2013/10/10

移住者大歓迎! 全国田舎暮らし支援制度/住まい編  

全国の自治体がさまざまな支援制度を用意して、あなたの田舎暮らしを応援してくれます。「住まい」「仕事」「結婚・子育て」等のジャンルで、全国から最新のユニークな取り組みをピックアップ。こんなうれしい制度、活用しない手はない!

(1)味噌風味の和風ミネストローネ
イタリアの定番料理ミネストローネは、コンソメや塩味で仕上げるのが普通ですが、味付けにコンソメと味噌を使用しました。グルタミン酸の旨味が加わり、後味にどこか懐かしさを感じるスープになっています。

(2)中古別荘にお手ごろ感がある那須塩原エリア
東日本大震災以降、風評被害などにより低迷が続いていた那須塩原エリアのリゾート業界ですが、今年に入り人の動きが活発になってきました。最新のリゾート事情をお伝えします。

(3)キャベツとツナのロシア風煮込み鍋
鍋にキャベツとツナとトマトを重ね、チーズとバターと一緒に煮込んだ、簡単でおいしいロシア風の鍋料理です。

(4)絶品! メロンパン
子供から大人まで大好きなメロンパン。クッキー生地のサクサク感と、パン生地のふんわり感が美味しい食感を与えてくれます。クッキー生地に砂糖をたっぷり入れて、甘くて美味しいメロンパンに仕上げました。

(5)ひとりぼっちでも安心!? 学食に一人席が導入
京都大学の学生食堂に一人用席、通称“ぼっち席”が設けられているそうです。こうした取り組みは他大学にも広がりつつあり、“ぼっち”の捉え方が変わる可能性も大いにありそうです。

(6)ワイキキで300万円台からのタイムシェア・リゾート
オアフ島の人気エリア、ワイキキの中心地にヒルトン・グランド・バケーション・クラブの新しいタイムシェア・リゾート「ホクラニ・ワイキキ」が求めやすい300万円台の価格帯で誕生します。

(7)田舎暮らしの予備校:夫婦旅講座
快適な田舎暮らしへソフトランディングするためには、事前の準備が肝心。好奇心をチクチク刺激する、田舎暮らしの予備校「夫婦旅講座」にチャレンジしてみよう。

(8)移住者大歓迎!全国田舎暮らし支援制度/農林水産業編
全国の自治体が様々な支援制度を用意して、あなたの田舎暮らしを応援してくれます。「住まい」「仕事」「結婚・子育て」等のジャンルで、全国から最新のユニークな取り組みをピックアップ。こんな嬉しい制度、活用しない手はない!

(9)未読化アプリは“LINE疲れ”の救世主となるか
便利な一方で、メッセージを読んだことが相手にわかってしまうため、見て見ぬフリがしづらく機能としても話題の「LINE」の既読機能。さらに、メッセージの“未読化”ができるアプリが登場し、注目を集めているようです。

(10)猛暑続きの甲子園、熱中症を懸念する声も
熱戦が繰り広げられている夏の甲子園。しかし、1日平均30人の観客が熱中症などの症状を訴えて手当を受けているとか。これは昨年の同時期に比べ、2.4倍。夏の甲子園、果たしてこのまま続けるべきなのでしょうか。

(11)スダチカード(酢橘ジャム)の作り方
徳島より酢橘が沢山届いたので、果汁でスダチカード(酢橘ジャム)を作りました。酸味の効いた、カスタードクリーム寄りのジャムといった風味で、これはもう甘酸っぱさの極みです。

(12)田舎暮らしの予備校:落語講座
快適な田舎暮らしへソフトランディングするためには、事前の準備が肝心。好奇心をチクチク刺激する、田舎暮らしの予備校「落語講座」にチャレンジしてみよう。

(13)楽しいヘルシー! かぼちゃのソフトクッキー
かぼちゃを生地に練り込んだヘルシーなソフトクッキーです。粘土細工のように色々な形を作ることが出来ます。かぼちゃの皮を使って顔を作ったら子供たちが大喜びでした。

(14)醤油の旨味と柚子胡椒の辛味が加わった和風カポナータ
お野菜たっぷり食べられるカポナータは、冷蔵庫に常備しておきたい定番イタリアンですね。醤油の風味が野菜の旨味を引き立たせ、柚子胡椒の辛味が味を引き締めたカポナータになっています。

(15)目の疲れをとる献立レシピ
10月10日は「目の愛護デー」です。10を二つ並べて横にすると、眉と目の形に見えることから制定されました。読書の秋もさることながら、近年スマートフォンやパソコンの普及により目を酷使する環境が多いことが問題になっています。今回は目の疲れをとるお役立ちレシピをご紹介します。

[Infomation]
ハブ大王/増大
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ