2008/2/14

どんどん変わっていくインド君、いいのか、これで・・。  ひとりごと

最近のインド君、
いいのかな〜、このままで、
・・・って思わされることがいくつかでてきた。

その1つ、
インド君にしょっちゅう女の子から電話がかかってくる。
いろんな女の子、
勿論全員クラスメートなのだからいいのだけど。
でも男の子からは一度もかかってこない。
多分皆、インド君が結婚しているってことで、
安全パイのようなものだと思うんだけど。

そして、先週の日曜日の夜、女の子二人が遊びにきた。
正確には勉強を教えてもらいになんだけど。

「何故夜に男の子の家に遊ぶに来るんだ?」と主人は納得いかない。
しかも相手は結婚していて、妻と離れて暮らしているわけだし。

勉強を教えてもらいたいのなら、なにも夜に来なくても、
土、日で昼間時間があるんだから、
昼間、図書館とかで教えてもらえばいいのではないのかと。
しかもインド君は自分の家でなく、ホームステイしているわけだし。
夕食時に突然やってきて、
そのまま夜遅くまでいるのはどうか、と。

帰りに見た二人の女の子は日本人だった。
やっぱり・・・?
日本ではその辺のところのボーダーが少し甘いように感じる。

それは私がアメリカでホームステイした時に、
ガ〜〜ンと頭を撃たれたから言えるんだけど。

1度目のホームステイはクリスチャンの家で、
2度目にホームステイしたのが、ユダヤ人の家だったんですね。
全く違いました。

で、ある日友達と遊びに行って、
帰りに車を持ってた日本人の男の子が家まで送ってくれたんです。
寒かったし、遠いところまで送ってくれたから、
家のリビングでコーヒを出して、30分ほど話をしたんです。

が、

その友達が帰った後、ホストマザーに、すごく怒られたんです。

男の子を家に入れるってどういうこと? 
アナタ、独身女性でしょ。慎みなさい!」

「なんて恥知らずな!」、とまでは言わなかったけど、そういうニュアンスでした。
それはユダヤ人の間では非常識なことだそうで。

へ〜、と驚きました。
だって別に自分の部屋に連れていったわけじゃなし。
リビングでお茶くらいいけないの? って。
しかも日曜日の昼間だし、ホストファミリーもいるのに。

あ〜、そういえば、以前にここにホームステイしていた人、
彼に送ってもらって来ても、その彼は絶対玄関から一歩も入らなかったっけ。
あ〜、そういうこと。(と納得)
その二人は恋人同士で、しかも結婚の約束までしている間だったのに。

ユダヤの社会ではそういうことに厳しいってことを、初めて知った。
ヨーロッパもそこまで厳しくなくても、
やっぱり独身女性が男性の家に夜に訪問することは非常識だとされているらしい。
今は違うのかもしれないけど。

そんな矢先、エージェントから、
「インド君、韓国人の女ん子と一緒にメルボルンに行くみたいですよ。」
って連絡があった。
まさか。
多分、同じ大学に行くのかな?
真相は、彼女と二人で一緒にエージェントに来たから、
単なる勘違いだったらしい。

そう、ここんとこでかけるのも、いつも違う女の子たちと。
昨日も、韓国人の女の子の家に遊びに行ったのだけど、女性ばかり。

インドにいる奥さんが知ったら、よくは思わないと思うよ・・・」と主人。
いえ、いえ、そんなこと口が裂けても奥さんには言えません!


そして、昨日は、その後なんとみんなでナイトクラブに行くという。
ナ、ナ、ナイトクラブですか?
ひぇ〜、それインド君が行くと思える the last place.
私ですらオーストラリアに来て一度も行ったことないのに。
ナイトクラブなんて、インド君の住んでいる街にはないし。
行ったことも見たこともないと思う。
どんな所か凄く楽しみにしていた。

ナイトクラブ・・・、
飲んだこともないビールも飲めるようになったし・・・。
どんどん新しい世界に入って行き、次第に変わっていくインド君。

たった1ヶ月半、しかも何もない田舎のケアンズでこれでしょ。
大都会の メルボルンに行ったら、一体どうなるの〜?

こっちにきて、監視される親戚もいないし、
自分がいかに自由な身であるか、しみじみ感じると言っていた。

危ないな〜
真面目なインド君だけに、一歩間違えば・・。

かあさんは心配してます。

そうそう、昨日インド君に、カースト制度のことを聞いたんです。
長い間、身分差別されていたカースト制度。

実はインド君の家、一番TOPのカーストらしいんです。
インドでは教師が一番偉いとされているとか。
そして違うカーストの人とは絶対結婚できなかったらしいですよね、少し前まで。
結婚した奥さん、実は2つ下のカーストらしいんですね。
本来なら結婚は無理。
勿論、親戚中から大反対。
それでも自分の意志を貫いて結婚したインド君。
親戚一族の中でも、彼が初めてのケースだそうです。

もうすぐインド君がメルボルンに引っ越しちゃうけど、
あと2年、どうか今のままのインド君でいて〜!
あんまり変わっちゃったら、きっと奥さんびっくりするから。

     バレンタインにこんな素敵な手作りカードはいかが・・?
    クリックすると元のサイズで表示します

        クリックすると元のサイズで表示します
オーストラリア情報  と 人気blogランキング ← ポチっに感謝してます☆    クリックすると元のサイズで表示します

0



2008/2/17  16:12

投稿者:cherry

★ yashuサマ
>インド君、どんどん羽を伸ばしてますね〜。

みたいですね。
もともと好奇心旺盛だから、何にでも挑戦したいのだと思います。
うまく自分でコントロールできていればイイと思います。
が・・・??
(なのでちょっと心配です。)

2008/2/16  13:40

投稿者:yashu

こんにちは。
インド君、どんどん羽を伸ばしてますね〜。
羽を伸ばしすぎて、引っ込められなくなるのでは?
とちょっと心配です。。。

2008/2/14  18:57

投稿者:cherry

★ もっちサマ
>国際恋愛は大変だわ。

インド人がパートナーなら、それは大変だと思います。
ましてや相手がトップのカーストなら尚更。
インド君ですら、同じインド人なのに大変だったそうだから、
外国人が妻、となると・・・。
お察しします。
そりゃあご両親には言えないですよね。

でもオーストラリアで知り会ってよかったですよね。
ここの法律は、結婚しなくても夫婦同然に認めてくれるから。

2008/2/14  18:51

投稿者:cherry

★ はじけ猫サマ
>インド君、はじけまくってませんかぁ?

ですよね。
小さな世界に住んでたのが、いきなり広い世界に出て、
自由に何でもでき、自分でもどうしたらいいのかわからないんじゃないでしょうか。
自分を見失い人だとは思うけど、
こうも急激な変化に、私の方も対処しきれない状態です。

この1ヶ月半で、ここまでのインド君を想像してませんでした。
想定外です。

2008/2/14  18:44

投稿者:cherry

★ ヌマンタさま
宗教で○○は食べてはいけないというのには、ちょっと納得しかねるんですよね。
美味しいものは食べてもいいんじゃないんでしょうか。
本当の神様(どの宗教の)はダメとは言わないと思うのですけど。
隠れて食べて罪悪感を持つことの方が、よほど体に悪い様な気がします。
それにしても禁断の味は特別ですものね。
禁断の恋、同様。



2008/2/14  16:34

投稿者:☆もっち

確かにインド君心配ですね。
“悪いインド人”にならないといいですね、パースのお母さん(ワタシ)も心配しています。
うちのインド君も同じカーストです。名前でだいたいどのカーストかわかるらしいですね。

インドの親が大泣きしたり心臓発作が起きないようにわたしは秘密の恋人なの。(オーストラリアでは妻と同じですけどね(^_-)-☆)国際恋愛は大変だわ。

http://plaza.rakuten.co.jp/jpande

2008/2/14  13:27

投稿者:はじけ猫

い〜けないんだ、いけないんだぁ!
奥さんに言ってやろうっ!
インド君、はじけまくってませんかぁ?
ホストファミリーの家に夜押しかけるほうも
どうかしていると思うけど
招いちゃうインド君もすごいねえ。
ちなみに、ユ○ダ教ってものすごく戒律厳しいようですよう。
ノー天気な日本人にゃ、理解できないだろうなあ。
何せ、なんでもありの多宗教国家だもんねえ。
来るものは拒まず、去るものは追わず、の精神が
見事に浸透しているって国も珍しいかも(失笑)。

2008/2/14  12:28

投稿者:ヌマンタ

日本での話ですが、知らずにトンカツを食べてしまった真面目なイラン人の男性。その美味しさに病みつきになったが、ある日禁忌の豚であることを知り号泣。

「ワタシ、もう天国行けない」と真剣に悩んでいたそうです。それ以上に同じイラン人に知られることを畏れていたそうです。

でも、今でも一人で密かに食べているらしい。クラインとの建築会社の社長が苦笑していました。悲劇なのですが、なんとなく可笑しいです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ