2008/2/22

似顔絵イラストメーカー  文化・芸術

ブログのプロフィールの写真にも、もういい加減飽きてきたのよね。
何しろ1年以上同じ写真だもの。
             ↓
          ケアンズのパームコーブ・ビーチ
     クリックすると元のサイズで表示します
 2003年、オーストラリアで一番きれいなビーチに選ばれた。

時々他の人のブログで見かけるこのイラスト、
いいな〜って思ってたのよね。
たとえば、クロアチア在住のサブローさんのプロフィール写真  → クリックすると元のサイズで表示します

で、思い切ってサブローさんに作り方を聞いたら、このサイトを教えてくれたんです。
ご丁寧に有難うございます。

        クリックすると元のサイズで表示します 

         似顔絵イラストサイトは・・・こちらをクリック


で、早速作ったというわけです。
プロフィールの写真が変わったの、お気づきですか?

・・・・ちょっと若過ぎるって?
でもみんなこんな感じなのよね。
まあ・・・、こんなもんでしょ、許されて〜!

たまにはプロフィールの写真を変えてみたいな、って思われた方、
一度このサイトで遊んでみて〜!
なかなか面白いです。

追記
なんと皆さん、もっといろんなイラストを作られてました。

クリックすると元のサイズで表示します   ← パーツが沢山あって私もブログなどに使わせてもらっています。
               友達にアドレスを教えたら大好評でした!

クリックすると元のサイズで表示します     ← 友人、会社関係の似顔絵を作って携帯に送信し、
本人から着信があった時にディスプレイに表示されるようにして使わせてもらってます。そっくりに出来たら楽しいですね。

 クリックすると元のサイズで表示します    ←  SO Good!我都好鍾意玩! 

いろいろ活用方法もあるみたいだし、是非、いろいろ遊んでみて〜!
こうしてみると私のイラスト、あまりに普通だな〜。変えてみよっかな〜。
オーストラリア情報  と 人気blogランキング  ← お役に立ったかしら? ☆    クリックすると元のサイズで表示します

  
0



2008/2/23  10:44

投稿者:cherry

★ みーあサマ
私の似顔絵はサイドバーのプロフィールの画像に貼ってあります。
下の方にあったので見えにくかったかも?
今上にあげました。
あまりに普通っぽい似顔絵なんですけどね。
みーあさんはどんなのを作ったのかしら?
あとで見に行きます。

2008/2/23  10:18

投稿者:みーあ。

あれ?チェリーさんの似顔絵はどれですか?トランプ持ってる女の子?

私もちょっと作ってきます。


その前に、ポチっと。

http://yaplog.jp/elletomia/

2008/2/22  20:59

投稿者:cherry

★ 恵サマ
挑戦されたら、のぞきに行かせてもらいま〜す。
元気いっぱいの似顔絵になりそう。
でも今のままの恵さんの写真も素敵だから、それもそのまま残しててね〜。

2008/2/22  20:55

投稿者:cherry

★ のらちサマ
オーストラリアの母さん、ね。
でも肝っ玉かあさんを想像しないで下さいまし〜。
プロフィールの似顔絵のように、さわやか路線でいってますので。(爆)
現実を直視しろ、って?

2008/2/22  20:53

投稿者:cherry

★ はじけ猫サマ
はじけ猫さんの似顔絵ってどんなんだろう・・・。
楽しみ〜。

主人がその騎士なら、私が救われるエルザ姫?
あははは・・、って、私は弟殺しの罪を着せられてるのね、それは笑っている場合じゃないわ。

2008/2/22  20:17

投稿者:恵

cherryさん こんばんは〜♪
cherryさんちにコメントを入れる前に
この 【似顔絵イラストサイト】 を覗いてみました!
何だかとっても面白そうですねぇ♪
後でシックリと見て、出来そうだったら挑戦してみます (*^-^*)
携帯の着信画面にも興味津々♪

http://diary.jp.aol.com/fnrs3qbks/

2008/2/22  14:16

投稿者:のらち

2・3日見なかったらインド君が帰ってくる事になっていたとはビックリです。でも、ケアンズに帰ってきたいと思うとは、cherryさんが信頼されている証拠ですね。
オーストラリアのお母さんですね^^

2008/2/22  14:07

投稿者:はじけ猫

おほほ〜!
相変わらず、でかいアンテナをお持ちの隊長♪
これまた、嵌りそうなサイトですな〜。
早速遊びに行って来ます!
似顔絵できたらウチにも貼ろうかなあ?
尚、ローエングリンとはワーグナーのオペラなんざます。
弟殺しの罪を着せられたエルザ姫を、
白鳥が引く船で現れた騎士が救う、という
ゲルマン民族の神話がベースだったと思います。


http://diary.jp.aol.com/8cmpynp78


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ