(チラシの) 裏 日 記 (´・ω・)

ここは俺のGo!Go!Niagara

(予告なく更新した記事に手を加えたりすることがありますので悪しからず。あと、画像はn(ry)

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:プータヲ
大丈夫。
右打ちの内野安打ヒッターが生まれるくらいだから。きっと進化したのさ。。

つ【荻野貴司】
投稿者:ぃょう@某家頁管理人
> 同志・p(ry

つ 輜重部隊

騎兵隊が鈍足だと全滅するでしょうが。
元々競馬ってのは、如何に脚の速い馬、強い馬を創れるかっていう品評会みたいなもんで
(管轄が農水省なのはその名残かと)
ばんえいのばやいは重いのを引いて、しかも、だからね。
まぁ、骨や肉は確りしてるだろうけど、チャンバラはちと…
投稿者:プータヲ
やっぱ、ばんえい競馬みたいなああいう太目の足がいいんですかいね。
投稿者:ぃょう@某家頁管理人
なんつうか、軍馬も品種改良でどんな過酷な任務に耐えられるように作り替えられてきたみたいで
日露戦争の前後にはかなり外国馬の血統とか入れてたようなことが、江川達也の漫画にもあったけど
今でいうと当時の軍馬には障害レースの馬が近いのかな?

今の競馬馬はガラスの脚とか言われてて、走り方を無理したりしておかしくすると
すぐ熱発だ、屈腱病だ、骨折ったら使えねー、で予後不良と。
こないだ武豊が大怪我した馬も開放骨折とかで結局…

まぁ、一の谷の時の馬と今のサラブとでは骨やら筋肉のつき方やら前々違う筈なんで、今の馬ではあんな崖を駆け降りることは無茶以外の何でもないれしょう。
投稿者:ろびーくん
崖を鹿が下りているという話を聞いて思いついたっていうから、鹿は普通に崖下りが出来るんだよね。
あの足の構造なら(後足の関節が人間と逆の曲がり)平気なのか....
でもあたしゃやりたくない。怖い。
戦争が近代兵器の集団戦になって随分様変わりしましたのう。

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ