2008/8/10

サポーター  スポーツ

先日とあるアイスホッケー関係のBlogを見ていた時、気になるコメントが有りました。

此処のチームはまだ創部1年少しのチームで、経験者・初心者を交えて一生懸命練習に励んでいます。

13日から始まる全国高校選抜アイスホッケー大会に向けて調整中ですが、その中での練習試合の結果についてのコメントで。

選手やスタッフに激を入れるつもりで書き込んでいるのだろうと思いますが、試合も見ていないのに【試合に勝てないのは選手やスタッフに問題がある!】とのコメント・・・

アイスホッケーという競技、知らない人間が見ているとそう思えるのでしょう。

アイスホッケーは其の経験の有無が、試合結果を大きく左右されるスポーツです、
一年や二年で結果出せるほど甘いスポーツではありません。

まして経験浅いチームが経験者ばかりののチームから得点するなど至難の業です!

選手やスタッフはその辺のところ自覚しながらも、将来の事見据えて一生懸命練習に励んでいるのだと思うのですが、サポートする側がそこを認識出来ないと、そんなコメントも出てくるのだと思います。

確かに試合すれば勝つほうがいいに決まっていますが、スポーツしていく上で大事なのは試合の勝敗だけなのでしょうか?

それなら初めから負けるとわかってる試合はしなければいいだけの話ですが、試合に参加して試合に勝とうと努力してこそ本当の意味でのスポーツの楽しさも出てくるはずです。

まして団体競技では一人の努力だけでは勝利あり得ません。

たった1Gあげるためにチーム全員が知恵を絞って、体力の限りプレーする事にこそ意義があるのです、誰だって試合に負けたいと思って練習している人は居ません!

サポーターは監督やコーチでもありません、スポーツを理解できない人はすぐに、勝てないのはスタッフの指導方法が悪いとか、負けたのはどの選手が悪かったからと勘違いしています。

真の意味でのサポーターなら何時の日かの勝利信じて、選手やスタッフを陰ながら辛抱強く見守って欲しいと思います。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ