2008/1/26

人生観がどんどん変わっていく日々、本当の幸せとは?  心と体

インド君が我が家にホームステイに来て、早いもので3週間が過ぎた。
 (インド君の記事はこちらから・・・@ABCDE

この間にインド君が体験したことは、数え切れないほどの初体験ばかり。
それは今でも続いている。

    一体アナタは、どんな山奥に隔離されてたの?

って思えるほど、私にはカルチャーショックなことばかり・・・。

先日近くのパームコーブビーチに散歩に出かけた時のこと、
たくさんの人が釣りをしていた桟橋で、
丁度魚を釣り上げたばかりの家族を見かけた。

   クリックすると元のサイズで表示します

例のごとく、インド君は不思議そうな顔・・・。

そうなんですよ、生きている魚を見たのが初めてなんだって。
住民の80%がベジタリアンの街では、
肉屋だけでなく、
魚屋もないんだろうね。

夕方になると、たくさんのオージーが魚釣りをしてるんですね。
しかもこんな小さな子供達まで。

   クリックすると元のサイズで表示します

腕前はなかなかみたい。
魚釣りをすごく楽しんでいる。

お兄ちゃんなんて、この網で大漁を狙っている。

  クリックすると元のサイズで表示します 

あははは・・・残念、1度目は大失敗。収穫ゼロ。
でもにこにこ。
本当に釣りを楽しんでいるのよね〜。
そうそう、彼が言うには、やっぱりここで大きなサケが釣れるんですって。
鮭ですよ、サケ。
やっぱりあの話は本当だったんだあ〜。

この一家、家族で釣りに来て、
釣れたら、ここでそのまま焼いて食べる。
それが今晩の夕食。
調理器具もちゃんと用意していて見せてくれた。
こんな新鮮な夕食はないよね。

私達が帰る頃にも、まだ釣りを楽しんでいた。

   クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもなんとのどかな光景。
しかもみんなフレンドリーで、気軽に声をかけてくれ、
ずっと以前からの知り合いのように話ができる。
これがオーストラリアの一番好きなところかもしれない。
特にケアンズはそう。

桟橋を3人で歩きながらの帰り道、
インド君がしみじみ言ったこと、

「僕、ケアンズに来てわかったことがあるんです。

・・・それは、ケアンズの人達がみんな、人生をenjoyしてる、ってこと。」

「インドではみんな働くことに必死だからね。」と、主人。

「僕、ここに来て、
   ・・・・改めて人生というものを考させられました。」

人生観が変わっちゃったもんね。
でもその顔は穏やかな、そうガンジーのような顔だった。

ふと空を見上げたら、見事な夕焼け。

 クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
  

私達はその美しさに感激して、暫くたたずんでいた。

そういえば、去年の3月にホームステイした中国国籍で韓国人の留学生が同じことを言ったっけ。
4各国語話せて、東京に留学している彼女、
彼女もケアンズに来て人生観が変わった。
    その記事は・・・こちらをクリック

その日はパームコーブのレストランで夕食を食べた。
んだけどね、なにしろインド君ベジタリアンでしょ。
ベジタリアンレストランなんてないのよね、

肉がダメだから、とりあえずシーフードバスケットを注文して、
食べれそうなものを食べてもらった。

見たことないイカのリングあげ・・・食べてみると言って口に入れた。
予想外に美味しかったらしく、他のホタテとかにも挑戦・・・・、
そしてついに、「魚も食べてみる」と言い出した。

「えっ、ベジタリアンじゃないの?
   魚、本当にいいの・・?」

で、さらに爆弾発言、

「僕、肉にも挑戦して食べてみようと思っているんです。」

肉を食べる!?
ひぇ〜、ベジタリアンに徹していたインド君、一体どういう心境の変化・・?

・・・・多分ね、世の中には自分が知らなかったことがあまりにありすぎて、
いろいろ考えたんでしょうね。
いろんな未知のことに挑戦しようという彼の前向きな姿勢に、
なんだかすごく応援したくなっちゃったんですよね。

「わかった、明日から肉料理作るね〜。」

かくして、ホストマザーcherryの料理奮闘記が始まるのであった。

[追記]
今日、また「1new country」の表示が。
89番目の訪問国はクロアチアだそうです。
まだまだ、new countryは続くの・・・? わくわく・・。
 オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←応援いつもありがとう☆    クリックすると元のサイズで表示します

0



2008/1/29  13:21

投稿者:Keity

お初です。
私もケアンズに行って人生観変わりました。
人生、そんなに無理して頑張らなくてもいいのかな・・・と。
今月7日間ほど観光で楽しんだだけなのですが
日本に帰りたくなくなってしまいました。
でも、帰ってきちゃったんですけどね(当たり前)

これからもブログ楽しみにしております。

2008/1/29  3:14

投稿者:LUNA

人生をenjoy、って大切ですよね〜。うちの両親(特に母親)も、旅行でGCに行っただけなのに、「日本人って忙しすぎるのかもね〜」としみじみ言ってました。
旦那さんも、GCのビーチで見ず知らずのオージーのおじさんに挨拶されて、ものすごく感動していて、AUSの大ファンになりました。笑
夕日の写真が素敵ですね〜。綺麗♪

http://plaza.rakuten.co.jp/brasil3luna/

2008/1/28  0:16

投稿者:Peko

数日前、ここ、ちょうどブログが消えちゃった!の時、
私のPCではこのブログ内容が消えてたの〜。
で、今日は大丈夫。
いいねー。こんな生活。魚釣って皆で食べる。。
日本の漁師村とかとはちょっと、いえ、かなり雰囲気違うものねー
私も、そんな生活考えよう〜

2008/1/27  18:39

投稿者:りんだ

インド君 すっかりオーストラリアの生活も楽しんでいるようでこちらまで嬉しくなります。
私も他の国に行ったら信じられないこともおおいのではないかと思います。日本にいても年代性別その他もろもろで驚くことありますもの・・・・
そんな時cherryさんみたいな方に傍にいてもらったら本当に心強いことだと思います。”ホストマザーcherryの料理奮闘記”楽しみにしています。

2008/1/27  16:34

投稿者:ガマ

あれぇ、カキコが消えたぞ?

確かに書いたんですがネェ、確か一番最初だったように思うのですが。 
まぁ、ブログが消えることと比べればたいしたことじゃないっすね。
インド君は鳥とかはどうなんでしょうね。
よその国なんだから、そこの食習慣を楽しんで
また自分の国へ戻ったら、自然に戻ればいいんですよね。いっぱい体験させてやってください。

2008/1/27  12:12

投稿者:nowbest

今回の記事、とても考えさせられました。
そうですよね、「人生をenjoyすること」。
日本人って、一生懸命働いて、良い生活をして…。
本当に人生をenjoyしている人って、少ないような気がします。私も、その一人かも…。
そう言えば、昔「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」と言う言葉がありましたよね。
人生80年、楽しまなきゃ損!ですよね♪
ありがとうございます!

あと、以前私の知人で、
パキスタンの人が日本に来て、かなりお酒を飲んでいました。「郷に入りては、郷に従え」と言いながら…。

応援ポチッ×2♪


http://nowbest1.blog96.fc2.com/

2008/1/27  4:57

投稿者:みーあ。

今日のお話を読んでいると、インド人君が何だかかわいそうになっちゃいました。

と言っても、今こうして色んな新しいことに出会って、挑戦できるって言うのは、幸せなことですよね。

ここまで徹底して、狭い世界に生きてきたんだもの。ケアンズへ来て、不安になって極度のホームシックになるのも、今納得。

ほんと色々新しいことを経験して帰って欲しいな〜。

チェリーさんも、そんなインド人君レポ、とっても楽しそう!笑


応援ぽちぽちっとして帰りま〜す。

http://yaplog.jp/elletomia/

2008/1/27  2:10

投稿者:なんちゃってフォトグラファー

凄いことですね。
宗教を超えて肉を食べる!!

今、インドは成長著しいのできっと労働時間も長く
働くために生きているといった感じなんですね・・・
そんな彼が自由で人生を楽しんでいるケアンズの
人を見たとき、何かが変わったのでしょう・・・
日本の労働環境もまだまだですが(笑)
もちろんポチ!

http://diary.jp.aol.com/gmrktua9gt/

2008/1/26  23:40

投稿者:Ogarin

インド君のホームステイ先がcherryさんのお家だったのはとってもラッキーだったんじゃないかなぁ、と読んでいて思いました。それだけのカルチャーショックを受けた時にそれをちゃんと受け止めてくれる人がいるのといないのでは、全然違うような気がします。うん。

http://ogarin.blog.drecom.jp/

2008/1/26  22:55

投稿者:オルスコ

牛は神聖な動物だから食べないはず。逆に豚は不浄な動物として食べな
いと聞いています。羊肉か鳥肉なら大丈夫なはずです。

http://diary.jp.aol.com/qgvgnka/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ