた。

そういえば、ゴールドコーストにインド人の友達が一人いるんだけど、彼も親に絶対服従だったっけ。結婚相手も親が決めているんだそう。
今時・・でしょ、でもそれに逆らえないんだって!
それ、やっぱり本当だったのねぇ〜。って今思い出しました。

折角留学に来たんだから最後まで勉学に励めば? っていう意見もあったのですが、
どうやらオーストラリアには勉強ではなく、お金儲けにきたみたいなんです。
ここまで来るとちょっと呆れました。

ならば、なに故ケアンズなの?って。
シドニーとかメルボルンのような大都市ならともかく、ケアンズなんてリタイアーした人がのんびりしたり、観光地に来る場所で、ビジネスなんてほど遠い都市だもの。

は〜(溜息)何を考えてんだか。(流石にこのことを聞いた時は力がド、ド〜と抜けて、半分放心状態になったた私)

だから大学に行った時、留学生は、週20時間しか働けない知って、インドに帰ろうと思ったらしい。 インドに帰れば仕事が待っているから。
自分の学校を持っていて、そこで教師をしているインド君。生徒も200人くらいいるんだとか。

全く留学のことを下調べしないでやってきて、本当に教師なのかぇ〜・・?

勿論、新婚の奥さんのことも心配だということはいうまでもない。
新居を購入して、その大きな家に一人住んでいるらしい。当然、心配するよね。

「別に今のこの時期に留学する必要なかったんじゃないの?」と私と主人は顔を見合せて言ったんですよ。
だっていい仕事もあって、結婚したばかりで家も購入した。
妻と倦怠期というのなら、まあわからないでもないけど。そんな大切な奥さん残してね〜。

コメント欄に
「いや〜、私なら離婚問題にまで発展するかも!いや、するな!
だってだって、自分だけが辛いと思ったら大間違い。
奥さんだって寂しいでしょうに「主人のためだから」って我慢してるんじゃないかしら・・・。

って、書かれてあっのだけど、それは私も同じかな〜。
そんな旦那君なら将来不安だもの。

ところがね〜、インド人の妻はよく出来た妻で、
すべてあなたのいいと思うようにしてください。
って言ったんだって。
インドに半年仕事で滞在したことがある主人が言うには、インドの女性は主人に絶対服従らしい。旦那様がすることに口出しはしないんだって。口出しできないといった方がいいかも?

そういえば、昔、夫が亡くなったら、その妻もその火の中に生きたまま一緒に焼かれたとか。田舎の村では今でもその風習があるらしい。女性の地位はまだまだ低い。夫には逆らわないものらしい。
インド人の女性にうまれて来なくてよかったわ〜。

とにかくいろんな話を聞いて、私達夫婦も、
「インド君は奥さんのもとに帰って、自分の学校でそのまま教えてた方がいいと思う」という結論に達したのでした。

早速、昨日旅行代理店に行って、フライトの予約をしてきたインド君。
来週の金曜日のフライトを予約して来たらしい。
あと1週間もないな・・なんて思っていたら、夕方親に電話した後、

「1月20日まで帰ってくるなって言われたので、20日まで残ります。」って。

(また〜〜?)
なんでもインドの占いかなんかで、20日前に帰るのはよくないって。
勿論インド君はその指示に従って、とりあえず20日までは滞在することに。

明日から大学が始まるのだけど、帰ってきて何というのかしらね〜。
又気が変わるのかしら? 
まだまだジェットコースターからは降りれそうにないです。

でもね、インド君の話はとても興味深くて面白いんです。
全く違う世界のことだから新鮮で。
私は興味津々で聞いています。
又記事にUPしますね。
本当に全然違う世界よ〜。
私達がインドに行ったら、カルチャーショックになるの、わかるわ〜。

そうそう、インド君のお父さんは大学の教授だったそうで、生前あのガンジーにお会いしたことがあるんだって!
その時の話を聞いたら、又記事にUPしますね。
0



2008/1/7  23:30

投稿者:☆もっち

こんばんは〜♪
おじゃましま〜す♪
振り回されててほんとに大変そうですね。
インド君の出身地はどちらなのでしょうか?
うちのインド人に言わせると出身地によっても傾向と対策があるようですよ。

はじめての海外じゃショックも大きいだろうなぁと想像します。
ホームシックとストレスもかなり大きいのでは?だから気持ちがぐるぐる変わってしまうのかもしれませんね。

インド人人口も少ないと、なかなかインド人の友人も出来ないかもしれないし、やっぱり奥さんと離れての生活は辛いですよね。

奥さんを呼ぶにしてもビザを取るのに何ヶ月もかかるし、1人でがんばるにしても慣れるまでこれまた何ヶ月か、かかるだろうし、もしのこのこインドに帰ったらいい笑いものになるだろうし、、、ストレスいっぱい!って感じがしますね。



http://plaza.rakuten.co.jp/jpande/

2008/1/7  20:51

投稿者:hisacchi

私が嫁なら「最後まで全うして帰って来い」と言うね。
期間は決まってるんだから。
ウジウジした男はきらいだ・・・

それにしても、なんて封建的な国なんだ! 
わたしゃ絶対にイヤだね。
インドに生まれなくてよかった。

ちょっと昔の日本にもあったかも・・・

2008/1/7  18:22

投稿者:nowbest

cherryさん、お疲れ様です!
インド君の状況がわかって、コメントが、辛口から中辛になりそうです!?
インドって、大変ですね。
生まれながらにインドだったら、当たり前なのかもしれないけれど、インドへ嫁入りなどで行ったら、文化に馴染むのには、大変ですね。私だったら、出来ないわ〜。
(ちなみに、親から「生まれつき反抗期」と言われていました…。)
でも、「お金儲けの為」って、呆れちゃいますね。
たくさん勉強して、将来お金を稼ぐぞ!なら、わかりますが…。

そうそう、コメント頂いた、応援ポチの件ですが、
左上の「visitor locations」の下の部分で3ヶ所クリックしていました〜(笑)♪
タイトル「いらっしゃい」の所で、クリックすれば、大丈夫ですね!了解で〜す♪
応援ポチッ×2!

http://nowbest1.blog96.fc2.com/

2008/1/7  14:30

投稿者:ふゆさくら

わぁ〜い♪本当だわ♪わたくしのコメントを載せてくださってありがとうございます。
インド人のお嫁さんには絶対になれそうもないふゆさくらです(^^)うふっ♪
それにしても、インド君の考え方のなにをとっても、私の価値観とはずれてます。
こうも違うと逆に興味津々になってくるのが不思議なところ。。。
インド君すごい!究極のファザコン?マザコン?いやいや、ファミコン!?
(↑勝手につくった家族コンプレックスって造語です〜)
でも何が一番すごいって、だんなさんが亡くなったら生きたまま焼かれる慣習・・・。
あ、あ、あ、ありえない〜(><)
死んでも死にきれません!
インドには無念じゃ〜という女性の霊がうようよしてたりして・・・ぞぞぞっ!
とにもかくにも、cherryさんご一家が一刻も早く、ジェットコースターから降りられますように・・・と祈っております。
そして、引き続き・・・インド君頑張れー!目を覚ますなら今よ〜!(笑)

http://diary.jp.aol.com/gpaamff/

2008/1/7  12:48

投稿者:ペケ

それはそれは大変な感じねー。
まあ親が絶対なのはインドの常識かもしれないけど、
それでも行くと分かった時点でもうちょっと
下準備くらいしない?凡々なのかしら?

お疲れ様☆

2008/1/7  11:18

投稿者:MAYU

インドも今ITに力をいれてるそうで、勤勉で優秀な人が多いらしいですね。
サポートサンターをインドに移している所もあるとか。
それだけ親御さんも一生懸命なんでしょうかね〜。

Cherryさん、ランク1位にかえりましたね!!
凄い☆おめでとうございます〜!!


2008/1/7  9:00

投稿者:phary

インド君のお話、本当に面白いです。
といってもcherryさんたちはいろいろ振り回されて大変なんでしょうけど。
私的には20日までにまたぞろインド君の決意が揺らいで、結局ケアンズにとどまり、今後のブログネタを提供してくれるといいなと思うのですが、、、。

http://blog41.fc2.com/phary

2008/1/7  1:31

投稿者:peko

そういえば、昔友達がインド系のお金持ちのおじさんとつきあってて、(アメリカで)彼女がちょっと浮気したら、家族総出で、家をけがしたと、すごい勢いでいじめられた事あったのよー。こわー!って。
家族の絆がつよいのでしょうね。

2008/1/7  1:07

投稿者:なんちゃってフォトグラファー

大変ですね〜〜
そこまで大変なら興味深く、観察してみるしかないですね。
次の展開が楽しみです。
私の知っているインド人は勤勉でアイディアも豊富で
とてもいい仕事をしていました。
人によっても色々と違うのでしょうね。

http://diary.jp.aol.com/gmrktua9gt/

2008/1/7  0:23

投稿者:LUNA

こんにちは!初めてコメントします^^
国が違えば。。。ですね!
私の友人は、以前一人でインドに1ヶ月ほど旅行に行き、死にそうになりながらもインドが大好きになったそうですが。
インド君のお話の続き、楽しみにしてます!




http://plaza.rakuten.co.jp/brasil3luna


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ