2011/1/3

密林の聖者  クラシック


クリックすると元のサイズで表示します
Toshiba EMI TOCE-6918/20 3CD 1991


アルベルト・シュヴァイツァーが、EMIに残したオルガン曲を集大成したCD集である。これは、J.S・バッハの曲目で構成されている。さてシュヴァイツァー博士と言えば、アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレネにおいて、当地の住民への医療などに生涯を捧げた件でも御存知の方もおられるだろう!だから音楽ファンでなければ、博士がオルガニストで、数々の録音が残されている事も知らない人もいるだろう!何せ「生命への畏敬」への哲学などでも知られており、世界平和にも貢献し「密林の聖者」とまで呼ばれた御仁である。その業績は野口英世のように児童向けの偉人伝等で触れた人も居る事だろう!私も其の口なので、バッハの研究家で尚且つ録音が残っている事を知ったのも大分後の事である。博士は、1875年当時、ドイツ帝国領だったオーバーエルザスのカイザースベルク、(現在のフランス領アルザス・オー=ラン県のケゼルスベール)で牧師の子として生まれている。博士は、7歳の頃からピアノを習い、14歳の頃からパイプオルガンを習っている。これが、バッハの研究の下地となった訳だが、リセ(Lycée)(正確にはジムナーズ=ギムナジウム(Gymnase))を卒業後、シュトラースブルク(ストラスブール)大学に進学しており、神学博士・哲学博士を取得している。尚、哲学博士の論文は『カントの宗教哲学』との事である。

さて此処では、CDの紹介をするので、博士の功績は、其の位にしておくが、3枚に分けて収録されたCDを聴いていると、なんと慈愛に満ちた音楽が聴こえる事かと思う!特に其れを感じるのが、1枚目の衆賛前奏曲をまとめたものである。これは、私もお気に入りで、このCDを掛ける時には、必ずと言って良いほど聴いている。博士のバッハの解釈は、現在に於いては、評価が変わろうと言うものだが、確かに演奏精度に於いては、何かと物足りなさを感じる。だが淡々と色を付けずに進む演奏は即物的で、聴いていると作品の真の姿が見事に浮かび上がる事を目の当たりにする事だろう!だから2枚目のトッカータとフーガ.BWV.565 も大フーガ.BWV.578 もアッサリとしたものである。特にこの曲は、ストコフスキー張りにオルガンで大袈裟な演奏をする傾向に在るので、この様な作意の無い演奏も良いものである。それは構えの大きいトッカータ、アダージョとフーガ.BWV.564 も同様である。それは、3枚目に収録されている曲目も然りである。因みに気に成る音の状態だが、復刻は上々なので鑑賞には差し支えないのは嬉しい!是は、1935年と翌年に収録されたものを中心に構成されている。

人気ブログランキングへ
クリックどうぞ!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ