2010/7/31

シェルヘンのマーラー  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Warner-Pioner Westminster G-10571/2 2LP


鬼才、ヘルマン・シェルヘンのマーラーである。曲は、第5交響曲だが、楽団名のウィーン国立歌劇場管弦楽団の名称は、どうとでも取れて判断出来ない!しかし合奏能力からして所謂、シュターツカペレ?かどうかは疑問が残る。それは覆面オケである事が否定出来無いからだが、一節によるとシュターツオーパーかも知れないとの指摘も在る。これは、パイオニア・レコードで、米、ウエストミンスター盤を再発した盤だが、オリジナルを尊重しており、マスターテープが、不幸にして紛失していた場合、良好なオリジナル盤から板起しをしてマスターを備える徹底振りであった。流浪のレーベル成る失意である。御家芸の室内楽に於いても万全を尽くしている。これも解説によると批評家の故.岡俊雄さん所有のレコードから音取された様である。そこで気に成る音質だが、その様な事情を知らずに聴けば、極めて良好と言えるだろう!オリジナルは、1952年に米国で発売されている。さて演奏だが、冒頭のトランペットが、如何に響くかが注目されるが、ワルター盤よりは明瞭である。オケのスケール感も在るので、この交響曲を聴く醍醐味は充分に満喫出来る。第1楽章が、葬送行進曲で在る事は、悲壮感漂い、暗く深鬱な表情で、楽天的なワルター盤とは、正反対の表現である。その後の急落的な爆奏も分裂気質の作品の性格を表しており、作風が、シェルヘンに合っている様だ!常に常人とは違う危険な演奏である。第2楽章には、嵐の様に激しくとの指示が在る楽章だが、意外と冷めた表現をしている。寧ろ弱音が、慎重に扱われており、激しい楽想との対比が効果的である。テンポも動くが、気分で成り立っていないのは、リズムの取り扱いが厳しく、決して上滑りしない頑固な造型が、曲の性格を露わにしている事からも理解出来る。それに対し第3楽章の気楽とも取れるユーモア溢れる演奏は、聴く者の緊張を緩ませるのに充分なものが在るが、常に影が付き纏う曲想に不安を覚え、この曲が、マーラーで在る事を証明している。第4楽章は、浪漫主義への懐郷とも取れるが、寧ろ淡々とした演奏である。無理に表情を煽らない点が好ましく感じられる。終楽章は、各主題の性格を的確に描き分けており、全体の構成を念密に築きあげる事で、マーラーの優れた対位法的な造型を見事に音に表している。終始部の壮大な表現も、この交響曲に相応しい!余白面に第10交響曲の第1楽章が入っている。儚く美しい旋律が、半音階的で悲劇的に扱われ、徐々に膨れ上がる主題を激しい情熱が取巻き、正に慟哭するかの様だ!終始部の直前に現れる不協和音もシェルヘンの表現は、強烈で在り、滅多に味わえない圧倒的な印象を残し、曲は終わる。

人気ブログランキングへ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ