2020/12/6

12月になりました(1675)  鹿児島鉄道模型クラブ

まいどです(^^)/
今年は新型コロナウイルスに明け暮れる1年になりそうで、更に残念な事に自粛努力だけでは限界がある事もこの時期に及んで分かって来ました。
でもみんなで考えて実行出来る対策を施し、鹿児島鉄道模型クラブは11月22日(非公開)と23日(一般公開)に運転会を行いました。

運転会の模様は画像のような感じで、今回はNがメインで16番(HO)はサブの位置付けを明確に出した事で、会場で久しぶり(数年ぶり)に見るNゲージ車両が多く、刺激になりました。
その一方で新規格に移行してから全く出番が無くなった一世代前のモジュールですが、新規格への移行や保管場所の兼ね合い等から順次引退させる事にしました。
まず今回で新幹線16連対応の複々線駅を引退する事にし、運転会の二日間でその役目を果たして貰いました。
(これは去る11月28日にレールとボードに解体しました。)
また会場の机の高さがバラバラだった為、会場で急遽16番用のベニア平原を作りましたが、土台のベニアに茶色や黒で塗装済み状態にしているせいかそれなりの感じで、違う製作意欲が出てきてしまい、

路面ホイホイ

ならぬ自分用の「ユニトラ」ホイホイ規格を作ろうと設計に入るつもりです(笑)
Nゲージの規格をベースにしますが、Nと比べ単に大きさだけで無く重量もある16番車両を走らせるので、それなりの対応を考えるつもりです。
(まず最低半径を610ミリか670ミリのいずれかに引き上げ、接続部はNではジョイントだけであるものを16番ではレールそのもので接続するように考えてます)
さて16番は二日目に大盛況で、初冬の運転会らしく除雪車が登場し、南国では決して見る事の無い車両に目を見張りました。
ちなみに中のローラーは乾電池式になっているそうで走行電圧に左右されない回転で見ていて楽しかったです。
このような運転会でしたが、終了から約2週間「新型コロナウイルス」の発生が無く、ちょっとだけホッ!としています。
皆さま本当に有難うございました。
次回はもう来年ですが、日程が決まりましたら鹿児島鉄道模型クラブの掲示板等でご案内しますので、忘れた頃にチェックして下さいね。

ではまた see you again (^^)/~~~

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ