2008/2/1

『中国姫』は世間知らずの究極のお嬢様だった  ひとりごと

中国から留学生が来るというその日、朝から落ち着かなかった。
どんな子が来るのだろう・・・?

なにしろ中国人留学生は初めてだったし、
高校生というのも初めての受け入れ。
それまでは大学生ばかりだったから。

中国の留学エージェントの人に連れてこられた彼女は、
   背が高い、
     スタイルがよい、
        その上美人・・・、
ほら、中国茶のCMに出てくるような、あんな感じの女の子。

大きな赤いスーツケース(こんな大きいスーツケースは見たことないというくらい大きくて重い)、他にもスーツケースとバックが2つ。
確か一人20キロ、ないしは25キロが限度よね。(アメリカの航空会社は別だけど)
どう考えても100キロ近くはありそう。

政府機関に勤めているお母さんの、顔パスだったらしい。
まだそういうことが中国ではまかり通っているってことね。

18歳、初めての海外生活で、不安だろうし、疲れているだろうからね、
って、初日は、お客様扱いをした。

いや〜、これが 失敗だった。

次の日も、次の日も、彼女は一向にお手伝いをする気配なし。
食事ができテーブルに並べられるまで、自分の部屋から出てこない。
食事が終わっても後片付けも手伝わないで、そのまま自分の部屋に戻る。

1週間が過ぎたころ、流石に
 (いい加減にして、ここホテルではないから)と、意を決して彼女に言った。

料理を一度もしたことがないのは既に聞いていた。
だけど、皿洗いくらいはできるでしょ。

「料理は私がするし、手伝わなくてもいいから、
 その代り、食事の後片付けはちゃんとお手伝いしてよね。」優しく言った。

・・・・・・できない。(汗)
正確にはしたことがないらしい。

「中国では、サ-バーントがしてくれてたから。
 あの・・・、オーストラリアにはサーバントはいないんですか?」

は〜〜〜!?(一瞬頭が真っ白になった私)

   サーバントですか。
   サーバントね〜、
   それって・・・、召使いってことでしょ。
   
そんなもん、このオーストラリアにいるわけないじゃない!
日本にもいやしない。
「ドイツにだっていないぞ!」と主人が口をはさむ。

そりゃあ、中国には沢山いるでしょう。
学校にも行けない人がまだまだ沢山いて、
全く教育を受けてこなかった人は、サーバントとして働くしかない。

アナタ達はそういう人たちを
すごく安い賃金で家事をやってもらっているかもしれないけど、
でも、それがどこの世界もそうだと勘違いしないで!

日本なんて義務教育で、ほぼ100%に近い人が合計9年学校で勉強しているのよ。
大抵の人は高校までの12年間。
それだけ勉強して、誰がサーバントになりたいと思う?
誰もいやしないって。

日本のその現実を聞いて、目を白黒させていた中国姫(pharyさんが名づけ親)。
知らなかったんでしょうね、そういう他国の現実。
ひたすらいい学校に入るため、勉強しかしてこなかったんだものね。

中国のことは知らない!
ここはオーストラリアだ!

「私はホストマザーで留学生のお世話はするけど、サーバントじゃないからね。」
念を押した。

でも、その念は彼女にはなかなか伝わらなかった。

     「アナタ、一体どこの国のお姫様?」       ・・・続く   


去年塀の外に挿し木をしたプルメリア(フランジャパ二)を眺めていたら、
知らない人が車から降りてきて、違う種類の挿し木を下さった。
ご親切に・・。
それがフルーツサラダといわれる、カラフルなこんな花になるんだそう。
              ↓
     クリックすると元のサイズで表示します

         花が咲くのが楽しみ〜。でも親切な人だこと。
オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←  最後にぽちっとお願い☆   クリックすると元のサイズで表示します

0



2008/2/3  17:50

投稿者:Arami

中国姫のお世話、いろいろ大変そうですね。
そういえば、香港へ旅行へ行ったときのことですが、
日曜日の公園で、どう見ても中国人(香港人)には見えない女性達がいっぱい集まって、ランチを楽しんでいました。現地在住の知り合いに聞けば、香港では、メイドさんとして出稼ぎに来ているフィリピン女性がたくさんいるらしく、日曜日の昼下がりに、メイド同士で集まって、息抜きのランチをする光景がいたるところで見ることが出来るそうです。アジアでは、日本以上に、こうした”格差”が見られるところがたくさんあるんだなぁーと、感じた瞬間でした。
そういえば、台湾では、働く女性が多いためか、家でほとんどご飯を作らず、夜中でも小さな子どもを連れて、屋台へご飯を食べに連れ出すというのが当たり前のような習慣になっているらしいです。
そんな話を聞くと、「お料理できませーん。」「家事できませーん。」な、中国系女性が多々いるというのも、なんとなく想像できちゃうような気がします。

・・・にしても、ホストファミリーとしては、こんなお嬢様のお世話は大変ですよね。
ましてや、留学するくらいだから、将来は海外とかかわることも視野に入れているでしょうし、少しは海外生活の現実というものもちゃんと理解できないと、この先大変かもしれませんね!

http://cafeapresmidi.blog15.fc2.com/

2008/2/2  21:46

投稿者:doizo

中国姫ですか、たいへんですね・・・・・
ほんと、常識を知らない子が増えてますからね、
こっちでは、安い賃金のお手伝いさんを
雇えますからね・・・・

これは、子供の教育上よくないです!!

また、礼儀の定義が違いますからね・・・

まず、朝の挨拶がからですよ!
あさの挨拶はしますか???

これ以上書くとながくなりそうなので、
この辺にします・・・・・・

http://ameblo.jp/doizo/

2008/2/2  15:01

投稿者:ピコ

中国姫の名付け親は私ではなく
pharyさんでは?

ところで・・・
中国ってとても格差があるのですね。
ホームスティがどんなものなのか
レクチャーされてきていないのかなあ?
それにしても続きがとても私も気になります。





2008/2/2  14:59

投稿者:yashu

今まで他の国(というか自分の家庭以外??)のことを全く知らずにいたからこうなっちゃったんでしょうね〜。
私も自分の子供が常識知らずにならないように気をつけなければ!!!
続きが楽しみです。

2008/2/2  3:56

投稿者:Parsley

いるいる!
インド人でも「運転が苦手なの。」と堂々としている人は「私は自分で運転なんかする平民ではないのよ。」という言葉が行間に入ってるらしいです。
そういえばESL時代のクラスメート(中国人)が、同じクラスに来ていた自分の妻を褒めちぎっていましたっけ。「彼女は天才だ! だって国(香港)では料理も家事も一切したことがないのに、今ではこんなに何でも自分で出来るんだよ!」
奥さん、かなり嬉しそうでしたよ。実際、パーティーなんかで出してくれるお料理は見た目も味もとっても良かったです。その子ももしかしたら、何かやってみて達成感があれば価値観変わるかもしれないですね。
....本人に変わるつもりがあれば...。
現地のお母さん、頑張って下さいね。

http://blog.livedoor.jp/parsley777/

2008/2/1  22:26

投稿者:pooh

この子は常識がないですね。
σ(^。^)はこういう人許せないです。
小さい時からお姫様扱いで大事に育てられたかもしれないけどいい加減にしてほしいわ!

http://ailovepooh.exblog.jp/

2008/2/1  20:30

投稿者:☆もっち

うちの彼がお皿洗いを手伝ってくれないのは、インドでは専用の‘お皿洗いさん’がいたからかしら?!
次のストーリー楽しみです♪

http://plaza.rakuten.co.jp/jpande

2008/2/1  19:10

投稿者:nowbest

どんな人でも、「郷に入りては、郷に従え!」ですよね〜!しかも、状況も、わかっていない…。
ホームステイをしているなら、家族と交流をもって、かつ情報を得なくてはいけないと思います。
ちょっと、「勘違い娘」ですね〜。
今、日本で使われている言葉で言うと、「KY(空気読めない)」だわっ、と思いました。
『いくら勉強が出来ても、常識がないと生きていけない!!』と言いたいです。(実は、私も小さい頃、非常識人間だった為、親に言われていました…。)
またまた、辛口コメントになってしまいました:)
応援ポチッ×2♪

http://nowbest1.blog96.fc2.com/

2008/2/1  17:29

投稿者:はじけ猫

すんげぇ〜っ!
あらまあ、失礼。あまりの凄さについつい・・・。
おほほ。
さしずめ、ニッポンのお嬢様だったら
「ばあやがやってくれるんだけど・・・」。
いつの時代じゃ、われ〜!
それにしても、いくらなんでもそりゃあないぜ。
豪に入れば豪に従え。あれ?郷だった(笑)?
ちょいと前はパンピーの海外旅行なんざ軽々しくできない時代があって
あたしの知り合いの中国人は国営航空幹部のおにーさんの顔パスかなにかで
こっちに留学してた。
かと思えば日本の格差どころの話じゃすまされないくらい
貧富の差が激しいくせにねえ。
ナゾの国、中国あるねえ。
と言いつつ、続きが楽しみなのである〜☆

http://diary.jp.aol.com/8cmpynp78

2008/2/1  16:38

投稿者:siorin

アメイジングインディア!
じゃなくてチャイナ、ですね。
なんかもう、中国はまだあんまり変わってないのかなあ。
共産主義国だった(あ、過去形???)ことは忘れたのか。
ワイルドスワンとか、ジョイラッククラブとか……、思い出します。


http://adelaide.blog36.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ