くてくて日記

4元号いけるか












 

ようこそ!

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ご案内


 猫好きです。
 2004年7月16日開始。
 家族はサッカー狂の相方と
 小丸(キジ白猫) 
 ほぼ主役の小丸↓
 2004年7月23日生まれ、元♂です
 
 今年15歳になります

 小丸ムービーはこちら
    1/5up
 参加してます
 
 よかったら押してね

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

たくさんあるよ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:吾亦紅
manaさんありがとうございます。
niccoさんのおっしゃるとおりなんですよ。
飼えば家族と同じ、子供のようにいとおしく、なんとしても守ってやりたくなるのです。
愛猫は7年の命でしたが、苦しいだけの一生だったかと思うと不憫でなりません。
でも、動物は人間と違い、自ら命を絶とうとはしません。どんなに辛くても、今ある命をただ一生懸命生きよ
うとするのです。
癒されるだけでなく、教えられる7年でした。
投稿者:nicco
manaさん、ありがとう。
ほんと、責任って大きいです。あの子は怪我も多く、ぶっちゃけ医療費もばかになりませんでした。
幸い姉も私も最期の頃は働いていたので、皆で出し合ってましたが、小さい子供がいたりすると、通院だけでも大変だと思います。時間もお金も。
でもあの子のおかげで猫と暮らすってことの素晴らしさが解りました。
あの子の気持ちは想像するしかできないけど(笑)、私たちはあの子に感謝してます。
manaさん、飼ってしまえば自然とそうなるもんですよ。
今は不安でも、きっと大丈夫です。鳥でも猫でも、かわいいですもん!

http://red.ap.teacup.com/chibidami/
投稿者:mana
うっうっ。お二人とも泣けますね・・・
ペットを責任持って飼うということは当然最後まで
面倒を見るのも含まれているんですよね。
私は鳥までしか飼ったことがないので、最後そんなにまで
なったのを見たことがないし面倒見たことがないので・・・
飼ったとしても世話できるんだろうか、と不安です・・・
野良だと確実に死んでいるのでしょうが、人間の世話で延命するのも
それはその猫の運命だと思います。
niccoさんと吾亦紅さんの猫ちゃん、きっと幸せだったと思いますよ!

http://angel.ap.teacup.com/lovebluebird/
投稿者:nicco
悲しいことを思い出させてしまいましたね…
うちの子も最期のほうは病院通いで、きっとつらかったろうと思います。
ただただ生きて欲しいと思い入院や通院を繰り返しましたが、あの子にとってそれがよかったのか、解りません。エゴだったのかなと後悔も尽きません。
吾亦紅さんのにゃんこは、腕の中で最期を迎えられて、安らかに旅立てたと思いますよ…
私なんか、同じ家の中にいながら、看取ってやれませんでした。今でもそのことが悔やまれてなりません。

http://red.ap.teacup.com/chibidami/
投稿者:吾亦紅
読みながら泣いてしまいました。
私も昨年5月に愛猫を亡くしました。
口内炎がひどく腎臓も悪く最後の半年は病院通いで辛い思いをさせました。絶食状態、水も飲めなくなってダメだとわかりながら入院させ、面会に行った時、帰りたがって丸窓から必死で前足を出し、やがて諦め力無くパタッと横たわって・・・口を開けて鳴いているのに声が出なくなっていました。連れて帰ってからも声が出ず病院でなき疲れたのかと思っていたら、最後に私の腕の中で痙攣をして小さな声でニャーと鳴き息をひきとりました。
その後新聞で震災のショックで声がでなくなった猫の話が載っていて、きっとうちのも入院のショックで声を失っていたのだと思うと又、かわいそうなことをしてしまったと後悔の念で胸が締め付けられました・・・
横隔膜も異常があり、2歳の頃から半分覚悟していた命でしたが、安楽死というまわりの声も聞こえたけれど、生きていてほしかった・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ