2006/11/6

日本に居ながらにしてネイティブ並の英語は可能 (2)  英語

昨日の記事の続き Read Moreが反映されていませんでした。
??? ごめんなさい。

なんか気まぐれなのよね、このPC。
プロフィールに私の写真を貼って「公開します」にしたにもかかわらず、公開されなかったり。PCが勝手にこの写真はまずい、とでも判断したわけ? (やだね、それ)
と言うわけで青い空とやしの木の美しいケアンズのビーチの写真に切り替えました。(ただ今公開中の写真です)

そう、それでその「日本に居ながらネイティブ並の英語を身につけた人が実際やった
方法
」なんですが、

もう相当前の話なので、今では死物であるソニーウォークマンを使って、そうウィークマンで毎日英語を聞いたそう。でもそれくらいならみんなやってるよね。今じゃあ、MP3とかipadとかあってもっと便利だし。

でも、それがハンパじゃない
寝るとき以外、いえ、キッと寝る時も聞いていたのかもしれません。ずっと聞き続けたんですって。そしてその英語と同じ発音になるまで徹底して練習したそう。その徹底して、って言うところがキッと鍵なんだと思う。

その間、一切日本語を話さなかったし、聞かなかった
自分の部屋に閉じこもってひたすら英語を聞き続け、発音練習し続けた。同居してた両親ともその間は一言も話さなかったって聞いた時は、流石に私には無理だと思った。
そこまで徹底してやれる根性はわたしにはないもの。

彼の住んでいるとこは田舎なので外人すら住んでいない。それでも本気でネイティブ並の英語を身につけようと思ったら出来るって事を見事に証明してくれた人である。

現在、その田舎で英語塾を開いて英語を教えている。
息子さん二人とも当然バイリンガル。別にインターナショナルスクールにも行っていないのに (田舎にそんなのないしね)

・・・・現在海外に住んでいる私・・・そういえば努力してない。
日常生活に支障がなければいいかって思ってしまう。

我こそは根性があると思われる方、挑戦してみては・・・?
0



2007/9/2  18:32

投稿者:Leonardo Norman

yestereve inguklimiut ariot premise plication repaganizer unluted dulat
<a href= http://www.angelfire.com/aoyobu/1.html >I</a>
http://www.angelfire.com/aoyobu/1.html

開始

http://www.angelfire.com/aoyobu/2.html

2006/11/14  6:25

投稿者:cherry

永沢信子さんの本の内容、有難うございました。
>要はその地へ行かずとも、自分をその環境におけば
 あとは努力次第と言う事なのでしょう
結局そうなんでしょうね。
ホントさんのおかげで気づいたことがあるんです。
あー。、やっぱりそうだったんだ、って。そのことに関しては長くなりそうなので、また記事に書きます。
    TO :ホントさん


2006/11/13  10:52

投稿者:ホント

長沢信子さんの本を読んだのは約2年前です。
書かれたのはずっと以前なのに、僕は帰国してから偶然見つけました。何か人のやっていない語学を勉強しようと思い立ったのが30も半ば。大学教育を受けていない彼女は一念発起、勉強に勉強を重ねて入学し、中国語の本を読み、語学テープを聞くために家中のあらゆる所
にテーププレーヤ−を置き、移動するごとにその場所でテープを聞き、耳を慣らし、発音の勉強をしたとかいうお話でした。初めて中国へ行ったときはその見事な中国語に現地の人も驚いた、とそのような内容でした。
非常に謙虚な方で、読んでいて素直に感動出来る内容でした。要はその地へ行かずとも、自分をその環境におけばあとは努力次第と言う事なのでしょうね。今はおそらく70も半ばの方ではないかと思います。
僕はそんなに努力家ではないので、これからもStreet languageのレベルにとどまるでしょう。

2006/11/7  10:05

投稿者:cherry

TO : ホントさん
その本是非読みたいです。今度帰国した時に探してみます。それまでに簡単な内容を教えていただければあり難いのですけど。英語以外にも挑戦したい言語はたくさんあるので。
で、ホントさんは参考にし、実践されたのでしょうか?


2006/11/7  9:56

投稿者:cherry

TO : Priscillaさん
でしょ。そこまでできる根性と忍耐を持ち合わせている人って凄い、としかいいようがないです。
それに近いことはやってみる価値はありそうですけどね。

2006/11/7  9:49

投稿者:cherry

TO : マイケルさん
仕事で全米、いえ、世界中飛び回っていらっしゃるのに、それでも言葉で苦労されているんですって?
そう、あのハロウィンのあの変装は大うけです。是非いつかあの姿でうちのドアノックして下さい。特製キャンディを用意しておきます。

2006/11/6  19:44

投稿者:ホント

以前、長沢信子さんという方が書かれた「台所から北京が見える」という本を読んだ事があります。
彼女は一度も中国を訪れることなく、みごとに中国語のエキスパートになり、政府関係の重要な通訳までこなすようになりました。読んでいると、努力家というのはこういう人の事なのだ、とほとほと感心したものです。
もう絶版になっているかも知れないけれど、日本に住んでいる人なら図書館で読めるでしょう。
未知の言語に挑みたい人には絶対におすすめの本だと思います。

2006/11/6  11:56

投稿者:Priscilla

す、すごい、そこまで私にはとてもできません・・・。
これから頑張った方がいいでしょうか???

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/

2006/11/6  10:28

投稿者:マイケル

cherry様、

先日は拙ブログにコメント有難うございました。
小生も言葉には苦労していますので、Cherry様の記事には頷く所が沢山あります。いつかオーストラリアに行く機会がありましたら是非あの被り物で行かせて頂きたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

http://diary.jp.aol.com/u9fzy6g/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ