2021/4/7

4月になりました(1681)  

まいどです(^^)/
以前テレビでドイツ発中国行きのコンテナ列車の運行が始まったニュースを見て衝撃を受け、いつの日かドイツのコンテナヤードに

JR貨物のコンテナがあったら

と思いながら構想を描く事数年、日本型16番車両でメルクリン(ヨーロッパ)規格の最小半径R360ミリを通過出来るのが

カトー製

と言うのが分かってきたので、まずDCCとか室内灯とか考えなくて良い貨物(コンテナ)列車をメルクリンやRocoの機関車に牽引させる為、どうすれば良いか?を考え、それを実験した結果です。

ネットで検索すると関西の有名模型屋さんにヨーロッパ型(NEM362)対応の

ケーディカプラー

の在庫があるようで、どうもそれを使って機関車のカプラーを交換する事が基本のようですが、コストをかけたくなかったので

片方だけ

しかもテストを兼ねメルクリン貨車のカプラーと根元から入れ換える事にしました。

結果はメルクリンカプラーに入れ換えたコキ104はメルクリンのR1(半径360ミリ)を走る事が確認出来ました。
ただこのやり方だとヨーロッパ製機関車に牽引出来るのがコキだけなので、折りを見てカプラーが入手出来たら、機関車のカプラーの片方を交換するつもりです。
さて、ヨーロッパ型のクローズドカプラーに交換したコキ104ですが、もう一方はKATOカプラーHOのままなので、これまで通りの遊び方が出来るようにしてあります。

ではまた see you again (^^)/~~~

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ