2008/4/21

拍手掲載作品「ラビュ」  拍手お礼

長いこと居座ってた拍手さんです。
Dグレをメインジャンルから外したので降ろしました。
続きからどうぞ!




*ラビュ*


ラ「拍手ありがとね!」

ユ「ハッ、とんだ物好きもいたもんだな。」

ラ「ちょ、ユウ!そういうことは言っちゃだめさ!折角来てくれたんだから!」

ユ「事実を述べただけだ。」

ラ「もぉ。とりあえずお礼するさ。」

ユ「お礼って……なにを…」

ラ「先の二人みたいにちゅーする?」

ユ「いやだ。(断固拒否)だいたい、前と同じことしてたら芸がねぇだろうが。」

ラ「ユウちゃん……芸って、君ね。」

ユ「とにかく、どうすんだよ。」

ラ「んじゃあ、キスより凄いことするさ!」(満面の笑み)

ユ「却下。いい加減にしねぇと六幻の錆にするぞ。」

ラ「うぅ〜〜〜。じゃあどうするんさ。」

ユ「…………。」(考え中)

ラ「むー。」

ユ「………………ラビ。」

ラ「ん?なんか思い、んっ?!」


ちゅ。


ユ「………もう、これでいいだろ。」

ラ「……………………………ユ、ウ??」(目が点。)

ユ「チッ、もう行くぞ!」

ラ「えっ?!ちょっと、ユウっ?!!」

ユ「るせぇ!付いてくんな!!」


バタンっ!!


ラ「ゆ、ユウが、ユウから………〜〜〜〜〜っ!!」(////)


その頃、神田


ユ『チッ、なにも浮かばなかったからってアレは……〜〜クソっ!!』(/////)



はい、お疲れ様でしたー。あ、分からなそうなところを解説しますと、「先の二人」って言うのは、今も拍手の一番目にいる土沖対話文の二人のことです。同じ感じにいちゃついてるのでそれを指して言ってます。

Dグレに愛が無くなったわけではなく、いわゆる小休憩みたいな感じでちょっとの間触らないことにしました。引き続きリクは受け付けますのでどうぞリクしてください。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ