2008/2/26

ありえない展開! 僕、やっぱりインドに帰ります。  お知らせ

最後の最後に、『どんでん返し』、とはこの事だろう。

もう私の頭の中は真っ白、収拾不能

そもそもインド君が我が家にホームステイにやって来た日から、
すでに私達はジョットコースターにでも乗ってるかのような日々を過ごしていた。

そして、そのジェットコースターから降りることなく、
最後に一気にフリーフォールでまっ逆さまに落とされたような衝撃、
・・・・・・・、

あ〜、これまでの日々は一体何だったんだろう・・・。

約2か月前、ケアンズに着いた時からすでに、
カルチャーショックの上にホームシックだったインド君、
次の日には、大都市メルボルンの大学に転校すると言い出したり、
かと思えば翌日には、インドに帰るとフライトの予約もし、荷作り始めたり・・。

まあ、もともとはメルボルンの大学に行く予定だったらしい。
奥さんの妹のフィアンセが、メルボルンの大学院を卒業して永住していたから。

じゃあ、なぜケアンズの大学を選んできたの?。)
単純にそう思った私。

理由
メルボルンの大学へ行くには10週間のESL(英語コース)を受けないといけなかったけど、
ケアンズの大学は5週間でOKだったから。
と、単にそれだけの理由だった。

単にといっても、
この5週間の授業料は結構する。
留学生にとっては痛い金額、
特にインド人にとっては。

だから、
それだけの理由で大学を選んだとしても、それはそれでいいと思うのよ。

だったら、最後まで頑張れば? 
少なくても、ESLを終えるまでは。
ESLを終えてからメルボルンに引っ越せば? って。

私達はそんな彼を精神的にサポートしてきた。
インド君は頭脳明晰かもしれないが、
精神的にはとてもナイーブで、
考え出したらとことん考えてしまうタイプだから。


新婚の奥さんと離れ離れで生活することの寂しさ

多分、これが一番なんだろう、と察し、
気分転換に、できるだけいろんなところに連れて行ってあげたりもした。

無事ESLを終えたインド君が、
予定通りメルボルンの大学に引っ越したのが、先週の日曜日。
なのに4日目でケアンズに戻ってきた。

このことすらすでに 想定外だったのに、
1週間もしないうちに、インドに帰る決心をしてしまった。

いえ、インドに帰らなくてはいけなくなってしまったのである。

一本の電話で。
インドにいる義父からの。

神様、
なんでこうなってしまうのですか?
こういう展開は、あんまりじゃないですか?   
この試練は、今のインド君にはあまりに酷すぎませんか?      ・・・・・・・ 続く

   オーストラリア情報  と  人気blogランキング   ← 呆然としている私にぽちっと・・・
0



2008/2/27  13:17

投稿者:cherry

★ Emiサマ
マンゴはアイスストームがやってくるそちらでは、庭になるということはないですものね。

アメリカのケーキって、バースディケーキとかもユニークですよね。
というより、結構でかくないですか?




2008/2/27  13:09

投稿者:cherry

★ もっちサマ
>誰かが病気になってしまったとか、、、?
そう、もっちさんの予想、ピンポーンでした。

2008/2/27  13:07

投稿者:cherry

★ nowbestサマ
そう、今回は帰らないといけない。
誰よりも奥さんのことを大切に思っているインド君だから。
でも2か月離れて、さらにそのことに気付いただけでも、こちらに来た意味があったのかな〜なんて思っています。

2008/2/27  13:05

投稿者:cherry

★ うーしゃサマ
初コメント有難うございます。
なかなか味のあるインド人青年が、お知り合いにいらっちゃるとか。
目が離せない、ですね。(笑)

2008/2/27  13:02

投稿者:cherry

★ りりサマ
りりさんの想像通りだったら、今頃インド君大喜びでしょうね。
だって一人っ子の上にご両親を亡くされているから、家族は奥さん一人だって寂しがってたもの。

2008/2/27  12:59

投稿者:cherry

★ parsleyサマ
今回のことがいい経験になれば、と私も願っています。
まだまだ若いですものね。
それにしても、人生思うようにいかないものですね。

2008/2/27  9:16

投稿者:Emi

インド君がインドに帰らなくてはいけなくなってしまった
理由、気になるのでまた来ます。

ところで、過去記事ですが、マンゴーの木がお庭にあるとは
うらやましいです!マンゴー、大好きなので!

あと、ウエディングケーキ特集も面白かったです。
西洋のは、味はどうであれ(笑)、見た目が凝っているのが
多いですよね。「その新郎新婦ならでは」のケーキって
とても素敵だと思います。
私も、式はLAで挙げましたが、ケーキはいたって普通のでした。
今思うとちょっぴり後悔。

http://hannahthechihuahuaky.blog101.fc2.com/

2008/2/27  8:40

投稿者:☆もっち

誰かが病気になってしまったとか、、、? 次が楽しみ♪ぽちっ、ぽちっ!

http://plaza.rakuten.co.jp/jpande

2008/2/27  7:51

投稿者:nowbest

「帰ること」ではなく、「帰らなければならない」!ですかぁ。また、新たな展開ですね。続きがとっても気になります!

ケアンズに戻りたい!と思ったのは、
きっとcherryさんの所がとても良かったのでしょうね♪
応援ポチッ×2♪

http://nowbest1.blog96.fc2.com/

2008/2/27  5:05

投稿者:うーしゃ

はじめまして。インド君どうなってしまうのか!?続きがきになります(ーー;)私の知り合いにもインド人の青年がいるのですが、彼もなかなか味がある・・・インドの人たちから目が離せないっ!!続き楽しみに待ってます!

http://pocketkangaroo2.blog110.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ