2013/2/22

世界初録音の皇帝  SPレコード


クリックすると元のサイズで表示します
H.M.V D 625/629 05694/05703 78rpm
wax.Cc1182T.Cc1183T.Cc1184V.Cc1185W.Cc1186U.Cc1187T.Cc1188U.
Cc1189W.Cc1190V.Cc1191U



リスト最後の弟子と言われたフレデリック・ラモンド(1868-1948)のレコードである。リスト他界時のラモンドは、17歳であった。古くの音楽ファンには、SPレコードで聴かれて御存知の方も居るだろう!録音歴は古く喇叭吹込時代から記録が在るが同時期にピアノ・ロールにも記録が在る。ここでは、世界初の全曲録音に成った皇帝協奏曲のSPレコードを紹介しよう!収録は、1922年である。楽団は、ロイヤルアルバート・ホールのオケである。指揮は、ユージン・グーセンス(1867-1958英)である。当初、私は感違いをしていたのだが、例のポルノ写真所持スキャンダルの息子(1893-1962英)では無く、ヴァイオリニストで指揮者の父上の方である。さて、この演奏は、歴史に残る貴重な部類のレコードである。ピアニストのF・ラモンドは、F・リストの最後の弟子でH・V・ビューロにも師事した事の在る人である。そのピアニストが弾くこのレコードが歴史的に重要で無い訳が無い!録音年代的に蓄音機で聴くのがバランス的にも良いので是で聴いてみた。


クリックすると元のサイズで表示します



さて鳴らしてみると意外に鮮明な音質に驚くが、喇叭吹込みも末期なので改善されているとみて良いだろう!テンポも快適で流れる様な軽やかな滑り出しはラモンドが技巧的にも絶好調だったと言う事が解かる。こんな滑らかなピアノは、この曲で聴いた事が無い!実は、この曲は、私は苦手で下手な演奏に掛かると、只大仰なだけで音の塊しか感じられない!これは伴奏者にとっても難しい曲なのかも知れない!しかしグーセンスも古い録音にも関わらず卓越したリズム感で見事に答えており、卒が無いのに品が良い事にまたまた感心してしまう!色彩感も感じられるのだから見事なものである。ピアノの音もエレガントの極意で流石にリストの弟子と唸らせる。歴史的な名盤と言う物は、数多く在るが、何故そう言われているか由縁が解かる気がする。こんなに洒落た第1楽章は稀である。似た様な傾向の演奏にK・ベームとM・ポリーニのレコードが在るが技巧は見事なものの洒落たリズムに乏しく、全く、これには及ばない!第2楽章も傾向としては同様だが、天に向かって音楽を奏でている様で、天衣無縫の世界観が在る。確信に満ちたタッチで在りながら少しも無骨に成らないのも素敵である。終楽章の出だしもエレガントの極意である。ピアノの素晴らしさが本当に解かる演奏だ!これぞ音楽に満ち溢れた名演と言えるだろう!

尚、指揮者については拍手コメント欄により御指摘が在りました。情報ありがとうございました。

人気ブログランキングへ 


2010.5.14 投稿記事より訂正
2



2013/2/18  5:58

投稿者:ひまうま

拍手コメント欄に伴奏指揮者について別人との御指摘が在りました。情報の提供ありがとうございます。後に訂正致します。

m(_ _)m


http://red.ap.teacup.com/furtwangler/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ