2014/6/20

ウィーン・フィル初のマーラー交響曲全集から  交響曲


クリックすると元のサイズで表示します
CBS Sony 30DC 705 CD 1987


ウィーン・フィル初のマーラー交響曲全集からの分配である。米国オケの録音中心に手掛けてきたCBS−SONYが、欧州オケの録音を始めた頃の大掛りなプロジェクトであった。収録年は、1982年10月とある。指揮者は、ロリン・マゼールである。当時、巨匠は、ウィーン国立歌劇場の総音楽監督を務めており、ベーム亡き後の欧州楽壇では、カラヤンに継ぐNo.2で在った。正に絶頂期である。巨匠は、非凡なる才能の持ち主で在るが、意外と活動範囲が広い割りには、目立たないのが不思議な位で在った。しかし、この演奏は、巨匠の特色を伺うには最良のCDと言える。いつの頃からか超絶級の遅いテンポを好む様に成った巨匠だが、この5番の交響曲も例外では無く、冒頭のトランペットが鳴り響いた後から遅くズッシリとしたテンポで精密に楽曲の構成を解き明かしていく様は、スリリングでも在り、リアリティーに満ちている。録音バランスもDGGで聴かれる柔らかい音色とは、ハッキリと異なる。まるでスコアに在る全ての情報を再現しているかの様だ。だから第2楽章の重量感も他の演奏で聴けないものである。それでいて主題の扱いは、どこ迄も精密なので、複雑に絡み合う音の動きに神秘を漂わせ壮大なフォルテシモに対しカタルシスを感じる程である。しかし、それが必ずしも作用しない面も在り、第3楽章冒頭のユーモアが欲しい処でも大き過ぎるスケール感が足枷に成っているのも否定出来ない。だが冷たく燃焼する巨匠特有の趣が、作品が持つ狂気性を明らかにしている点は面白いと思う。第4楽章は、ウィーン・フィルの特性が伺え、緻密な表現の中にしなやかな弦が舞う趣きが在る。終楽章は、宛ら花火の様な色彩感だが趣味は良く、全奏時に於いても鋭角的な響きに成らずに依り壮大さを増すのが素晴らしい。此処でも巨匠の頑固とした造型感は完璧であり、とても理性的な表現である。これは、バーンスタインに代表される感情的な表現とは対極を成す演奏である。余談だが、初販売時は、LPレコードとしても発売されており、ジャケットのポップなデザインは忘れられないインパクトがあった。そこでようやく、そのアナログ盤を最近購入した。やはりこのデザインの方がしっくりくる。



クリックすると元のサイズで表示します
CBS-Sony 50AC 1662-3 LP 1983

2010.7.2 の記事から補足

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ