すずけらの腐女子結婚生活日記

結婚、出産子育てに仕事と腐女子にも関わらず萌生活から離脱気味にならざる追えない日々の奮闘記です。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:くらもとえいる
二人目は?とかひとに言われるのってなんか辛いですよね…。
私は一人目も二人目も奇跡的に授かって産めたのですが、みんな、「若いから三、四人産んじゃえ」って簡単に言うんですよね。
そんな簡単じゃないのになあ、って思うんだけど。子供を授かるって本当に奇跡的なことだし、人一人育てるって大変な事なのに。
それが親戚親関係だときっとさらに辛いですよね。


今結婚してまる十年たったけど、順応性の高い夫でも最初っから子育てに積極的なわけではなかったです。
私たち母親はお腹にいるころから毎日毎日親として子供に育てられてるけど、夫はお腹に子供がいるわけじゃないし、生まれてからも働きに出ているから接するのはほんのわずか。
明らかにキャリアが違います。

子育てと同時に夫育てをしなきゃいけないんだから妻は大変ですよね。
しかも育て方はたいして変わらないですよね〜(笑)

ファイトー!
りりさん!

ときには本気でブチッとするのも大事です。
投稿者:すずけらりり
>くらもとえいる様
子供よろこぶのかぁ。昔の絵。
うちのダーリンは、色々手伝おうという気持ちはものすごくあるのよね。その気持ちはものすごく伝わるし、気を使ってるのもわかるの。
でもね、順応じゃなくて、ものすごく空気読めてないんだよね。休日に一緒に電車のって、そんなに機敏に動けない私に向かって、座っちゃいな。とか、言うし。時々背中押すし。たいした駅数でなければ、つかまる所さえあれば平気なのにね。
それほど重くないものも、そういうのは持たなくていいから。とか言ってくれたり、洗濯はやらなくていいからとか言ってくれるのですが、寝坊助なので、まってたら家事がまわらないし。
ダーリンの方の実家の助けは、正直望めないですね。会う度に次の子供は早い方がいいとか言われるのが目に見えるので、それがストレスで。

うらやましいです。少しでも出来る心の余裕を持たせてくれた旦那様とご家族が。
投稿者:くらもとえいる
左手に乳児を抱きながら出産エッセイ漫画ペン入れしてたのを思い出しました〜。
もしもあの時描いてなかったら今はなかったと思うので、マイペースでも決して絶える事なく続けててよかったと思います。
ただし、続けてこれたのは夫が80パーセントいろんなところに目をつぶり、子供と共にたくましく順応してくれたからこそだと思います。
両方の実家の助けもありがたい。
母体が健康であればお腹にいるときが1番動けるので友達に家に来てもらったりお茶しに出掛けたりしたほうが本当はいいんですよね(りりさんはよく我慢してますよ〜)
程よく歩けば足がポンプの役割をして血行よくしてくれるし、ストレスも発散!
赤ちゃんが大きくなると押されて便秘がちになる人もいるからストレスためたり動かなかったりはマイナスになるし。
って…パパさんに出張講座しにいきましょうか?(笑)


昔の原稿捨ててるんですね〜。
いまさらですが、子供たちがこの間実家で私の小学生のころの絵をみて喜んでたのでちょこっとあるといいかも。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロフィール


<名前>
すずけらりり
<オフ活動>
R企画(個人)
EDERI(合同)
というサークルに所属。
現在子育てのため活動休止。
<萌え傾向>
三国志の特に周瑜を
こよなく愛すおたくママ。
息子に三国志系コスプレ
をさせる計画を目論見中。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ