2011/11/28

オリジナル盤に問題のあるクライスラー  協奏曲


クリックすると元のサイズで表示します
Toshiba-EMI TOCE-7821 CD 1992


クライスラーが、電気録音初期に録音したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲である。これは、1926年に収録されたものだが、伴奏指揮は、レオ・ブレッヒ、楽団は、ベルリン国立歌劇場管弦楽団である。これは、古くからレコードを聴いている方には、よくお解りかと思うが、オリジナル盤のピッチが、バラバラで、商品製造の際の技術陣の体制にも大いに疑問を持たれるものである。このCDの復刻には、市販のレコードが使用されている様で針音も在るが、音質は、とても素直で聴きやすい!オリジナルは、英HMVである。国内盤は、確か日本ビクターで発売されていた筈だ!SPレコードと言うと78回転との認識が一般的だが、工業精度が不安定な時代は、とても不安定だった。オリジナル盤や国内初期盤を御持ちの方は、充分体験されていると思うが、聴いていると「???」と言う状態になる。其れは、参考に其のSPレコードの回転数を記するとレコード自体は、6枚組11面に収録されている。第1楽章は、6面を有するが、1面から4面までが、76回転、5面が、77回転なのに6面が、75回転である。第2楽章は、7面からだが、7面から8面が、76回転、そして終楽章が、9面から始まるが、其の9面が、76回転なのに10面が、77回転で最終面が、76回転に成ってしまう!そんな状態のレコードなので、オリジナル盤を御持ちの方は、余程、神経質な人なら兎も角、一般的には、諦めて聴いているのが現状だろう!だからこのCDは、そんな体験をされている方には朗報である。ピッチは万全に修正されている。此処から演奏について述べるが、カデンツァは、クライスラー自身のものである。誇張無く素っ気無いほど自然に始まる序奏は、リズムが適正で、すんなり耳に入ってくる。其れからヴァイオリンが入ってくるが、甘い音色を聴いているだけで先行きを期待されるが、何の停滞感も無いサラサラとした歌いまわしには独特の味も在り、これこそクライスラーだと思う!ブレッヒの伴奏も決して力んでいないのに聴いていて不足感を感じない!沸々と湧き上がるような情熱も充分感じられる。双方の掛け合いの間も良くて思わず聴き入ってしまった。カデンツァも見事だ!第2楽章も双方の意思の疎通も万全なのか素朴な伴奏と共に情感豊かなヴァイオリンの音が素敵である。この箇所をある批評家が、「天使が、舞い降りるようだ!」と評していたが、聴き直してみたら本当に其の通りで「じーん」と来てしまった。終楽章も優しく穏やかな演奏で音に愛が篭っている。現在の録音と比べてダイナミクスの点で不足を感じる箇所も無い訳でも無いのだが、演奏スタイルが、其れを望んで無いようだ!私は、是でも充分である。カップリングは、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番である。此方の収録は、少々古く、1924年から翌年とされている。年代的に喇叭吹込みだが、然程、古さが気に成らない!何故なら演奏が迫真的で息つく暇も無い程だからである。此方の伴奏は、ユージン・グーセンス指揮のロイヤル・アルバートホール管弦楽団である。第1楽章は、正しく入魂の演奏で、此方の方が迫力が在る位だ!だから伴奏者共々集中力の強い演奏で周りの全てのものを巻き込むかの様である。聴いているとこの頃が、クライスラーにとっては全盛期だったのかなとも思ってしまうが、事実正解かも知れない!其れと言うのも、こんなに熱中したクライスラーを聴ける録音も無いからだが、兎に角、演奏に熱いスピリットを感じる事が出来る。第2楽章も決して弱々しさを感じない堂々たるものである。力強く面々と弾き切っている。そして其れだけでは無く、勿論歌に満ちている。終楽章も快演で聴いていても気持ちが良い位に情熱を爆発させている。聴き終わって、もう少し録音技術の発展が早ければと残念な思いがした。

人気ブログランキングへ
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ