2020/3/5

ワルターのイギリス  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
SONY Records SRCA 8734 CD 1992

ドヴォルザークの交響曲第8番だ。「イギリス」の名称でもお御馴染みだが、この曲が聴きたくなると即座に掛ける定番のCDでもある。演奏は批評家の宇野功芳先生には些か評判の悪いものだが気楽に聴くのだから関係ないだろう。収録年は1947年、ニューヨークフィルのレコード用の演奏。幸い年代の割りに音質が良い。その演奏は極めて表情的だ。なんか気持ちに流れっぱなしなので、まるでアマチュアみたいだが、グッと気持ちが入ると濃厚な表情を見せ、中々聴かせる。テンポも加速すると止まらなくなる。楽員もそれで上滑りするが、そこが面白くもある。時に常軌を脱した激しさを見せるが、なんだか如何にも人間が音楽をやっている感じが良いのだ。なのでアダージョも気持ちを込め過ぎ野暮ったいが、そこが素敵だ。しかしながら形式的で何も面白くない演奏を聴くよりはマシだろう。第3楽章の優美な旋律も磨き過ぎて思わずホロッとする程だ。それにしてもこんな"御涙頂戴のアレグレット"なんて、そうざらには聴けない。終楽章は正に集大成だが、冒頭のファンファーレから輝かしく、旋律に気持ちが常に篭っているので夢中に成ったら止まらない演奏。だからアレグロは乱奇知騒ぎ。この曲に掛けた巨匠の気持ちがよく解かる。だけど「そんな処がファンには魅力なんだろうな?」と思いながらも大物の割りには印象が薄い巨匠だ。(「それが原因なのかな?」と聴き終わると何と無く理解出来る。)コーダも完全に上滑りして終わる。次に「モルダウ」が収録されている。録音年は、1941年。これも表情的な演奏。浪漫的過ぎる感じがする。ここでもテンポの速い箇所は上滑りしているが最初のイギリス交響曲と比べ、今1つスムーズに音楽が進まない。ニューヨークフィルと巨匠の音楽性にズレがあるのだろう。それ程に感傷的な演奏。最後は、R・シュトラウスの「ドン・ファン」だ。録音は、これが一番鮮明。1952年に収録しただけの事はある。これは、前2曲と違いストイックな演奏で逆に色が無い。テンポも速く、どんどん進むのだ。巨匠にしては近代的な表現だ。ドライで禁欲的なベームみたいな演奏だ。残念なのはやや造型が甘い事。そこが如何にも巨匠らしい。だけど必要な音は漏らさずよく鳴る。一点の曇りのない演奏だとも言える。そのせいか聴き終わると圧倒的な印象を受ける。不思議な指揮者だ。


人気ブログランキングへ

クリックすると元のサイズで表示します
Columbia Graphophone England 33CX 1036 LP

上記の文は2010年に上げたものだが、誤字や文章上の表現の間違いを改正した。その演奏を今更ながら英国コロムビアの初期盤で聴き直してみたので、その感想だ。商品番号は、33CX 1036だ。(その 33CXの連番にはフィルハーモニア管弦楽団を指揮した若き日のカラヤンのレコードもある。)さて聴くとするが、針を下すとト短調で始まる序奏から深い。その後のフルートがなんと素朴な事か?この第1楽章は、Allegro con brioだが、正にそれですぐ駆け出すのだが、レコードの方が音の肉付きが良い為か上滑りはCDで聴いた時よりは感じられず、「イケイケ」状態だ。表情の急変も、レコードで聴いた方が唐突感がなく有機的だ。突進振りが物凄い。各主題も明確に聴こえる。やはりCDの場合はリマスター処理によって音楽の大事な部分が削り取られるようだ。で、第2楽章だ。Adagioだが、フルートとオーボエのソロの後にヴァイオリンのソロが現れる処が、まるで対話でもしているような風情がある。この楽章もテンポはかなり自由に動く。処々激しく感情的な部分も、この楽章の特徴だが、そんな傾向の演奏であれば聴く方も良い意味でノッて来る。演奏のスケールも、どちらかと言えば小さいので生にワルターが、この曲に込めた思いもダイレクトに伝わる。そんなワルター節とも言える演奏が第3楽章で味わえる。 Allegretto grazioso - Molto vivaceの楽章だが、冒頭から美しく、ニューヨークフィルも良く歌う。あまりにも感傷的過ぎる程だが、この曲にはそれ位がちょうど良い。聴いていても納得する。これならば「アメリカのオーケストラも悪くないじゃん!」と思う程だ。コーダはト長調4拍子だが、力強く踏みしめている。そして第4楽章、即ち Allegro ma non troppoだが、トランペットによるファンファーレは輝かしく、目が覚める位だ。チェロによって主題が静かにゆっくりと提示される部分はまるでブラームスだが、最初に提示された主題は次々と変奏を繰り返すうちに巨大になるのだが、その過程が自然で、それが膨れ上がった頂点では、ホルンのトリルも効果的だ。コーダは輝かしく、乱痴気騒ぎで終わるが、こんなに楽しい演奏ではどうでも良くなってしまう。しかしこの演奏はワルターのレコードでは割と地味な存在だ。

(2010/03/14の記事より追記)

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ