2012/1/13

聴き過ぎてアンチになった曲  室内楽


クリックすると元のサイズで表示します
RVC RGC-1033 LP 1975


聴き過ぎてアンチになった曲が在る。それは、アントニオ・ヴィヴァルディの「和声と創意への試み」の協奏曲第1番から4番なのだが、通俗曲名も口にするのも愚か文字にするのも嫌な曲なので敢えて題名も紹介しない!だけど其れでも紹介するのは、初めて聴いた印象が強烈だったからなのだが、この曲と言うと「イ・ムジチ合奏団」のレコードばかり賞賛されるのも芸が無いと思っていた事もあり、其の演奏に引導を渡す意味合いで取り上げるレコードでもある。録音は、まだステレオ初期の筈で、テープヒスもシャーと聴こえてくるが、RCAらしい力強い音質で、音自体の存在感も在るレコードである。聴き過ぎてアンチになったと在るが、不思議とラジオ、テレビ問わず春先になると必ず鳴り響くのもこの曲である。しかしアンチになった理由には、オマケがある。其れは日本テレビで1982年頃に放送された火曜サスペンス劇場に「受験地獄」と言うのが在って主役の太川陽介が東大に不正合格する話だと思ったが、其の鍵を握る浪人生が、大のクラシック音楽ファンだと言うのに何故かヴィヴァルディの其の曲ばかり聴いている設定で、とにかくクラシック音楽を聴く場面になると其の曲ばかり掛かるドラマだった。オマケにBGMまで其れなんだから嫌気が差してしまった!其のしつこさたるや正に韓流と変わりなく、なんでも限度を超えると嫌になる見本の様なドラマだった。現在の風潮では、韓流がドラマでも音楽でも嫌われているが、ゴリ押しは、ものが違えど同じ結果になるものだ!さて、このレコードだが、嫌いなので粗雑に扱ったせいか痛んでいるが、音はしっかりしている。しかし演奏は、唸る低弦、叫びを挙げる高弦が聴きものの個性的なものだが表題事の描写は寧ろぶっきら棒で、終止元気な演奏だけどカラッと晴れた青空の様で爽快なイタリアのラテン気質満開で、とても痛快!結局褒めてるが、是はCD化されているのかな?矛盾する様だが、この曲にウンザリした人には御薦めの一枚!ジャケット右下のインデラル錠の文字が「???」だが、どうでも良い!合奏団は、ソチエタ・コレルリ合奏団である。

人気ブログランキングへ
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ