2007/1/18

オー・マイ・ガッド!  オーストラリアの生活

オー マイ ガッド!! 」 (ルー流)


思わず叫んだその瞬間、それまでの楽しかった余韻がいっぺんに冷めた。

半年振りに見た映画の帰り道、すでに9時を回っていた。
こんな時間に運転することはまずない。

それにしてもケアンズの道路標識、実に複雑なのである。
フリーウエイがシティからビーチ沿いに走っているのだが、そのスピード制限が複雑すぎて迷う。
たいてい100キロ
ところどころ80キロ
シティ内は60キロ
と言う風に変る。

私はその時80キロで走っていた。
そこは80キロ制限だと思って疑わなかった。

暫くすると道路沿いにパトカーが2台も止まっているのが見えた。
何事?
何か事故でもあった?

それがスピード違反を取り締まるパトカーだと考える余裕もないほど、さっき見た映画の余韻に慕っていた。

自分の車のメーターを見る。
「80キロ・・OK! スピードオーバーしてないし・・。」

が、次の瞬間凍りついた。
目の前に80キロのスピード制限の標識が!

ってことはよ、ココから80キロ。
で、それまでは60キロ。

60キロ・・・
ギャあー、20キロオーバー!!

10キロオーバーでも反則金は150ドル。(15000円)
ってことは・・・
考えたくない。

オーストラリアではスピード違反しても、日本のようにその場で車を止めて反則のサインをさせられるようなことはない。

後で写真つきの請求書が送られてくるだけ

正確な時間と場所、その瞬間のスピード。
勿論車のプレートナンバーはしっかり写っているので逃れようがない。

頭が真っ白な私・・・後は祈るのみ。
「どうか、あの時、警官が仕事をサボっていますように!」







反則切符を切られるかどうか・・・
それって本当に、運、不運だと思う。

忘れもしない、その出来事。
九州まで行くのに、開通したばかりの山陰自動車道を運転していた。
他にあまり車も通ってなく、運転は快適だった。

「ア、警官!」
もう直ぐ関門海峡、っていうところのパーキングの入り口で警官が大きな旗を振って、「こっちへ来い」と言うイ合図をしていた。
ふとメーターを見た。

147キロ

急いでブレーキを踏んだが、到底間に合わない。
パーキングエリアのはるか越えた所で車が止まった。
そこからてくてく歩いてパトカーが止まっているところに。

(ココスピード制限80キロ?
例え100キロだったとして、47キロオーバー

致命的だね。
運転免許取り消しは確実
・・・もう1度取り直さないといけない?
今更もう取れない。

それより反則金ってどうなんだろう・・?
まさか牢屋にってことはないよね・・・・)

一瞬にして空が灰色に変ったような気持ち。
灰色どころか暗黒。

・・・・おそる、おそるパトカーに近づいて行った。
もうすでに何人かの人たちが待っていて、サインさせられていた。

「あのー・・・」それを言うのが精一杯の私。

「は〜、なにか?」と、警官。

「先ほど車を止められたのですが・・・」

「そ欧ですか、で、プレート番号は?」

「XXXXXX」

「えーーと」と言いながら調べてくれた。

「別にこちらでは、その車止めていませんよ。」

「えっ?!」

「だから、別にこのプレートの車、止めてませんよ!」

「私、スピード違反してないんですか?」

別に何も記録には残っていませんが・・」


記録に残っていない? 

そんなことってあるの?

どうやら私の間を走っていた車の陰になっていて、スピードを計れなかったのではないか・・・??
そういう憶測しか考えられない。

でも、ラッキー!

私の人生で、ラッキーだった出来事の1つに数えられるこの出来事。

もしそうでなかったら、今頃免許持ってないだろう。
オーストラリアの運転免許も、日本の免許を持っているということで、学科試験だけでOKだったのだから。


で、昨日の出来事、どうか今回のように奇跡が起きますように!
って祈ってるんだけど。
都合いいことばかり祈りすぎ? (爆)






0



2007/1/21  21:36

投稿者:cherry /管理人

ひまわり1号さんへ
お久しぶりです。
いろいろトリップに行かれているそうで・・。

パースでもそうなんですか?
本当にこんなのあり得ないって言う道がハイウエイだったりして、びっくりです。
しかも時速制限100キロ。
この道を100キロで走れるのはカーレーサーぐらいだよ、っていう道もあったりして・・・。
日本だったら間違いなく時速40の道です。

お祈り有難うございます。

今日聞いたのですが、オーストラリアでは20キロオーバーだと、3点原点、しかも反則金250ドルだそうです。
250ドル・・・・きついなー、って泣きそうです。
これは絶対に祈り倒さなければ・・・て思っています。

2007/1/21  20:28

投稿者:cherry /管理人

タッチさんへ
シドニーでは80キロからいきなり60キロに?
それ、沢山の人が涙を流しながら反則金払ってますね。
お気の毒に!
なんてわたしは人事ではないんだったっけ。
でもシドニーはこれからも60キロ制限になる道が増えるでしょうね。

2007/1/21  19:36

投稿者:ひまわり1号

ご無沙汰してます(;・∀・)

幸運をお祈りしてます(−人−)
私もここのところの旅行中に撮られてなければよいのですが・・・

Perthでは信号ないハイウェイは100km制限で、信号あるのは信号の周りだけ80km制限のようです。
というか普通の大きな道になってるだけのものとちゃんとアメリカみたいなインターチェンジのあるのとどっちもハイウェイといわれるのがややこしいです・・・

2007/1/21  10:19

投稿者:タッチ

タッチです♪
コメントありがとうございました〜!
ケアンズからですね!

シドニーでも標識いきなりかわってるとこあるし、
先週まで80だったのに
今週60とかあるんですよ〜〜〜!涙〜!

http://touchshop.exblog.jp/

2007/1/19  7:50

投稿者:cherry /管理人

まこりさんへ
「すみません攻撃」、時に効果ありですね。
私も駐車違反はこれで結構何度もOKでした。
でもまこりさんの場合、あれでOKはやっぱりラッキーでしたよね。

それと、外国人だから英語がわからないりをする、という方法も。
警官の言っていることに、トンチンカンな応答をする。
最後に警官が諦めて、「じゃあ今回はいいから次回から気をつけるように」と。
旅行者に多いみたいです。
実際英語が本当にわからないという場合もあるみたいですけど。

「トラブルに巻き込まれたら、英語がわからないふりをする」、これ、旅行者の虎の巻みたいなものだそうです。

スピード違反のカメラ、作動してない場合あります。
で、気を抜いたら、実は動いてたってこともあるので、どのカメラにも気を抜けないのです。

2007/1/19  7:32

投稿者:cherry /管理人

あちこさんへ
いくらカーライフがついていないと言っても、アメリカもオーストラリアも車がないと生活できないですものね。

ええ知ってます、そのニュース。
3人のお子さんのために水のみ大会で頑張った女性でしょ。
8リットもはいるんですね。
でもその前にきっと身体に異常が出てたはずだと思うのですが・・。
周りで気づいてあげられなかったのが残念です。

2007/1/19  1:00

投稿者:まこり

Cherryさん!無事を祈ります!ちなみに罰金のほかに点数をひかれたりとかあるのですか?
日本の高速のお話のように奇跡がおこりますように!大丈夫ですよ、きっと!私も祈ります!

近所の道路わきにあるスピードカメラ、オレンジ色です。本当に動いているのか、あやしい。何でもよく壊れているイギリスで100%機械が動いているとは思えないなあ〜。
まこりは一度豪快な走りをして、おまわりさんに車をとめられたことありました。車をとめて、おりて、おまわりさんよりさきにしゃべって、ひたすら謝ったら「今日は、注意だけにしておきます」といわれ、セーフ。大阪独特の「すんません攻撃」と泣き落とし作戦の勝利です!(笑)
 ちなみにその時、スピードかなりでてて、赤信号でつっこんで、そのうえ、シートベルトもしてなかったのです。最悪でしょ。でも、「注意だけ」とは、これが奇跡の大どんでん返し!

http://blog.drecom.jp/makori

2007/1/18  12:36

投稿者:あちこ

日本でもスピード違反で何度も切られ・・・・アメリカでも駐車違反で何度も切られ・・・・ああ、あちこのカーライフはなんてついてないのでしょう、比べたら。
PS>CAで8リットルがぶ飲み女性が急死。胃の容量からさらに超えてるんだけど、8リットルも入れるのね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ