2010/12/25

ウェリントンの勝利  クラシック


クリックすると元のサイズで表示します
Polydor Japan MGX7031 LP


これは、ベ―ト―ヴェン最大の愚作と言われる作品だが、作曲された時代背景から見ると時流に合ったものなので、現在には合わないと言うのが実際の処である。この作品が作られた背景は、1812年の戦闘に於て、オ―ストリアの同盟国であった英国軍が、フランス軍に勝利したのが、実は発端である。その英国軍を率いたのが、ウェリントン将軍であった。つまりそれは、その勝利を祝って作られた祝祭曲であり、イベント曲でも在ったと言う事である。因みにそれを企画したのは、ベ―ト―ヴェンの友人であり、メトロノームの発明者として知られるメルツェルであった。当時のメルツェルは、作曲者に対し所謂プロデュース活動をしており、この企画は、英国を賛美しながら実は、英国に媚びを売って利用するのも目的だった!そのメルツェルの思惑は、見事的中しており、俗な言い方だが、大いに儲かったらしい!何せ当時の祝祭イベントでは、必ず演奏された曲だったので尚更であろう!




尚、同時期の作品には、交響曲が2曲在り、其の後7番と8番が作曲された。双方、現在では人気曲だが、当時は「ウェリントンの勝利」を演奏する時は、前座的な存在だったと言う事なので、人気の程が伺えよう!つまり、この曲は、ナポレオンの敗北を表したものだが、同年は、ロシア遠征にも失敗しており、散々の年だったと言えるだろう!さて、レコードだが、収録は、1969年に行われたものだが、楽団は、勿論、ベルリン・フィルである。曲は、2部構成である。第1部は、ヴィットリアの戦いの模様を表しており、戦闘場面と言う事も在ってか、大砲や銃声を効果音として使用する場合が在り、流石にイベント目的で書かれた曲で在る事が解かる。そして第2部は、勝利の曲として書かれている。そして裏には、同年のフランス軍のロシア遠征の失敗を描いたチャイコフスキーの「1812年」である。ナポレオンにとっては、踏んだり蹴ったりの曲でカップリングされている。此方も鳴り物の多い曲だ!収録は、1966年である。尚、合唱は、ドン・コサック合唱団である。それで演奏だが、いつも演奏効果を狙う巨匠の事なので、どうかと思ったが、意外と正統派で造型面でも優れており、乱痴気騒ぎで終わらないのが良い!この手の曲で、名演も在り得ないので、名盤としては敢えて紹介するのは止めておく!指揮はカラヤンである。



人気ブログランキングへ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ